sponsored links

海外旅行を安く済ませるために重要な要素は、必要なものは出来るだけ日本から持っていく事が大切です。

「あっ!忘れた。」と言って現地で買っても、それほど高い買い物にはなりませんが、余計な出費は出来るだけしたくないものです。

でも、以外に知らなくて「持っていけば良かった」と思う事と、「持って行ったらダメだった」という事があります。

海外旅行を出来るだけ安く済ますために、必要なものは日本から持っていきましょう。ただし、多くなりすぎると、逆に高くつきますので注意してください。

sponsored links

海外旅行を安く済ませるために必要な定番アイテム

海外旅行でも、忙しい日本人は3~4日が限界でしょうが、そんな短い旅行でも必要なものは必要です。そんな定番アイテムをご紹介します。

  1. ひげ剃り(電動):用意されていないホテルもあります。近くにコンビニがあれば買えますが、日本から持っていけるので節約になります。
  2. 折りたたみ傘:場所によってはなかなか見つからない場合があります。軽いものを用意してください。
  3. 絆創膏、綿棒:無いと不便さを感じます。必要な時に買えないとイライラします。
  4. 解熱剤(かぜ薬):旅行に行くと、熱が出やすいタイプの人には必須です。
  5. ハンカチ、チリ紙:チリ紙の方は、トイレットペーパー代わりにも使います。

そして、意外に必要なのですが忘れがちなものをご紹介します。

  1. コンセント意外と少ないホテルがあります。スマホやビデオカメラなど寝ている間に充電しておきたいものです。無いと、夜中に起きてコンセントを差し替えなければいけません。
  2. 爪切り:3~4日経つと伸びてきます。買うと結構高いです。
  3. 多めの下着と靴下:寝るときの服も必要です。日数分+1~2着用意しておくと問題ありません。

逆に、現地で調達したほうが良いアイテムをご紹介します。

海外旅行を出来るだけ安く済ませるために、預け荷物は無しで、手荷物だけで大丈夫なように工夫した場合です。

  1. サンダル:日本から持っていくと荷物がかさばります。必要な地域であれば必ず売ってあります。
  2. シャンプー・リンスなど:機内持ち込みが出来ません。
  3. ハサミ、ナイフ:機内持ち込みが出来ません

現地調達できると思っていて意外と出来なかったもの

「現地で調達すればいいや。」と思っていて、意外と現地調達出来なかったものがあります。もちろん地域や国によりますが、ご注意ください。

  1. 高いワインやウイスキー:高いブランド物はありません。必要な人は、日本から持っていきましょう。その場合には預け荷物になりますが仕方ありません。日本の免税店で買えば手荷物だけで済みますが、値段は高めです。
  2. 国際免許証:レンタカーやレンタルバイクを借りたい場合、国際免許証が無かったら借りれません。無くても貸してくれる場所がありますが、警察はどのみち許してくれません。罰金です
  3. 日本のタバコ:アメリカの有名なタバコはどこに行ってもありますが、日本のタバコは無い場所もあります。最近はどこにっても禁煙ブームですので、吸う場所は気を付けてください。
sponsored links

海外で買ってはいけない物と買ってはいけない場所

1、水道水と生もの(サラダを含む)
は、ホテルに置いてあるものか、コンビニのようなしっかりした場所で購入しましょう。サラダや生ものは、たとえデパートであったとしても買わないようにしましょう

特に、発展途上国と言われる国では、生ものは口にしないほうが無難です。腹痛を起こすと帰国できないほど重症になる場合もあります

2、お酒とタバコ:
その辺の、小さな商店で買うのはやめましょう。偽物が多いです。

タバコは偽物であっても、その時にすぐに害になる事はないと思いますが、お酒の偽物の場合は、体に変調をきたす場合があります

海外旅行のお金にまつわる出来事で、気をつけなければいけないたった1つの事

とにかく、海外で気をつけなければいけない事は、お金を払ってしまったらそれで最後と言うことです。

日本人には少し分からない常識かもしれませんが、海外では当たり前です。私の体験談を書きます。

1、ホテルをチェックアウトする際:
身に覚えのない電話料金を請求されたので、フロントで文句を言っていました。しかし、ホテルの従業員は全く真摯に取り合わず、早く出て行けと言わんばかりの態度でした。

私は頭に来て、長い間片言の英語で交渉していましたが、友人が私にある質問をしました。

「もう既にお金を払ったの?

私は答えました「お金を払って、領収証もらってから気が付いた。」

「あーそれなら仕方ないね、もう諦めたほうがいい。お金を払ってしまったらそれで相手は全て完了している。もう関係のないことだよ。」

「文句を言いたければ、お金を払う前に言わなければいけない。日本とは違うよ。」

2、中国のタクシーに乗った時の事:
私は、その時あまり海外旅行の経験が無く、のんきに乗り込んで行き先を告げたのですが、着いた時にとんでもない金額を請求されたことがあります。

後から調べると、相場の5倍以上の値段を要求されていました。その時には正確な値段は分からなかったけれども、さすがに高すぎると言うことでクレームを言い続けました

かなりの時間粘っていましたが、何せ言葉が通じないので相手もしらけ顔です。

何とか、80元まで下げさせて100元渡したのですが、タクシーの運転手は「出ていけ!」という態度。「20元!」と言っても全く無視

らちが明かないので、泣く泣くタクシーを降りました。

いかがだったでしょうか?海外旅行安く済ませるためには、とにかく現地の人に近い生活をすることです。

そのためには、いろんな難関があります。しかし、そこをクリア出来れば充実した海外旅行になります

何よりも、今まで経験したことの無いほどの、安い料金で現地に滞在出来ることが分かるでしょう。

私の投稿「海外旅行でお金を使わないノウハウ。私なら1/3の値段で海外に行ける!」も、ご参照ください。

sponsored links