ツアーやパック旅行に頼らず、自分で手配して海外旅行をする時に、多分、一番値段が張るのが航空券です。

ですので、いかに安く購入するかが、海外旅行でお金を安く済ますことが出来るポイントになってきます。

今回は、安い航空券をゲットするための4つのポイントをお伝えしたいと思います。

快適な空の旅を楽しんで頂きたいと思います。

sponsored links

航空券は直接買うと安い。プラス、買う時期も大切です

昔、私が一人で海外旅行に出かけ始めた時、航空券と言えば旅行代理店に申し込むのが当たり前でした。その方法が一番安かったからです。

しかし今は完全に、各々の航空会社のホームページで直接買うのが一番安い方法です。

・各々の航空会社のホームページで航空券を買うノウハウをまとめてみました。

  1. 各々の航空会社のホームページで直接買うのが一番安い。一つ一つの会社のページを見て回るのは面倒くさい
  2. 各航空券の比較サイト(スカイスキャナー、エクスペディアなど)は非常に便利だが、ちょっとだけ高い
  3. ホームページは絶対日本語がある。日本に発着している航空会社が、英語や中国語のみは有り得ない
  4. 偽物のホームページだったらどうしよう?とか、本物の航空券かな?と心配だが今まで問題が起こった事は無い
  5. 決済はクレジットカードが良い。もし問題があっても、最終的にはクレジットカード会社が助けてくれる事も

注意点:ホームページ上で登録する内容は間違わないでください。名前やパスポート番号を間違うと搭乗できなくなる可能性もあります。

・買うタイミングによっても航空券の値段は大きく変動します。航空会社のホームページで航空券を買うタイミングのノウハウをまとめてみました。

  1. 国際線の場合、航空会社によっては12か月も前から予約出来る
  2. 早く予約すれば安いわけではありません。航空会社がセールで安売りする時がある
  3. ホームページで会員登録をしておくと、メルマガで、お得情報を送ってくる
  4. 航空会社のホームページで、定期的に値段をチェックすることでお得情報を逃さない

航空券を安く買おうとすれば、行く時期は非常に大切です

特に日本人は、長期休暇が特定の限られた時期にしか取れないので、日本発着の航空券は値段が高い時期と安い時期がはっきり分かれます。

  1. 一番高い:年末年始、ゴールデンウィーク、盆休み
  2. 二番目に高い:春休みの期間(3月下旬~4月上旬)。春は行楽シーズンの始まりです。
  3. 三番目に高い:3連休以上の休み

上記の時期を外すことが出来れば、航空券は安くなります。

また、曜日によっても値段に差が出ます。

  1. 高い曜日:土・日・祝日に日本に到着する便
  2. 二番目に高い曜日:木・金・土曜日に日本を出発する便

次に安い曜日です。

  1. 日・月・火・水曜日に日本を出発する便
  2. 平日に日本に到着する便

全部取り入れると大変なので、出発の曜日を安くするか、到着の曜日を安くするかのどちらか1つを選べばいいと思います。

私のお勧めは、金曜日出発、月曜日到着です。

sponsored links
sponsored links

安い航空券を買おうとすれば、選ぶ航空会社で全然違います

行先によっては、多数の航空会社が就航していて激しい競争をしています。そんな中、航空会社によって値段が全然違います。

航空会社の選び方のノウハウをまとめてみました。

  1. 人気航路の行先は、多いところでは一日20便も就航している
  2. 同じ会社でも、出発時間や到着時間によって値段が違う
  3. LCCはやっぱり安いです。第一候補に挙げるべき
  4. 安いと、日本を夜出発、朝に到着という2日間も損をする便がありますので注意が必要。それが都合がよい場合もある。

各々の航空会社のサイトを訪れて値段比較をしてみてください。

最近は、LCCが台頭してきて本当に安く海外旅行が出来るようになりました。LCCとは、ロー・コスト・キャリア(Low cost carrier)の頭文字です。

以前日本のある空港で「LLCは安いな!LLCは良いわ!」と、大声で称賛している人がいましたが、LCCですのでお間違えの無いようにしてください。

先ほど、朝に日本に到着するのは損だと書きましたが、私は以前、香港に旅行に行ったときに関空に早朝着で帰って来たことがあります。

確か、朝の5時20分着だったかと思います。そして!その朝会社に出勤したのです。超効率的な時間の使い方でした。

安い航空券の王様は、やはりマイレージカードの利用でしょう

安い航空券ではなくて、無料の航空券で海外旅行に行ってしまいましょう!というのが、クレジットカードのポイントです。

私も、ANAのマイルが貯まるクレジットカードを使っています「ANAカード」。

クレジットカードは、ポイントが貯まります。それをマイルに変換できるのです。ANAカードのポイントをまとめました。

  1. クレジットカードの申し込みと、航空会社にもマイレージ会員の両方の登録が必要
  2. 普段、クレジットカードを使うとポイントが貯まり、良い条件でマイルに交換できる
  3. ポイントをマイル交換する時に、手数料(6,000円位)が必要で、航空券の諸費用(空港利用料など)も現金決済だが、それでも安い。全部で11,000円~
  4. もちろん、飛行機に乗った時もマイルを貯めれる
  5. 提携航空会社同士なら、色んな航空会社を選ぶことが出来る。もちろん無料(例:スターアライアンス)

行先にもよりますが、中国なら20,000マイルで往復の航空券がゲット出来ます。

完全無料ではありません。結局11,000円くらいは必要です(マイル交換費用+航空券諸費用)。ですが、それでも安いですよね。

しかも、登録さえ完了すれば、あとは自動でマイルが貯まるわけで、損するわけではありません

いかがだったでしょうか?海外旅行を出来るだけ安くいくためには、航空券を安く買う事が最重要です

最後にまとめると次のようになります

  1. 12か月前から、航空会社のホームページでチェック!
  2. 出発は金曜日、帰ってくるのは月曜日!
  3. 長期休暇はスルーする!
  4. LCCを利用しましょう!
  5. マイレージカードは最強!

ただし、全ての行先や航空会社に当てはまるわけではないと思いますので、ご注意ください。

私の投稿「海外旅行でお金を使わないノウハウ。私なら1/3の値段で海外に行ける!」も、ご参照ください。

sponsored links