sponsored links

同じiPhoneを使っていても、3年間で235,000円もの差がついてしまう!?格安SIM会社に乗り換えれば、そんなにお得になっちゃいます。

私は、格安SIM会社に乗り換えて3年が経ちました。そろそろ新しいスマホが欲しいなと思っています。

でも、SIMフリーのスマホって高いんですよね。しかし大丈夫!この3年間でしっかりと貯金できました。

ちょっと高いと酷評のiPhoneXだって、無理なく買えちゃいます

sponsored links

格安SIM会社への乗り換えで、どれくらい節約できるのか?

最近は、携帯というかスマホで、料金がかかる通話なんてしなくなりましたね。LINE通話やSKYPE通話で十分です。

相手が、かけ放題プランに入ってくれていたら、相手からコールしてくれたらいいだけだし。

だから、要は通信料がいくらかを気にすれば良いんですよね。

  • 3大キャリア:iPhoneXプラン×2人分=約18,000円
  • 格安SIM会社:(4,700円+SIMフリーiPhone代)×2人分です。

*2017年10月現在

ただし、通話料は無視してます。

では、SIMフリー版のiPhoneXがいくらするのかですが、1台121,824円なので、2台で243,648円です。

この金額の差で、24か月使用した時の比較してみますと、

  • 3大キャリア:18,000円×24か月432,000円
  • 格安SIM会社+SIMフリーiPhone:4,700円×24か月243,648円356,448円

その差は、75,552円です。因みに私は3年間は同じスマホを使用すると決めていますので、36か月で比較すると次のようになります。

  • 3大キャリア:18,000円×36か月648,000円
  • 格安SIM会社+SIMフリーiPhone:4,700円×36か月+243,648円356,448円

なんと!235,152円も安くなるのです!次のSIMフリースマホが0円で買えてしまいますね。

*2人分の差額です。1人分でも半額の10万円以上得になります。

いい事ばかりではない格安SIM会社。と言っても欠点は1つだけ

とは言っても、良い事ばかりではない格安SIM会社です。

最大にして、多分唯一の欠点は、「昼休みに遅い!!

途中で接続できませんでした的な表示がされることもあり、ガッカリ・・・。

夜の9時くらいも遅いですね。まあ、私の場合は、夜の9時はほとんど家にいるのでwifiに繋いで影響はありません

欠点と言われて思い当たるのはそれくらいです。私は、オプションは昔からほとんど付けなかったし、通話はしないので通話品質とかは気になりません。

sponsored links

格安SIM会社への乗り換え作業。さあ始めましょうiPhone貯金

さて、今3大キャリア(ドコモ、AU、softbank)に入っておられて、格安SIM会社へ移りたいんだけどと思われている方。やり方は簡単です。

1、MNP転出・転入の方法

  1. 今使っているキャリア(携帯電話会社)にMNP転出の申込みをして、MNP予約番号を発行してもらう
  2. MNP予約番号を持って、15日以内に格安SIM会社にMNP乗り換えの申し込みをする

です。a.のMNP転出は、電話1本で手続きが出来ますので簡単です。もちろんショップに行っての手続きも出来ます。

b.の格安SIM会社での転入手続きは、電話一本では終わりませんが、WEB上で会員登録・申し込みから始めます。後はWEB上の指示に従ってください。

転入手続きは、MNP転出から15日以内に行ってください。そうでないと、自分の電話番号が無効になってしまいます。

有名な格安SIM会社なら、イオンや家電量販店でも申込みが出来るブースもあります。

2、MNPにかかる手数料

  1. MNP転出に2,160円
  2. MNP転入に3,240円
  3. 解約料9500円~

c.の解約料ですが、割引のあるプランや、2年契約をしていて解約月ではない時に転出をすると発生します。大変高い料金ですので注意してください。

しかも1台ごとに9,500円~が必要ですので、家族で2台契約していている場合は、9,500円×2=19,000円もかかってしまいます。

私の場合、3年前SIMフリーのiPhone6が発売された時にMNPをしたのですが、2台中の1台は10,000円近い解約料を払いました。

そんなに高い解約料を払ってたとしても、2~3年で、ものすごい節約になる事が分かっていたので思い切りました

SIMフリースマホのちょっとした利点もありますよ

SIMフリースマホは、2つのちょっとした利点があります。まあ、関係ない人には何の得にもなりませんが・・・。

1つ目は、海外のSIMカードも普通に使えます。例えばハワイに行ってハワイのSIMカードを購入して使えます。

まあ3~4日の旅行なら、空港などで借りることが出来る、海外wifiルータもあります。例えばイモトのwifiなどです。

それと比べて、どれくらい安く済むんだと言われれば何とも言えません。セッティングが簡単な分、空港で借りるwifiの方が良いくらいですね。

しかし、2週間以上海外滞在がある場合には圧倒的に安く済むでしょう。

2つ目は、売るときに高く売れます!!・・・と言われたのも、もう過去の話になるでしょうね

3大キャリアのスマホも、一定期間使えばSIMフリーに出来ますし、将来は完全SIMフリーの時代がやって来るでしょう

昔は、SIMフリー版は高く売れるというのはありましたが、今は買取価格に違いはほとんどありません。

ただし!iPhone 6 plusでの買取価格を調査したら、SIMフリー(アップル店での購入品)の方が、少しだけ高値で買い取ってもらえるようです。

sponsored links