sponsored links

待機電力の実態は、家庭で使う電力のうち、約5%が待機電力による消費と言われています。

例えば、私の家庭の場合、月平均で12,000円ほどの電気代を払っていますので、その5%とすると600円になり、1年間では7,200円の電気代となります。

バカにならない金額です。待機電力の全てを節約できるわけではないと思いますが、何もしないでお金を取られるのはもったいないです。

有効な待機電力の減らし方、お金の節約方法をご紹介したいと思います。

sponsored links

待機電力は家庭の色んな電化製品で使われ続けています

最初に、待機電力って何?でしょうか。

例えばテレビは、リモコンで電源ONを押すとすぐに見れますよね。あれは、テレビ本体に常に電気が流れていてリモコンの操作を待ち続けているのです。

リモコン操作で直ぐにスイッチが入る電化製品は、全て常に電気が流れていますエアコンなんかもそうです。

また、炊飯器電子レンジもよく見ると、液晶部分に時刻表示がされていたり、数字が出ていたりしますが、すべて電気が流れている証拠です。

これが待機電力です。この待機電力というのは何もしないでも使われている電気で、節約の視点から見れば無駄な電気と言えます。

どんな電化製品が待機電力を消費しているのでしょうか?

家庭にあるほとんどの電化製品は、何もしないでも電気を消費しているのが分かります。

上の表の電力を全部足すと何W(ワット)?になるでしょうか。

37.3Wになりました。1年間24時間「ズーっと電気を消費」していますので、なんと!1年間で8,822円の電気代が消費されています!

これはもったいないですね。もちろん、ご家庭によっては無い電化製品もあると思いますので、8,822円よりは安くなるとは思いますが、それにしても高いですね

基本的な待機電力の節約の仕方

実は、待機電力というのは、その電化製品の電源をOFFにしても消費されています。テレビやエアコンがそうですね。

ですから、見た目で判断してはダメです。

一番良い方法は、コンセントを抜くことです。が、面倒くさいですよね。お勧めはスイッチ付きのコンセントを(延長コンセント)を使用する事です。

これなら、コンセントを差したままスイッチのON/OFFだけで電気が遮断できます。

決して安いコンセントではないですが、1,000~1,500円も出せばあります。1年間で8,822円も知らない電気代を払うよりは、断然安いでしょう。

出かけるときや寝るときに、「カチャ・カチャッ」とスイッチを切る習慣で大きな節約につながります。

sponsored links

数日以上の家を空けるときはブレーカーOFFは良いか?

旅行などで、数日間家を留守にする時は、ブレーカーごと切っておくという手もあると思いますが、私は、あまり良い方法とは思いません

最近の電化製品は難しいところがあって、電気給湯器などは、常時お湯を溜めて待機していますので、電源を落とすと中のお湯が腐ります

エアコンも完全に電源を落とすと、中の冷媒の品質が低下して性能が出なくなる製品もあります。

冷蔵庫は当然ダメですよね。24時間365日稼働してもらわなければいけません。

ブレーカーのどのスイッチが、どの部屋なのかしっかり分かっていれば、問題のない部屋だけブレーカーを落とすのは、簡単で良い方法だと思います。

パソコンの待機電力は工夫次第でかなりの節約につながります

エネルギースターロゴ製品を選びましょう

あなたのパソコンにはこのロゴが付いていますか?これは、「国際エネルギースターのロゴ」です。

このロゴが付いているパソコンは、待機している状態が一定時間以上になると、省エネモードに自動的に切り替わる機能があります。購入時には気にしてみてください。

パソコン以外にも、ディスプレイ、プリンタ、スキャナ、FAXなどのOA機器が対象です。

スクリーンセーバーは省エネでしょうか?

スクリーンセーバーは、パソコンを一定時間以上操作しないと、自動的に画面が切り替わって不規則に動くものが表示されます。

何か省エネにも聞いているように感じます。しかし、実際には消費電力は下がりません

特に3Dのスクリーンセーバーは、かなりの処理能力が必要なためCPUが一生懸命稼働するので、かえって消費電力が多くなることもあります。ご注意を!

③上手な使い方「使わない時は電源を切る

デスクトップパソコン
年間で電気の省エネ 約850円の節約
ノートパソコン
年間で電気の省エネ 約150円の節約
*1日1時間利用時間を短縮した場合

なお、パソコンの電源を切るときは、プリンタなどの周辺機器の電源も切りましょう

④上手な使い方「電源オプションの見直しを行う

デスクトップパソコン
年間で電気の省エネ 約340円の節約
ノートパソコン
年間で電気の省エネ 約40円の節約
*モニタの電源OFFからシステムスタンバイにした場合

待機電力は見えない無駄使いです。知らない間に盗み取られています

待機電力は、気づかないと全く無駄なお金を払い続けることになります。直ぐに電源が入ったりして便利なのですが、それで9,000円近くも払うのはバカバカしいですよね。

でも、対策は簡単ですスイッチ付きのコンセントを買ってくるか、OA機器なら設定を変えるだけで節約につながります。

1年間に9,000円近くも節約できるのなら、私の家庭なら、回転寿司屋さんに4回は行けます。ものすごい事です。

是非、スイッチ付きのコンセントを買ってきてください。

*使用したデータの根拠
・電気料金:1kwh=27円:公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会より抜粋

sponsored links