サラリーマンは毎日仕事に追われて、主婦は子育てに追われ家計(家庭)の悩みに追われて大変な日々を暮らしてられると思います。

たまの休日や空き時間にゆっくりしようと思っても、子供や奥さん、旦那さんに「どこか連れて行け」と言われてしまいます。

いったい何時になったら休めるのやらと、大変な日々を暮らしてられると思います。

時間がいくらあっても足りないわ!」と思っておられると思います。私も以前はそうでした。しかし今の私は、時間なんていくらでもあります。

毎日は忙しくなんてありません。時間なんていくらでもあります。朝なんて暇すぎて早く会社に行きたいと思ってるほどです。

そんな時間節約術を今回は書こうと思います

sponsored links

毎日が「毎に血」ほど忙しかった日々。土日も休んだ気がしない

私は以前、忙しくて忙しくて「あれもこれも出来んわ!」「24時間ではなくて、40時間くらいあったらいいのになあ」と思っていました。

朝起きて会社に行くまでは、1分1分が貴重な時間です。気づいたら出発しなければいけない時間なのですが、ヒゲを剃るのを忘れていて焦って毎日イライラしてました

会社では、朝から夜まで何から何まで雑用を含めて色んな仕事があり、いつも上司に「部下を増やしてください!」と言っていました。

当然、いつまでたっても仕事は片付きませんので残業になります。それでも終わりませんので、会議中に資料を作っている事が日常になっていました。

家に帰ってきてからは、ごはん、お風呂、子供と遊ぶ、そして気づいたら深夜0時になっていて「あ~、もう寝なければいけない」で一日が終わっていました。

休日は休日で、ゆっくりしていて気づいたら午後3~4時。「あれっ?今日一日何をしてたっけ?」思ってしまう事が多くありました。

そして日曜日の夜には、「あ~、また明日から仕事か、、、」と2日間の短い休日が終わっていくのでした。

こんな感じの日々は、多くの人にも当てはまるのではないでしょうか?毎日時間に追われ、気づいたら寝る時間。ゆっくりとしたいから3連休が待ち遠しいのです

今はブログを書く事が出来るほど時間が余っています

現在の私はどうかと言いますと、一番大きな変化と言えば「このブログを書いている」という事です。

ブログを書くというのは結構大変です。アイデアを考えて、原稿書いて、文字の間違いを修正して、写真を貼り付けて、太文字にしてなど一杯やることがあります。

昔は40時間くらいないと生活できない!と思っていたのが、現在はブログを書く時間もあります。しかも、もっと時間の余裕を作ることができると思っています。

仕事も忙しく無くなりました。ほとんど毎日定時で帰ることも出来るのですが「生活のため」(笑)に少々残業しています。

休日は、相変わらずやりたいことが多く時間がないですが、休日なので好きにすればいいと思っています。

日曜日の夕方に、「あ~、また明日から仕事か、、、」と気持ちが沈んでしまうのを、サザエさん現象というらしいのです。そんなことを全く思わなくなりました

すごい違いですが、なぜそんなに改善できたのでしょうか?それは、時間の考え方を変えたからです。

sponsored links

朝の時間の節約術はこうだ!不要なものはすべて削除

例えば、朝起きて家を出発するまでを考えてみます。

sponsored links

朝起きて家を出るという目的は何でしょうか?もちろん会社に行くことです。

ですから朝は、会社に行くために必要なこと以外は必要ないのです。昔の私の朝の様子を書きます。

  1. 起床
  2. 歯を磨く
  3. スマホでメールをチェック、ニュースをチェック
  4. 妻や子供の会話に色々(文句を)言う
  5. コーヒーを入れる
  6. 子供の支度が遅いのでしかる
  7. スマホでゲームを少しやる
  8. トイレ
  9. 少し横になる(眠いので)
  10. 服を選ぶ
  11. 服を着る

この中で、会社に行く目的では不要な行動があります。それは、3、4、5、6、7、9、10です。

あと重要なのが、頭の中で色んなことを考えますが、何も考えないようにするのです。特に、4のような「イライラするような事」は全く考えないようにします。

*ちなみに、私は朝食を取りません。

そうすると、朝の行動はどんな感じになるでしょうか?

  1. 起床
  2. 歯を磨く
  3. トイレ
  4. 服を着る

だけです。会社に行くために必要な行動は4つしかありません

もちろん、子供と妻との会話はありますが、イライラではなく普通の受け流しの会話です。

特に、朝は時間が短いので、妻が言ってくる「○○はどうしよう?」とか「○○買いたいけどどれが良いか調べてくれる?」などは全て夜に回します。

そうすると、逆に時間が余ります

通勤時の時間術はこうだ!隙間時間はこうして生まれた

私は徒歩で通勤していますが、別に何もせず黙々と歩くだけだったのですが、今は違います。

私は通勤に1時間ほどかかるのですが、歩いているので何も出来ないと思っていました。

しかし今は、メモ用紙とボールペンを持って、ブログの「アイデア」を考える時間にしています。

歩いていると、結構いろんなことを考えるものです。会社や同僚・上司の事、政治の事、昨日イライラした事などです。

しかし、そんな事はどうでもよいのです。どうせ余計なことを考えるのなら、自分にとって必要なことに時間を使おうと思ったわけです。

時間を有効に使うための3か条 いろんな工夫で実行・継続

時間を有効に使うため、いろんな工夫を考えて実行・継続していくために重要なことが3つあります。

1つ目に重要なことは、「自分に言い聞かせる」事です。「時間はもっとある!もっと工夫しろ!」と自分に言い聞かせます。

または、「今はそれをやるべきではない!」とか「余計なことは考えるな!」と頭で繰り返すのです。

理屈だけでは上手くいきません。強制的に「自分はこうだ!」と自分に言い聞かせるのです。

2つ目に重要な事は、「人に言わない」という事です。他人はあなたにマイナスの事を絶対に言います。

時には「その考え方は間違っている」と言います。やる気が無くなるのでやめましょう。

3つ目に重要な事は、「完全無欠に実行しない」事です。時には無駄な行動になっている事はあります。

そういう事があっても、気づいたときに自分に言い聞かせて「重要な事をしよう」と修正すればいいだけなのです。

時にはめんどくさいと思う時がありますが、そんな時は成り行きに任せればいいのです。時間がたてば少しずつ時間の使い方が上手くなっています

無いと思っていた時間は、実は有り余るほどあります。時間が無いのは余計なことをしているからです。

時間の節約は、まさしく生きるための節約」に他なりません。

sponsored links