sponsored links

ユーザー車検のやり方について説明したいと思います。ユーザー車検とは何かと言いますと、自分で自分の車を車検に通す事です。各都道府県には、必ず公的機関である自動車検査場という場所があります。

そこは自動車を検査(いわゆる車検)する場所で、そこで検査に合格するという事は、いわゆる車検に通ったという事になります。

大昔、自動車検査場は、資格を持った自動車整備工場の人しか出入りする事は出来なかったのですが、現在は、一般人でも入る事が出来て車検を受ける事が出来ます。

自分で車検を受ける最大のメリットは「安い!」という事です。どれくらい安くなるのかを、私を例にとって説明します。

sponsored links

車検を自分でやれば6万円以上節約できる

  • 自動車整備工場に出す場合:140,000円(2年毎)
  • ユーザー車検をした場合:73,000円(2年毎)

その差、67,000円です。

さて、みなさんはこんな話を聞いた事はないでしょうか?「車検を受けたばかりなのに故障した」。もしその通りだと言うふうに思っている人がいれば、それは車に関する誤解の最たる物です。

そう思っておられる方は、多分車にかかる経費も多いのではないでしょうか?

車を所有するのは本当にお金のかかる事です。「??」

本当にそうでしょうか?

ユーザー車検を受ける事で、お金が節約できるだけでなく、車に関する常識・非常識も分かってきて、さらに節約出来るようになります。良い事だらけのユーザー車検です。

車検とは?

そもそも車検とはなんでしょうか?それは、「車両の保安のため、法律に基づいて受ける自動車の検査」の事です。

国は、車検の制度を法律で定めており、どのような検査をするのかや、何時するのかなどを全て定めています。

では、なぜ先ほど引き合いに出した「車検を受けたばかりなのに故障した」という事になるのでしょうか?

それは、車検は検査項目というのは決まっており、それ以外のところが故障した可能性があります。車検では検査する項目は限定的なのです。

言い換えれば、車検で検査する項目さえしっかりしていれば、他はどういう状態であっても車検には合格します。

しかも法律の定めでは「車両の保安のために車検を行う」とありますので、車検に合格した車は、問題なく一般道を走れるという事です。

それ以上余計な事をし無くても良いという事です。

それでは、ユーザー車検を受ける手順をご紹介したいと思います。

ユーザー車検

ユーザー車検の手順を知れば大きな金額を節約できる

1、24ヶ月点検を行う

必須ではありませんが、車検を受ける前に、24ヶ月点検という法定点検を自分で行う事が必要です。

ただし「ユーザー車検の後で実施します」と試験官に言えば、その時は未実施でも大丈夫です。ただしそのまま何もしないと法律違反になります。

4ヶ月点検の検査項目は決まっています。点検整備記録簿というのがありますので、自家用乗用車等の記録簿を使用して、用紙に記載されている点検を行ってください。

点検をどのように行うのかは、記録簿に点検の仕方が簡単に書いてあります、点検項目は、24ヶ月点検の場合全ての項目をします。

ただし、自分では検査できない項目がありますので、そういった項目は、車検センターを利用して行います。

2、書類を揃える

車検場に行く前に、次の書類を揃えておく必要があります。

  1. 現在有効な車検証
  2. 現在有効な自賠責保険証
  3. リサイクル領収書
  4. 自動車税納税証明書
  5. 定期点検記録簿

です。

しかしまだ書類としては不備です。これだけでは車検の受付をしてもらえません。

あと、車検を受け付けてもらえるために用意しておかなればいけない書類は、新しい自賠責保険証明書、自動車検査票、重量税納付書、継続検査申請書が必要になります。

これらの書類は、検査場の敷地内または近所に、振興会がありますので、そこで買います(50円)。また分から無い事があれば、書き方を含め色々教えてもらえますので心配はいりません。

