皆さんはユーザー車検と言うのをご存知でしょうか?

自分の車を、自分で陸運局まで持っていって、自分自身で車検を通すことです。

一番の利点は「安く済む」ことです。

ディーラー等に車検を頼むと、普通乗用車なら安くても120,000円ほど取られると思いますが、ユーザー車検なら 64,000円ほどで済みます。

陸運支局(車検場)に行くのが遠い人でも、交通費を入れても70,000円以上はかかりません。

ただし、ユーザー車検にはいくつかの難関があります。その一つが24ヶ月点検です。

少し車の知識がある人でも、24ヶ月点検が分からないので、ユーザー車検を諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか?

そんな心配はいりません!24ヶ月点検の仕方を詳しく書いてみました。参考にしてください。

sponsored links

ユーザー車検で必要な24ヶ月点検を実施しましょう

まず、「24ヶ月点検表」をご覧ください。

いろんな24か月点検表があるみたいで、ここに載せたものと、あなたが手にするものが違うかもしれませんが、内容はほぼ同じです。

まずは、いきなり24か月点検の必殺技から書きます。

よほど問題のある車以外は、タイヤの空気圧だけ適正にして、いきなり「予備車検場」に行ってください。別名テストセンターとかテスター屋とも言われます。

この予備車検場は民間の会社で、車検に合格するかどうかかを、あらかじめ検査してくれる場所です。

不具合がある場合には、簡単な修理もしてくれます。

私も、電球切れやマフラーの穴開きを、別料金ですが直してもらいました。

予備車検場でOK!と言われれば、車検に合格します!

料金は日本車で3,200円、外車は3,800円です。安いです。でも、場所によって違うかもしれませんのでご了承ください。

いきなり予備車検場に行ったほうが良い理由は2つあります。

  1. 24か月点検で必要な項目を検査してくれるので、自分でしなくても大丈夫です。24ヶ月点検表をご覧ください。69の点検項目のうち28項目が完了です。
  2. 知識が無く24か月点検をしても、結局予備車検場でダメと言われて無駄になります。

ただし、予備車検場は平日の昼間しか営業していませんし、車検場(陸運支局)の近くにしかありません。

遠方の人はなかなか行くのが大変ですが、24か月点検を簡単に終わらせるために、是非一度足を運んでください。

24ヶ月点検の詳細を全項目書きました

それでは、24か月点検をどのようにしていったらいいのかを説明します。

ただ、点検については自己責任でお願いしますね。

点検した時の記号は、次のように書くことになっています。

点検は、1年点検と2年点検の項目に分かれていますが、24か月点検は2年毎の点検に当たるため、全項目を検査します。

24か月点検の運転席のスペースで行う点検

【操作具合】普通に走行出来ていれば問題ありません。✔です。

(問題あり)整備工場で修理です。

 

 

【遊び及び踏み込んだときの床板との隙間】すき間があれば大丈夫です。✔です。普通10㎝くらいのすき間があります。

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【引きしろ(踏みしろ)】10~20㎝ほどしっかりと引く(踏む)ことが出来れば✔です。

(問題あり)整備工場で修理です。

【ブレーキの効き具合】下り坂に行き、効き目を確かめてください。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

【ペダルの遊び及び切れた時の床板とのすき間】・AT車は必要ありません。/です。・MT車は遊びが2~3㎝、床とのすき間は数センチあれば✔です。

(問題あり)整備工場で修理です。

24か月点検のボンネットを開けて行う点検

【ファン・ベルトの緩み及び損傷】全てのベルトを少し強く押します。1㎝程度の沈みであればOK。亀裂や裂けは目視で点検します。両方OKなら✔です。リザーバータンクの液を補充してください。Lを書き込みます。

(問題あり)整備工場で修理です。

【水漏れ】車の上部と下部からも覗いて液漏れ・にじみががないか確認。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

【組付けの緩み】普通に走行出来て、異音やハンドルを切ったときに引っ掛かりが無ければ問題ありません。✔です。

【ベルトの緩み及び損傷】全てのベルトを少し強く押します。1㎝未満の沈みであればOK。亀裂や裂けは目視点検します。両方OKなら✔です。

【パワー・ステアリングの油漏れ及び油量】油漏れは目視で点検します。✔です。油量が少なければ専用オイルを追加です。Lを書き込みます。

*車種によっては電動のため、オイルはありません。

(問題あり)整備工場で修理です。油漏れは、ちょっとにじむ程度ならふき取ればOKです。

【機能、摩耗及び損傷】ブレーキオイルを各ブレーキに送る機械です。ブレーキオイルのリザーブタンクの近くにあります。ブレーキオイル漏れがないかを見ます。

 

