sponsored links

例えば、ものすごい無駄のない朝を考えてみます

7時00分00秒に起きます。服はベッドの横に置いてあり、起きて40秒後には着替えが完了しています。

台所には12秒後に到着。牛乳を飲み干すのに25秒、歯を磨くのに120秒、うがいは15秒、ひげ剃り60秒、髪のセットは15秒です。

玄関まで5秒、靴を履くのに10秒、玄関開けるのに5秒、傘を取って「行ってきます!」というのに5秒

さて、今まででどれくらいの時間がかかったか分かりましたか?

sponsored links

超効率的な動きを実践してみました。分刻みの効率はどうすればいいのか?

312秒です。たった5分12秒です。起きたのが7時ジャストですから、7時5分には家を出発しているわけです。

実はこれ、私が実際に挑戦してみた朝の支度時間です。男性だからできる時間だとは思いますが、朝の支度は5分で完了するんですね。

もし、こんな感じで1日を過ごすとものすごく多くの事が出来ますね。でも朝の支度は30分くらいは最低でもかかると思いますね

じゃあこの25分の差ってなんなんだろうと考えたわけです。

まず、残りの25分は何をしているのだろうと考えますと、まず朝起きてぼーっとしてますね。

私は寝起きが良い方なので、そんなに長くは無いですがそれでも1~2分くらいは動けません。服を着るのも普通は2~3分くらいはかかりますね。

私は朝食は取りませんが、それでも牛乳を飲んでゆっくりもしたいですから、10~15分くらいの時間は欲しいわけです。

やっぱり朝は30分くらいは最低でも必要なわけです。まあ、普通の風景だと思います。なにも悪い所は無いと思います。

しかしです!たった5分で出発する事も出来るわけです。結果は同じです。家を出るという事です。

無駄な作業というか、家を出るために必要なこと以外を全部削って超単純化すれば、30分が5分になる。6倍も速くなるという事です。

朝の5分だけの話でしたがもし1日中これぐらい朝効率的に動ければ特に仕事なんかはものすごい勢いで片付いていきますしい毎日毎日続けていればすごい成功者になるでしょうね。

でも、こんな勢いで1時間でも過ごしていたら、息切れしてしまい続かないでしょうね。

しかし実は、世の中で成功している人の仕事術というか生活スタイルを読んだことがありますが、多くの人が「分刻みで仕事をしている」のだそうです。

そして、成功する秘訣は何かといわれれば、決められた(決めた)作業や仕事を、毎日毎日真面目にこなすことだというのです。

会社の社長の忙しい休日に遭遇しました。なんでも積極的

私は、たまたまある成功者に出会うことができました。彼は、何軒もレストランを所有していて、都心に億ションを買おうというふうに考えている人でもありました。

私は、その人を自分なりに観察させてもらいました。そこで得た感想は次のようなものです。

まず、私が出会ったのは休日なのですが、彼はものすごい活動的です。出会ってまもなく会社関係の人から電話がかかっています。

またひっきりなしに電話がかかってきます。休日なのにビジネスは続いているのです。

彼は会社の社長ですから、いろんなことを指示を飛ばしています。休日であったとしても色々と活動的であるわけです。

しかも彼は、いろんなことを率先してやります。休日なのにのんびりすればいいのに、自分から自ら買ってきたものを料理をしたり、いろんなことを積極的にやります

私が、ほとんど何もしなかったことが逆に恥ずかしくなるほど、彼は積極的にいろんなことをしてました。本当に感心しました

sponsored links

超効率的な動きの秘訣はON・OFF。集中力の源でもあるのかも

しかし、一方で非常にON・OFFが激しいなというふうにも思いました。家族同士で出会っているので、いろんな話に花が咲きます。

しかしその人は、まぁはっきり言って自分の興味のない話は完全に無視をしています。スマホいじって自分の世界に入っているような気もしました。

しかし、また食事を片付ける時になると、積極的に率先して片付けをして、いろんなことに指示を出したり、てきぱきとした行動が非常に目立ちました

休日としての使い方が本当に密度の高い人でした。土曜日は土曜日で別の用事で何百キロも離れたところまで用事を済ませていました。

そして翌日の日曜日は私たちと過ごし、夜には自分の家に帰って行って誰かと会食の予定があると言うことでした。

おそらく月曜日に別の場所への出張の話も出ていましたので、本当に休む暇もないほどの休日であったというふうに思えます。

集中力はそんなに続かない。しかし集中しなければ色んなことをするのは難しいじゃあどうすればいいのか?

まずは、ON・OFFだったような気がします。活動の時と休む時が激しいというか、休む時は休んでいる感じです。人によっては無視しているという感じになるかもしれません。

もう一つ感じたのは、一つの事から次の事へ行動がドンドン変化していく感じでした。

忙しく映るかもしれないが、飽きたら次、飽きたら次という変化で集中力を継続しているのだと思いました。それもON・OFFなのだと分かりました。

超効率的に動くと言う事は、ものすごい集中力で動くわけですが、まぁ集中力と言えば30分とか1時間が限界って言われてます。

長い時間続けるためには、いろんな工夫が必要だという事ですね。

sponsored links