貯金をたくさん出来たら良いに越したことはありませんよね!ちなみに私は、現在で大体ですが1,200万円くらい貯金があります!

今後の計画では、将来で一番貯まっている時で5,600万円くらい貯金がある予定になっています!

定年退職した後は、お金は少しづつ無くなっていきますが、それでも、贅沢ではないけども死ぬまでお金には困らず過ごせる予定です

でも、普段の生活も節約!節約!ではないです。普通に生活しています。では、どんな方法で節約をして貯金しているのかお教えしたいと思います!

sponsored links

人間は辛いとか難しい方法では続きません。節約も同じです

節約は簡単です。でも続かいないですよね。どんな事したら良いか分からないし、節約ってガマンもあって辛い・・・

まず言いたいのは、毎日守る事が難しかったり、辛いガマンの節約をしていては成功しません!

ダイエットを思い浮かべてください。体重を落とすためには、食事を制限するか運動量を増やしてカロリーを消費しなければいけないですよね。

また、その両方をする事になると思いますが辛い作業です。

食事は3大欲求の1つですし、痩せるためにする運動は、やりたくもないのに我慢してやりますよね。

人間は、「辛いとか難しいとかは出来ない」んです

更に、ダイエットってリバウンドがありますよね。節約もリバウンドありますよ。頑張って節約して我慢し続けて、ちょっとお金が貯まったら使ってしまうのです。

そうして、またお金が無くなって、また我慢して節約を継続しなければいけません。今まででも辛かったのに、お金も貯まってないし辛い節約は続くし・・・・

そりゃあ、続かないですよ。

じゃあ、どうすればいいのかを書きます。

最初にちょっと理屈っぽいですが節約する金額はいくらですか?

まず最初に、ちょっと理屈っぽくなりますが大切なことを1つ書きます。それは、「いくら節約したいのか?」です。

ここ、結構大切です。なぜかと言いますと、節約方法が全然違ってくるんです。

例えば私の場合、一生涯で3,750万円節約する必要がありました。毎年では約100万円節約する必要があったのですが、結構大きな金額なのです。

だから、電気をこまめに消すとか、夕食を1品を減らすとかで頑張っても絶対に達成できないんです。

もっともっと大きな節約をしなければ、年間100万円ものお金を浮かすことはできません。

だから、まず「いくら節約したいのか?」「貯金がいくら必要なのか」を決めてから、その後で自分に適した節約方法を見つけるのです!

「分かりません。でも将来が不安だから今よりももっと貯金を増やしたい!」と思われている人もいるでしょう。

確かに、最初は分からないと思います。実は私も最初は「節約したい金額」なんて分かりませんでした。

でも、金額設定は非常~~~に大切だと気付いたのです。だから最初に書きました。

でも、分からないでも最初は大丈夫!次、読んでください。

sponsored links

節約して貯金を増やすためには「自動」と「大きさ」が重要です

いくら節約するのか金額が決まれば(決まらなくてもいいですが)、次に具体的な節約を探して実行していきます。

それは、まさしく実践です。実際に節約をしていくわけですが、その時に大切な事が2つあります。

それは「自動的な節約」と「大きい節約」の2つです!

最初にも書きましたが、難しい事や辛い事は人間続きません。それは節約においても全っく同じです!

じゃあ、どうすれば??という事ですが、そもそも自分は頑張らなければいいのです。そこがダイエットと大きな違いです。

自動的に節約して貯金が増える方法はたくさんあります!

節約は、自分で頑張らなくても「自動」でお金が貯まっていく方法はたくさんあります!

