sponsored links

家を買ってはいけないというか、家を買うときにする借金が良くないわけです。

多額の借金を30年35年に渡って返し続けるという、大変大きなリスクを負うことになります。

家を買いたい人から言わせると、「住むところは必要だし、アパートでも同じくらい家賃を払うので」とか、「夢だったから」と言います。

でも、前提となっているのは、「現在の安定な自分」ですよね。そんな状態が30年35年続くのでしょうか?

いずれ訪れるかもしれない、自分を取り巻く環境の変化が、自分をどれくらい苦しめることになるのかをご覧ください。

sponsored links

家を買ってはいけない:今はお金があるけど将来はあるの?

例えば、3,500万円の家を建てたとします。大体500万円ほどの頭金を用意する人が多いと感じます。

が、車も一緒に買い替える人も多いので、結局借金は3,500万円というのが現実的な数字です。

30年ローン・ボーナス払い無しで返済すれば、1か月の額は約118,000円になります。ボーナス併用ですと、月々76,000円、ボーナス25万円(夏冬で合計50万円)となります。
*固定利率1.34%ととして計算

返せない額ではないと感じますね。もし35歳の時に決断したら、返済は65歳まで。なんとか自分が現役の間に完済です。

どのみち、アパート暮らしでも家賃は必要だし、家はいずれ自分のものになる。子供も生まれ成長していくと、ある程度広い場所が必要だ。

ごもっともです。しかし、レアなケースだとは思いますが、「知っていますか?こんな現実」というのを3つご覧ください。

家を買ってはいけない1:家の価値はないですよ

3,500万円の家を買ったとして、銀行にお金を借りました。返済総額は4,200万円です。ものすごいお金です。

そんな家ですが、売るときどれくらいの価値があるのでしょうか?ある不動産屋に勤めている知人から聞いた話しです。

買った瞬間に半額の価値しかありません。10年たてば土地代だけです。」

「土地代と言っても評価額と実際に売れる額は違います。買ってくれる人や会社が無ければ元も子もないわけですから、1,000万円位にしかならないと考えた方が良いですね。」

だそうです。何かの都合で現金化したいときもあると思います。そんな時、直ぐに売っても1,750万円、10年後なら1,000万円です。

でも、返す借金は4,200万円のままです。

家を買うリスクについては、私の投稿「家を買うな!」も参考にしてください。

sponsored links

家を買ってはいけない2:近所付き合いが最悪になったらどうするんだい!?

ある実話をご紹介します。その家族は、近所の賃貸アパートに住んでいました。数年前に引っ越してきたみたいです。私は交流はありません。

月日が経ち、その家族の息子が成長したのは良いのですが、ちょっと不良になったんですね。

大音量のバイクに乗り、夜中まで友達と家の前の交差点でよく話をしているようでした。私はそれくらいしか知りませんでした。

不良と言っても、近所の人にちょっかい出したりはしません。日本人は基本的な倫理観を、誰もが持っています。

しかしです。ある日、そのアパートの入り口、1階の集合ポスト、駐輪場、駐車場の4か所くらいに、結構大きな看板が立っていました!

騒音公害!絶対反対!住民以外の侵入を固く禁じます!

??、俺かな?と一瞬反省しました。私の子供や友達(小学生)が、そのアパート内の広場でよく遊んでいたからです。

でも違いました。不良の息子の素行に腹を立てた別の住民が、大クレームを発動したのです。

そのクレーマーは、看板だけでなく、ちょっとうるさいと直ぐに警察を呼びました。何度も管理している不動産屋に苦情を言ったりもしていたみたいです。

逆に酔った勢いで、その家族の玄関先まで行って、大声で苦情を言い続けていたと聞きました。

結局、どのようなストレスがあったのかは分かりませんが、不良息子家族は引っ越したそうです。

ちなみにクレーマーは、私の家族にも少し迷惑になっています。ちょっと路上に車を駐車していたら、すぐに警察を呼びます。

正義感が強すぎるというか、潔癖症というか、そんな人が近所にいると居心地が悪いですね

家を買ってはいけない3:マンションは共同管理費や修繕費というのがクセモノ

賃貸ではなく、購入タイプのマンションでも落とし穴はあります共同管理費修繕費というものです。

私の知人は、そのためにマンションの管理組合にクレームを出して論争中です。

それは何かといわれれば、毎年上がる共同管理費と5年に一回ほど請求してくる修繕費だそうです。

共同管理費とは、エレベーターや共用部分の電気代、共有スペース(集会所や中庭)の管理費などです。それが、毎年値上がりしているらしいのです。

知人は入居して15年ほどになりましたが、ここ5年ほどは毎年値上がりしているらしいのです。ちょっと異常な高騰ぶりらしいのです。

修繕費の方は、もっと悪質です。15年のうちで大規模修繕が2回、耐震補強が1回あったそうです。確かに必要な処置とも思えます

しかし、その請求額が半端ないのです。耐震補強の時で、一軒につき50万円外壁の塗り替えなどの大規模修繕という名目では、40万円の請求が来たそうです。

あまりの頻度の高さと値段の高さに怒った知人は、住民組合を通じて管理会社にクレームを出したそうですが・・・、

知人曰く、「住民組合長は怪しい。」だそうです。

生活が苦しくなるのは、収入が低いからではありません

貧乏人がなぜ貧乏人で、生活がいつまでも苦しいのかと言いますと、決して収入が低いからではありません

1番大きな原因は、価値のないものにお金を払ってしまうからです。私も、決してお金持ちではありませんが、その事は確信を持って言えます。

家は必要だから買わなければいけないというふうに誰もが言います。特に、次男・次女は実家から出ていかなければいけないわけです。

当然、自分で生活する基盤を作らなければいけないというのは非常によくわかります。家を建てなくてアパート暮らしをすることになると、一生家賃を払い続けることになるわけです。

そのプレッシャーもわかります

家を建てるのが悪いのではありません。家を建てるときに多額の借金をするのはよくないのです。

せっかく建てた家なのに、周りの環境が悪くて生活が苦しくなったり、楽しくなくなったとしても、借金のために地縛霊のようにそこから離れる事はできません。

多額の借金をして家を建てるという返済のシステムは、高度経済成長時に確立されたライフプランです。

当時は、給料も上がり続け、終身雇用も約束されて、サラリーマンとして安定な人生が送れました。しかし、今は時代が大きく変わり、いつクビになってもおかしくない時代です。

自分が考えている持ち家の理想像を、もうちょっと悲観的に考えてもいいと私は思っています。

sponsored links