sponsored links

節約で大切な事は、お金を使わない事です。当たり前の事だけど、常日ごろから意識しておかないと、結局お金が貯まっていない場合が多いです。

ちょっとした500円とか、ちょっとした衝動買いというのを抑えるのが大変重要な事です。

なぜならば、一方で、部屋の電気をこまめに切って月に100円、水道をこまめに止めたりシャンプー少なめにして100~200円を頑張って削っていると思います。

しかし、ちょっと出かけた先のゲームセンターで1000円なんて直ぐ無くなっている事はないでしょうか?

節約を成功させるために、本当に大切な考え方とは何でしょうか?今回は、そんな話をしたいと思います。

sponsored links

節約の成功のカギは金額の大小を意識すること

冒頭の、ゲームセンターなどでチョッと使ってしまう1,000円ですが、毎日の生活で電気やガスを節約しても、出かけた先でお金は消えていきます。

金額の大小で、削るべきは断然ゲームセンターの1000円の方です。逆に言えば、プチ衝動買いや、ちょっとした無駄使いをしてしまうのに、毎日せっせと電気を消しても仕方ないんです。

もちろんプチ衝動買いは、ある意味楽しいので、その楽しみのために毎日の節約を頑張っているというのなら、それはそれで良いですが、それが本当の人はいないでしょう。

だから、強烈に自覚しなければいけないのは、節約は頑張る事が重要なのではなくて、いくら節約できたかという金額の大小が重要なのです。

頑張っている節約から卒業しましょう。旅行に行くにも一番安い方法で

1つの例を出します。大阪から東京に旅行に行くとします。恐らく多くの人は、飛行機や新幹線で往復されると思いまが、大人二人で5万円くらいの旅費が必要ですよね。

代わりに自家用車を利用して行けば、高速代とガソリン代を入れても、大人二人なら新幹線を利用するよりはるかに安く済みます

しかし、車は疲れるので大変だから、新幹線で行くのが常識だというの意見が大半だと思います。

でも一方の日々の生活では、電気や節水、食費までも削って「あ~、貯金が貯まらない。なんで、こんなに頑張っているのにお金が貯まらないのだろう?」と嘆いても貯まるわけないんです。

これこそ、節約を頑張っているのにお金は貯まらない、典型的な「金額は二の次の人」なのです。

いや、新幹線で行くのは当たり前だろうと反論されると思います。

しかし、目的はお金なんです。そもそも旅行に行かない選択が一番良いわけですが、もし行くとしても最安の方法を取らなければいけません

節約の基準を、自分の頑張り度合いに置いている人って結構多いと思うんですよね。いろいろ頑張った後に貯金通帳を見ると、以前と全く変わらない残高にガックリしてしまうわけです。

「こんなに頑張っているのになぜ?」と思い、そうして、節約が嫌になるわけですね。辞めてしまうわけです。

sponsored links

休日の過ごし方なんて、はっきり言って無駄使いです

違うお金の使い方を、ある休日の過ごし方で説明します。

ある休日を、家の近辺で過ごしたとします。イオンモールに出かけ、まずはぶらぶらウィンドウショッピングしてから、ちょっとカフェで休憩。

その後、ぶらぶら歩いていると、昔懐かしい駄菓子屋があったので、懐かしくてお菓子を数点購入。もちろん子供も大はしゃぎ。小さいお菓子をたくさん買っていました。

お昼になったのでフードコートで食事。いろんな店舗が入っていて選び放題です。食後のコーヒーも注文して、満足満足。

午後は予約していた映画館で流行の映画を鑑賞し、その後ゲームセンターでUFOキャッチャーをしました。

最後に嫁さんが、生鮮食料品を買い込み帰路につきました。替える時間帯によっては最寄りの回転寿司屋さんで夕食なんて日があります。

これは全て私の、ある休日の過ごし方ですが、まあ、はっきり言って全部無駄使いです。こんな1日でいくらかかっていると思います?1万円以上かかっているんです。

何気ない近場での休日の過ごし方で1万円以上も無くなります。冷静に考えればもっと違うお金の使い方はあるわけです。

ちょっと出かけるという恐ろしさはものすごいものがあります。ちょっとのお出かけは、ほぼお金を使わない決意で出かける必要があります。

節約はお金を使わない行為。そうして3年経つと実感がわいてくる

先ほどの休日の過ごし方のように、1万円もお金を使わなくても、お昼ご飯と夜ご飯を食べれば、親子3人で5,000円は無くなりますよね。

無意味ではないですが、少ない給料、少ない生活費を考えると、近場で休日を過ごすといえども大変なお金がかかっているという事です。

ただ、私は休日にお金を使うのはもったいないと言っているわけではありません。旅行に新幹線で行くなと言っているわけではありません。

私が言いたいのは「それで、お金が貯まらないと悩んでも、そりゃあ、貯まらないです」という事です。

お金が貯まらないのは、収入が低いからでは無くて、支出が多いからです。

節約と言うのは「支出を少なくする行為」なので、お金が無いなら無いで使わないように絞っていかなければいけません。

その時に、世間並みの考え方をしていてはお金は貯まりません。たとえ旅行であっても、休日であっても、考えられる手段全てを使って節約をしなければいけません。

そんなことしたら旅行が楽しくない!とお思いになるかもしれません。が、繰り返しになりますが、それではお金は貯まりません。

ですから、お金を貯めたければ、よりお金を使わない、お金が貯まる方法を選ばなければいけません

その積み重ねが、3年くらいはかかりますが、貯金残高でも「ちょっと増えたな。」と実感できるようになると思います。

sponsored links