 

 

【液漏れ】液漏れがないか確認します。無ければ✔です。

(問題あり)整備工場で修理です。少々のにじみは拭き取ればOKです。

 

 

 

 

 

【点火プラグの状態】通常に走行できていれば問題ありません。✔です。【予備車検場の検査項目】

【点火時期】【予備車検場の検査項目】で問題なければ✔です

【ディストリビューターキャップの状態】キャップのゴムに大きな亀裂があったり、白や緑の錆が出ていないか確認します。問題なければ✔です。

(問題あり)プラグを交換します。その他は整備工場で修理

【ターミナル部の接続状態】白や緑の錆が出ていないか?接続部が真っ黒になっていないか?確かめます。問題なければ✔です。

【電気配線接続部の緩み及び損傷】バッテリから伸びる配線を目視点検します。問題なければ✔です。

(問題あり)接続部不具合は掃除と加締めでOKです。電気配線の緩みも含めて自信が無ければ整備工場で修理です。

【エア・クリーナ・エレメントの状態】取り出して、穴あき・ひどい汚れの場合交換します。×印(交換)を点検表に付けます。問題なければ✔です。

(分からない場合)場所が分からない場合、予備車検場での排ガス測定で問題なければOKです。

 

【潤滑装置の油漏れ】上から覗き込んで、油漏れやにじみが無いか目視点検します。問題無ければ✔です。

(問題あり)整備工場で修理です。

 

 

【公害発生防止装置全般】予備車検場で排ガス測定で問題なければOKです。✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

sponsored links

24か月点検の車の周辺を回って行う検査

【タイヤの状態】目視で点検します。空気圧はガソリンスタンドに行って入れてください。問題無ければ✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)タイヤ交換が必要です。スタッドレスタイヤに履き替えて車検も出来ます。タイヤ交換をした場合、光軸がズレますので、再度予備車検場で点検してください。

(偏摩耗)タイヤの内側や外側だけ擦り減っている(偏摩耗)場合、車検に不合格になる場合があります。予備車検場のアドバイスに従ってください。

【ホイールナット及びホイールボルトの緩み】緩みが無いか?締め直します。問題なければ✔です。

(締める強さ)トルクレンチで90N.m(軽自動車)、120N.m(普通乗用車)くらいで締め付けます。トルクレンチが無い場合は、しっかりと締め付ける感じで十分です。

【フロント・ホイール・ベアリングのがた】車をジャッキで持ち上げて、手でタイヤを左右に動かします。その時にガタガタと動くならダメです。問題ないなら✔です

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【リア・ホイール・ベアリングのがた】車をジャッキで持ち上げて、手でタイヤを左右に動かします。その時にガタガタと動くならダメです。問題ないなら✔です

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【燃料蒸発ガス排出抑制装置全般】運転席のメーターパネルに、エンジン故障マークが付いていなければ問題ありません。✔です

(問題あり)整備工場で修理です。

 

 

【燃料蒸発ガス排出抑制装置全般】運転席のメーターパネルに、エンジン故障マークが付いていなければ問題ありません。✔です

(問題あり)整備工場で修理です。

 

 

24か月点検の車の下に潜り込んで行う検査

【ホース・パイプの漏れ、損傷、取り付け状態】車をジャッキで持ち上げて、下からブレーキに繋がっているホースに、傷、漏れが無いか?取り付けが外れていないか?目視点検します。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)取り付けが外れは自分で直します。ホースの損傷、漏れなどは整備工場で修理です。

【ディスクとパッドのすき間】普通に走行できていれば問題ありません。✔です。

【パッドの摩耗】1㎜でも残っていればOKです。✔です。

【ディスクの摩耗及び損傷】ディスクにヒビや欠損があれば交換です。摩耗は心配ありません。✔です。

【ディスクキャリパの液漏れ】ディスクを挟み込む器具です。液漏れが無いか目視点検します。✔です。【予備車検場の検査項目】

【ディスクキャリパの機能、摩耗、損傷】傷や欠損がなければ✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)いずれの問題も、整備工場で修理です。パッドの交換は難しくありませんので、出来る方はどうぞ。

【取付部及び連結部の緩み、がた、損傷】目視でタイヤ周りの連結部分に異常が無いか点検です。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【油漏れ及び損傷】目視で点検です。油のにじみ程度なら拭き取ればOKです。✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【油漏れ及び油量】目視で車体下部の真ん中を点検です。油のにじみ程度なら拭き取ればOKです。✔です。【予備車検場の検査項目】

