sponsored links

洗濯機・掃除機・衣類の乾燥機の節約についてまとめてみました。家事は「掃除洗濯」と言うほど、言葉も浸透しています。

かなり性能的に進化している洗濯機・掃除機・乾燥機ですがでが、まだまだちょっとした工夫でどんどんお金の節約ができます。

今回は、掃除・洗濯、そして乾燥の3つの組み合わせで出来る、電気代・水道代の節約をまとめてみました。

皆さんも既に知っている内容があると思いますが、節約金額はご存知でしょうか?

今まで面倒くさいなあと思っていた炊飯器の節約も、節約できる金額を知って賢く節約してください

sponsored links

洗濯機は実は毎日使うよりも2日に1回で4,000円節約できる!

(1)洗濯物はまとめ洗いをすると大きな節約になります。少量の洗濯物を毎日洗うよりも、洗濯物の容量に合わせて洗濯回数を少なくした方が効果的です。

年間で電気の省エネ 約160円節約
年間で水道の省エネ 約3,820円の節約

6㎏洗濯機に40%の容量の2.4㎏の洗濯物を入れて洗う場合と、80%の4.8㎏の洗濯物を入れて、洗濯回数を半分にした時の比較です。

洗濯機で使用する電気代と水道代を合計すると

1年間の最大で約3,980円も節約!

につながります。特に水道代の節約金額が3,820円と大きいですが、水道代(上下水道)は地域によって料金が大きく変わります。

水道代が高い地域にお住まいの方は、特に節約の効果が大きくなりますのでお勧めです。

(2)その他のノウハウもいろいろ工夫して節約につなげましょう!

  • 洗剤をたくさん入れても洗浄力は増えません。逆に洗剤が多いとすすぎに余分な水が必要になるだけです。
  • 節電や節水モードも試してみて、問題なければ使用してください。
  • ほうきは手軽で省エネです。ごみやほこりが気になっても、掃除機を押し入れから出すのが面倒で、という方は多いのではないでしょうか?そこで、昔ながらのほうきはサッと使えて手軽なうえに、使うエネルギーはゼロです。
  • お風呂の残り湯は、最近は洗濯機が全自動ですので利用しにくいですね。2層式ならば大変有効な方法ですので、再利用して水を節約出来ます。

掃除機は毎日使用する場合、こまめな節約で300円以上!

・部屋を片付けてから掃除機をかける
年間で電気の省エネ 約300円の節約

最初にサッと片づけてから掃除機を利用すると、付けっぱなしの時間が無くなります。その時間を1日2分と考えた場合です。

毎日の事ですから、たった2分でも1年間積み重ねれば大きな効果となります。

・パック式はパックを適宜取り換える
年間で電気の省エネ 約40円の節約

紙パック一杯にゴミが詰まっていると吸引力が低下します。掃除機の取り換えサインが出る前に、新品のパックに交換すると電気代が節約できます。

sponsored links

衣類の乾燥機の節約で、何と10,000円以上の節約も可能!

・衣類の乾燥機を利用する場合、まとめて乾燥し回数を減らすと電気代の節約につながります。

年間で電気の省エネ 約1130円の節約

6㎏の乾燥機に40%入れて乾燥させるのと、80%入れて回数を半分にした時の比較(2日に1回使用)です。

逆に100%120%の衣類を入れて乾燥させると、効率が悪くなり電気代が余計にかかるようになりますので注意してください。

・衣類の乾燥機を使用するだけでなく、自然に乾燥させるのと併用すると大きな節約につながります。

年間で電気の省エネ 約10,650円の節約

自然乾燥を8時間した後に、未乾燥を乾燥機使用の場合と、最初から乾燥機を使用する場合(2日に1回使用)です。

ちょっと手間かもしれませんが、天気の悪い日や冬場など、衣類が乾きにくい時期や季節は良い方法だと思います。

以上、洗濯機・掃除機・乾燥機の節約でした。全部合わせると、最大でですが、年間16,100円!もの電気代・水道代の節約が出来てしまいます。

話し半分で考えたとしても年間で8,000円の節約が可能です!是非実践してみてください。

水道代の節約は今後増々重要性が高まります

電気料金は、自由化になりましたが、地域や電力会社によっての差はそれほど大きくありません。

しかし今後、節約をする上で、水道代というのは非常に重要になってくると思われます。

なぜならば、ほとんどの市町村の上下水道料金が、どんどんどん値上がりしていく予定になっているからです。

水道代というのは実際にはいくら位かかるでしょうか?私の住んでいる町では、上下水道代合わせて1,000リッターで300円くらいです。

今回の水道料金の設定は、「一般社団法人 日本電 機工業会新水道料金・下水道使用料」より抜粋していますので、228円/m3にしています。

極端な場所では1,200/m3を超えている地域もあります。

そこまで極端では無くても、私の住んでいる隣の町は、400~500円ほど上下水道料金の町は多いのです。

水道料金というのは、市町村によってその金額がバラバラですので、あなたの街の水道料金も確かめてみてください。

まあ、逆に考えれば、その分節約すれば効果が大きくなります。。

400円くらいだと、少ない金額だと思われるかもしれませんが、実は1ヵ月で10,000リットルを超える水を使っています。

水道代の節約のというのは、これから重要な節約項目になりますので、是非いろいろ試してみて下さい。

*使用したデータの根拠
・電気料金:1kwh=27円は、公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会より抜粋
・ガス料金:171円/m3は、ガス事業便覧 (平成25年13Aのガス料金平均単価)より抜粋
・水道料金:228円/m3は、一般社団法人 日本電 機工業会新水道料金・下水道使用料より抜粋
・給湯器の比較:省エネ性能カタログより抜粋

sponsored links