私の実践している例を書きましたので参考にしてください。

  1. クレジットカードのポイント:無料航空券のゲット
  2. イオンやコンビニのポイントカード:ポイントを貯めてお買い物
  3. LED電球に替える:電球が勝手に電気代を節約してくれる
  4. 携帯通信料の見直し:安いMVNOに乗り換えました
  5. 車2台のうち1台を売る:1台分の諸経費が完全に0円になる
  6. 車の任意保険の見直し:安い損保会社に乗り換えました
  7. ふるさと納税をする:ほぼ全額返ってきますが、お礼の品は丸儲け
  8. 会社で財形をする:何もしなくても毎月会社から奨励金が貰える

どうでしょうか?最初ちょっと申し込みをしたり簡単な作業は必要ですが、あとは全自動か1年に1回ちょっと手続きをするくらいです。

それで私の場合、この8つだけで年間40万円以上節約できています!

何もしなくても40万円ですよ!しかも、節約に成功「し続ける」ことが出来ているのです。

節約をする上で、一番考えなければいけない事は「自動で節約」です。

sponsored links

金額の大きな節約はちょっと大変だけども是非やるべき

次に「大きい節約」の話をします。繰り返しになりますが、私の場合は年間100万円くらい節約する必要があるわけです。

ですから、自動で節約できる40万円では足りません!

ですので、ちょっと大変だけれども大きな金額を節約できることは、苦労してでもやりました

私の実践している例を書きましたので参考にしてください。

  1. 車の整備を全部自分でやる:車屋に頼まないので部品代だけで済む
  2. 車の車検を自分で通す:ユーザー車検は本当に安い
  3. 車のタイヤは安い場所で交換:遠い場所でも本当に安い
  4. 運動の趣味を持つなど:休日に使うお金を減らすことが出来る

これで30万円程度の節約に成功しています!

えっ!?30万円も?と思われるかもしれませんが、4番が大きいですね。私は田舎暮らしなので「逆に自然が嫌い!」だったのですが、味方につけました。

山のぼりを始めたのです。時間はかかるくせに、お金がほとんど必要ないんで良い趣味ですよ。

話を戻しますが、この大きな金額の節約は大切なのですが、ハードルが高いものもあるんですよね。

人間は、難しい事は続かないと書きましたが、金額が大きいものは頑張った方がいいですね。節約の目的はお金なんでね。

でも、「最初だけ」ですよ。慣れてしまえば、習得してしまえば難しくありません

しかも、私の実践している車の節約は、年に数回とか2年に1回だけ頑張ればいいだけです。

でも、ユーザー車検なんて知らない人からしてみれば「オイ、オイ!大丈夫?」と思うじゃないですか?

実は大丈夫じゃないですよ!私なんか、最初に下見して、でも車検は1回不合格になって、近くの整備工場に調整代ぼったくられて、冷や汗かきながらやっとの事で合格しています。

でも、それでも次回も頑張ろうと思ったのは、金額が大きいからです!

普通乗用車を車検に出したら、12~14万円は普通に必要ですよね。でもユーザー車検なら、全~部入れて7万円あったらおつりが来ますよ(交換部品は別)。

まとめると「金額設定」「自動で節約」「大きな節約」の3つです

さて、節約をして貯金をたくさんするための大切な方法をまとめてみました。

  1. いくら節約をするのか決める
  2. 自動で節約できる方法を探す
  3. 大きな節約が出来ることをする

以上です。もちろん、4番目に「電気をこまめに消す」とか「エアコンの設定温度高めにする」とかの毎日の努力も大切です。

大切なのですが、毎日の努力は面倒くさいと思う事もありますし、忘れてしまう事もあります。

でも1~3が出来ていたら、そんなこと気にしなくても確実に貯金は増えます。だから私は、毎日の努力が必要な節約に重きを置いていません。

でも、うれしい効果があるのです。私は節約を本気でやりはじめて3年半くらいが経過しましたが、はっきりと貯金の残高が増えました。

効果が実感できるようになってきてからは、節約の意欲がモリモリ湧いてきました。もっと節約したいと考えるようになったのです。

そうしたら、今まで面倒くさいと思っていた節約も出来るようになったのです!

最後に、節約は多分一生続くと思うのです。だから、辛い、難しい、面倒くさいとかで挫折したら単純にお金が無くなってしまいます

節約を成功させるためには、「楽して」か「年に1回くらい」が重要なのです!

sponsored links