sponsored links

車のガソリン代を出来るだけ安くできる方法をまとめてみました。

その額は、全部を合計すると、何と!31,414円にもなります。年間でこれだけのガソリン代を節約出来るとなると凄い事です。

特に、交通事情が悪い都心部やその近郊では、ダイレクトに、この金額が該当してくる可能性があります。

田舎でも、場合によっては半額の17,000円くらいは節約できるのではないかと思っています。

最近の車は燃費が良くなっているとはいえ、まだまだ私たちの努力で大きな節約が可能です。そのテクニック8つをご紹介します。

sponsored links

ガソリン代が節約できる3つの王道テクニックで、まずは17,010円節約!

今回の金額の出し方ですが、年間で10,000km走行、燃費11km/h、ガソリン代130円で計算しています。

テク1:発進時に、ゆっくりアクセルでゆっくり加速
年間でガソリン83.57ℓの省エネ 約10,860 円の節約

信号が青に変わったときに、ゆっくりアクセルを踏んで加速してください。目安は0km→20kmまで5秒かけて加速します。

最初は感覚が分かりにくいと思いますが、何度か練習すれば簡単です。

普段は、2秒くらいで20kmになっている人がほとんどなので、かなり遅めに感じると思います。前の車と間隔も開くと思いますが、走行中に追い付けば良いだけです。

テク2:走行中に加減速の少ない運転
年間でガソリン29.29ℓの省エネ 約3,800 円の節約

60kmで走ってみたり、チョットブレーキをかけて40kmになったり、また50kmまで加速したりすると、同じ距離を走っても燃費が悪くなります。

そんな変な走行なんかしていない!と思われる人もいると思いますが、実は結構しています。

普通に走行していても、前の車と車間距離を取らずに走行した場合、距離が縮まってブレーキ、距離が開いて加速などは日常茶飯事です。

車間距離を開けて走行するのが良い方法です。

テク3:信号停止など早めのアクセルオフ
年間でガソリン18.09ℓの省エネ 約2,350 円の節約

車を止めるために、ブレーキは当たり前のように使っていますが、前で信号が赤になっていたり、なりそうなときは、早めにアクセルをオフにします。

最近の車は、と言ってももう10年以上前の車から、アクセルを戻すとガソリンは使いません。エンジンブレーキもかかり徐々に減速します。

遅い車が走っているときも、ブレーキを使わずにアクセルを戻して車間距離を調整しましょう。

ガソリン代が節約できるチョットした配慮3つで6,744円節約!

テク4:アイドリングストップ
年間でガソリン13.00ℓの省エネ 約1,690円の節約

アイドリングストップが付いている車は、自動でエンジンが止まりますので便利です。

アイドリングストップ機能が付いていない車でも、5秒以上停止する場合にはエンジンを切ると節約できます。

1,690円という金額は、年間で1,000分のアイドリング時間として計算しています。17時間弱もあり「多いな」と感じられるかもしれません。

でも一日に直すと、たった2.7分なのです。

しかし、自動装置がある車は別として、切ったりかけたりしていたら、車の他の機器が故障しやすくなるかもしれませんのでほどほどにしてください。

エンジンをかけっぱなしで車から離れたりしないようにすれば、効果は大きいでしょう。

テク5:不要なエアコン(A/Cボタン)OFF
年間でガソリン32.69ℓの省エネ 約4250円の節約

冬場の暖房は、エアコンのA/CボタンはOFFにしましょう。必要ありません。12%の燃費向上になります。冬場にA/CボタンをOFFにして3000km走行で、この節約額になります。

テク6:お出かけ前に計画を立てて走行
年間でガソリン6.19ℓの省エネ 約800円の節約

道に迷って余計な経路を走行すれば、17%余計なガソリンを消費します。あらかじめナビをセットしたり、計画を立ててお出かけしてください。

800円の金額は、年間に10回道に迷ったり、余計な経路を走行したとして計算しています。

sponsored links

ガソリン代が節約できる僅か5分の配慮2つで5,500円節約

テク7:タイヤの空気圧を適正に保つ
年間でガソリン32.5ℓの省エネ 約4,230円の節約

適正な空気圧より50kPa( 0.5㎏f)少ないと(22kPa→17kPaは、よくあること)、4%も燃費が悪化します。

10,000km走行で、何と!余分なガソリンを32.5ℓも使っていることになります。ガソリンスタンドに行ったついでに、ちょっと確認してみてください。

テク8:不要な荷物を車に乗せない
年間でガソリン9.08ℓの省エネ 約1,180円の節約

不要な荷物を30㎏乗せていると、1%の燃費悪化に繋がります。

「な~んだ、たった1%か。」と思いきや、年間で10,000kmをそのままで走行すると、9ℓも余分なガソリンを使っているのです。金額にして1,180円!

余分な荷物と言えば、ゴルフバック、キャンプ用品、工具など。一度トランクを覗てみてください。

以上で8つのガソリン代の節約テクニックをご紹介しました。もし、最悪の状態から最善の状態に改善したら、なんと年間で31,414円の節約になります!

車のガソリン代の節約は、他のどんな節約よりも効果が大きいです

いかがだったでしょうか?最近の車は燃費が良くなってきたとはいえ、運転者である私たちの工夫や、ちょっとした気配りで、まだまだガソリン代が節約できます

今回ご紹介した、最大で31,414円の節約金額は、燃費が11km/hの車で、年間10,000km走行した時の話です。

もし、1年間で20,000km走行された場合、節約金額は倍になります。また、少し燃費の悪い車に乗ったおられるのならば、効果は更に大きくなります。

このブログを読んでくださってる方は、色んな節約を頑張っておられるのだと思います。

電気をこまめに消したり、水洗トイレにペットボトルを沈めて水を節約したり、出かけた先でジュースを買わずに、家で作ったお茶を飲んだりです。

しかし、そんな努力を日々続けていても、もし車の運転が荒かったり、タイヤの空気圧が下がっていたりしたら、そんな努力も全く意味のないものになってしまいます。

車のガソリン代の節約は、最大で31,414円も節約できるのですが、それだけの金額を他の節約で達成しようと思ったら、どれだけの努力をしなければいけない事か・・・。

今回ご紹介させて頂きました8つのテクニックは、私も実践中です。約1年後にどんな結果が出るのか楽しみにしています。

結果の出し方ですが、(昨年1年間のガソリン代)÷(走行距離):(今年1年間のガソリン代)÷(走行距離)で比較しようと思っています。

sponsored links