車検の時間よりかなり早めに行って、書類を買い、必要事項を記入して、自賠責保険、重量税、車検代を支払っておいてください。

また、振興会で余分の書類を購入しておくと次回以降時間の節約になります。

3、車検の予約をする

車検を受けれる体制が整ったら、車検を受ける日を予約します。予約はインターネットから行えます。

自動車技術総合機構のホームページに、登録を行いログインすると、検査の予約のページで、検査を受ける場所、検査の種類、自動車の種類を選択します。

自動車車検予約システム

⇨ 自動車検査インターネット予約システム

そして日時を選択して、必要事項を記入していけば予約が完了です。車検日は固定ですが、時間は午前か午後だけに分かれており、時間内に行けば良いシステムになっています。

因みに、どこの都道府県の検査場でも車検を受けることが出来ます。例えば、兵庫県に住んでいて、大阪ナンバーなのだけれど、京都の車検場で検査を受けることも可能です。

4、車検センターを利用する

車検を受ける前に、是非とも利用しておきたいのが車検センターです。車検センターでは、車検を受ける前の車を検査してくれ、車検に通るように調整してくれます。

車検の検査項目には、光軸やサイドスリップなどの項目があるのですが、このような項目は素人では調整が非常に難しいです。

そのため、車検センターは非常に強い味方になってくれます。調整や修理の必要がなければ、4,000円未満で検査をしてくれます。

もちろんこのお金も、上記に書いた金額に含まれています。

sponsored links

5、当日はまず振興会へ

車検当日で大丈夫だと思いますが、車検場の受付をしてもらう前に、振興会で次の手続きをしてください。

  1. 自動車検査票、継続検査申請書、重量税納付書、点検整備記録簿の購入(50円)
  2. 必要事項の記入
  3. 自賠責保険の継続(約28,000円)
  4. 重量税の支払い

完了したら、申請のための書類をちゃんとクリップで留めて渡してもらえますので、それを車検場の受付に持って行きます。

6、車検の受付

書類を全て揃えたら、いざ車検場の受付に持っていきます。受付が済むと、いざ自分で車を運転して、検査場に入っていくのです。

しかし、何も知識がなくていきなり車検場に行き、検査を通すのはほぼ不可能でしょう。

十分な勉強が必要です。私は、ユーザー車検の本を買って勉強し、車検場の検査の流れを、You Tubeを何回も見て、とにかく何とかなるだろうと思える所まで時間をかけました。

7、いざ車検

さて、いざ車検です。車検は自分で自分の車を運転して行います。車検場は幾つかのレーンがあると思ますが、指定された所に行きましょう。

どこでもいい場合には、良さそうな場所に並びます。多分、すでに何台か前に同じく車検を受ける車が並んでいるでしょう。

車検の順番は多少違いがあるかもしれませんが、次の順番で流れて行きます。

  1. 検査員による、書類検査・外観検査(灯火類、ワイパー、ウォッシャー液、クラクション、非常灯、外観、車高、適合ホイール、前面ガラスのスモーク、車体番号)
  2. 車をゆっくりと動かし、サイドスリップ検査、で、そのままゆっくりとローラーに乗ってから、アクセルを踏み込んでいって40kmになったらパッシング、そして停止。引き続き、前後ブレーキ、サイドブレーキ検査、そしてロービームでの光軸検査(停止状態で機械が自動測定)です。
  3. 車をゆっくりと動かし、真ん中がポッカリ空いた所に落ちないようまっすぐ進んで行き、エンジンを切り下回り検査、検査官が「エンジンかけて、ハンドルを右いっぱいにとか、左いっぱいに」という指示が出るのでその通りにします。終わったら車をゆっくりと進めます。
  4. 次は排ガス検査です。そこに行けば、長い棒が置いてありますので、自分の車のマフラーに目一杯差し込み、1分間ほど待っていれば、自動で検査してくれます。
  5. そうして最後、検査官がいる所まで車を進めて書類一式を提出します。全ての検査項目に問題がなければ、晴れて車検合格です。

ユーザー車検・節約

8、車検証交付

全てが合格なら最初の車検場事務所に行き、書類一式を渡します。数分待てば、車検証、車検シールを貰えるでしょう。これで完了です。

検査時間は正味は10分くらいです。

9、不合格の場合

不合格の場合、その日であれば何回でも車検を通すことが出来ます。最初は慣れていないし、整備も不十分で不合格になるでしょう。何事も経験です。

もし不合格になったら、近くの車検センターに再度持ち込んで調整をしてもらうか、整備工場に泣きつくかです。

事前にしっかりと整備しておかないと、足元を見られて高額な修理代を請求されるかもしれません。

そのため、やはり24ヶ月点検はしっかりとしておくことをお勧めします。

sponsored links