私の使っているクレジットカードは、三井住友VISAのANAマイレージカードです。理由はただ一つ「ポイントで無料航空券がゲットできる」からです。

sponsored links

妻と子供が妻の実家に帰省する時、交通費である航空券が無料になる事は、節約という意味では大変助かります。

クレジットカードで支払いを行うと、支払い額に応じてポイントが加算されます。そのポイントが貯まったら無料航空券を獲得できるのです。

クレジットカードに貯まったポイントを航空券を買うためのマイルに変換します。変換などの詳細はあとに書いていますのでご覧ください。

三井住友visaカード

sponsored links

クレジットカードを使って無料で航空券を手にい入れる

例えば妻と子供が帰省する場合、2人分の往復の航空券で24,000マイル必要になります。24,000マイルを獲得するためには、単純計算で240万円分のクレジットカードでの支払いが必要になります。

さすがに240万円は多い額ですね。何年かかるのか大変な作業になりそうです。

しかし、私たちは毎年航空券をゲットしています。といっても利用し始めてまだ2年ほどの話ですが、多分毎年ゲット出来そうです。

「240万円も買い物しているの?金持ちですか?」と思われるかもしれませんが違います。2つの工夫をする事で無理なく無料航空券をゲットできています。

クレジットカードで全てを支払ってポイントを稼ぐ

まず1つ目の工夫ですが「何から何までクレジットカード払い」作戦です。インターネットでの買い物はもちろんですが、ガソリンスタンド、コンビニ、映画館、遊園地、リサイクルショップ、ETC、 イオン(イオンは妻のWAONとの戦いがある)での買い物にクレジットカードを利用します。

さらに、電気料金の支払い、病院での支払い、生命保険料の支払い(さらに年一括払いで保険料5%が節約)、スーパーでの支払い(スーパーは妻の会員カードとの戦いがある)もカードでします。

そうして少しづつポイントを貯めていくのです。

vpass・節約

三井住友VISAカードのVPassで更にポイントアップ

2つ目の工夫ですが、VISAカードの場合はVPass(ブイパス)というインターネットサービスを利用する事です。登録をしてから「ポイントUPモール」を経由して買い物をすると、クレジットカードに貯まるポイントが最低で2倍、多い場合には10倍以上貯まります。

使えるお店は、インターネットショッピングです。アマゾン、楽天、ヤフーショッピングだけでなく、資生堂、ユニクロ、じゃらん、トイザらスなどなど、ありとあらゆるショップがありますので、選ぶものがないという事は無いでしょう。

そうやって、コツコツポイントを積み立てていきます。私の1年間の積み立てをご紹介します。金額は大体です。またちょっと計算が複雑ですので、全部換算後のマイルで書きます。

  • カードの更新:                0円→1,000マイル
  • 電気料金:200,000円→2,000マイル
  • 生命保険:240,000円→2,400マイル
  • ガソリン:180,000円→3,600マイル
  • レジャー:300,000円→3,000マイル
  • インターネット買い物:500,000 円→7,000マイル
  • その他買い物:500,000円→5,000マイル
  • 合計:24,000マイル

まだまだマイルを貯める工夫は必要だと思いますが、上の2つくらいの工夫で、毎年航空券が手に入ります。

sponsored links

クレジットカードを上手く使って様々な特典をゲットする

私はクレジットカードの種類をANAマイレージカードのしようと思ったのですが、最初申し込むのに大変苦労しました。何をどうすれば良いのか全くわかったのです。

VISAカードやANAのホームページを読んでも、その手続きが複雑で分からないのです。はっきり言って挫折しかかりました。

解決した方法は、「カスタマーサービスセンターに電話する」でした。わからない事ができたら、全部電話すれば親切に教えてくれます。そうして一つ一つ解決していきました。分からないところが出来たら電話してを、5回くらい繰り返したと思います。

クレジットカードには、航空券の他にも色々な特典を持ったカードがあります。

自分の必要としている用途に合わせてカードを選ぶ事ができます。例えば、ある特定のお店で買い物をする時に、お得なポイントがついたり割引が受けられるカード、ガソリンの割引が受けられるカード、海外旅行の保険が自動でついてくるカードなど挙げればきりが無いくらいです。

ポイントを貯めるために、気づかないところで損をしてしまうことがある

ただし、クレジットカードのポイントを貯めるために、損をしているかもしれないことがありますので注意が必要です。例えば私持っているクレジットカードの場合、自動車のガソリンをENEOSで入れるとマイルが2倍たまります。

大変お得なカードなのですが、他のカードとの併用は出来ません。

ENEOSの会員カードなどでガソリンを入れると通常3円引きになります。私の場合、1年間にガソリン代に使うお金は180,000円くらいですので1リットル135円で計算すると、1,333リットル給油しています。

もしENEOSの会員カードを使うと、4,000円節約でき、またガソリンスタンドによっては、Tポイントカードの併用もできます。100円で1ポイント付きますので、1,800円分のポイントが付きますので、全部で5,800円得した事になります。

私の場合、毎年の妻と子供の帰省に無料航空券をゲットしたいので、出来るだけ多くのポイントを貯めようと頑張っていますが、人によっては、ガソリンはスタンドの会員カードを使った方が得な場合もあると思います。

ポイントのためにリボ払いをすると利息負けする

ただし、いくらクレジットカードのポイントが欲しいからといって、自分の支払い限度を超えて、リボ払いを選択するような事があってはいけません。

リボ払いは便利なようですけれども、簡単に言えば借金ですので利息がかかります。

使った金額に対して付与されるポイントなんか、リボ払いで付いてしまう利息に比べれば僅かですので気をつけて欲しいと思います。

ポイント・クレジットカード・節約

クレジットカードはせいぜい1~2枚で充分

あと、色々なクレジットカードがありますが、数種類を併用して使うのはあまりお勧めしません。そのクレジットカードによっていろんなポイントが付きますが、何かに交換するためには、かなりの時間を要します。

私も以前マイレージカードとは別のカードも持っていましたが、ポイントが貯まるのが遅く、しびれを切らして途中でお皿とかに交換した事がありましたが、苦労して貯めたポイントなのにどうでも良いものに交換して後悔した事が2度ほどありました。

やはり自分の目標を最短で達成するためにも、1枚のクレジットカードを集中して使う事が良いと思います。

私は普通の色のクレジットカードを使用しています。ゴールドカードは反対です。なぜかというと年会費が高いからです。

ANAマイレージカードのゴールドになると年会費は15,120円です。受けれる特典もグレードアップしますが、それが自分にとって15,000円以上の価値があるかどうかを見極める必要があると思います。

sponsored links