*油量が適正かも点検してください。ただしAT車の多くは点検できません(しなくても良い)。

(問題あり)整備工場で修理です。

【連結部の緩み】目視と触って、ガタなどを点検します。ダスト・ブーツは破れ亀裂、グリス漏れを点検します。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

*FF車はプロペラシャフトはありません。

(問題あり)整備工場で修理です。

【油漏れ及び油量】油漏れが無ければOKです。✔です。【予備車検場の検査項目】

*油量は通常分かりません。定期的に交換されている人は交換してください。

(問題あり)整備工場で修理です。

【マフラ等の取り付けの緩み及び損傷】目視と触って、ガタや穴あき、割れが無いか点検です。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

【マフラの機能】予備車検場で排ガス測定をしてもらって合格ならOKです。✔です。【予備車検場の検査項目】

【触媒反応方式排出ガス減少装置の取付けの緩み及び損傷】マフラの前(エンジン側)にある膨らんだ部分です。取付ガタ、損傷が無ければOKです。✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)いずれの問題も整備工場で修理です。

【緩み及び損傷】車体下部の全体の枠(シャシー)の点検です。目視とスパナでネジ取付を点検します。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【燃料漏れ】目視で液漏れ(ガソリン臭くないか?)を点検します。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

 

 

【緩み、がた及び損傷】目視点検と触って、ガタ、損傷、欠損を点検します。問題なければ✔です。【予備車検場の検査項目】

【ボールジョイントのダストブーツの亀裂及び損傷】目視点検で確認します。グリス漏れも含めて問題なけれれば✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

sponsored links

24か月点検のテスタ等で行う検査

【ホイール・アライメント】【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

 

 

【ブレーキの効き具合】【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

 

 

【排気の状態】アイドリング状態で、白煙、黒煙でないか点検します。無色透明なら✔です。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

24か月点検の分解点検

【油漏れ】ドラムブレーキのカバーを外し、油漏れが無いか確認します。問題なければ✔です。

*ディスクブレーキの車は関係ありません。

(問題あり)整備工場で修理です

【ドラムとライニングとのすき間】タイヤを手で回して異常な引きずりが無いか確認。問題なければ✔です。

【シューの摺動部分及びライニングの摩耗】異常摩耗、損傷などないか目視点検します。問題無ければ✔です。

【ドラムの摩耗及び損傷】外側の枠が以上摩耗、損傷等無いか目視点検します。問題無ければ✔です。

(問題あり)いずれも、整備工場で修理です。

24か月点検で、その他やっておかなければいけない点検

【CO、HC濃度】予備車検場で点検してください。通常どちらも0です。0と記入します。【予備車検場の検査項目】

(問題あり)整備工場で修理です。

 

【タイヤの溝の深さ】大体で良いですが、スリップサインが見えていたら、正確に測ってください。ノギスが便利です。

【ブレーキパッド、ライニングの厚さ】大体で良いので測ります。1㎜でも残っていればOKです。

 

【その他日常点検すべき事項】毎日の走行前に点検すべき項目ですが、24か月点検時にも全て確認してください。□に✔を入れます。

・制動装置(リサーバタンクの液量)とは、ブレーキオイルのリザーブタンクの液量の事です。

・点灯装置は、ロービーム、ハイビーム、方向指示器、バック時の点灯、フォグランプです。

【点検日と走行距離】24か月点検をした時の、走行距離と点検日を記入します。整備完了日は、修理や交換があった場合、それが完了した日を記入します。

【自動車登録番号または車両番号、その他の自動車は車体番号】車検証に記載されている番号を記入します。車検証にも、自動車登録番号または車両番号の欄がありますので、どちらかを書いてください。

【点検又は整備を実施した者の氏名又は名称及び住所】自分の名前と住所を書きます。

ユーザー車検の前にしなくても良い24ヶ月点検

ユーザー車検の前の24ヶ月点検というのは、法令点検ですので行わなければ違反になります。ですが、決して車検前に行わなくても大丈夫です。

車検のときに、検査員の人が「24ヶ月点検の用紙はありますか?」と聞いてくれば、「車検の後に行います」と言えば問題ありません。

しかし、車検が終わった後にはしっかりと点検しておいてください。いつまでも点検をしていなくて何か問題が起これば、あなたの責任として罰せられます

とは言っても、24ヶ月点検はしっかりと車検の前にしておいてください。

なぜならば、24ヶ月点検の非常に多くの項目が、実際の車検の検査項目にもなっているからです。

全く何も見ないし点検もしないで車検に行けば、不合格になる可能性が大きいです。

また、上記の点検方法で問題ありなら、「整備工場で修理です」と、たくさん書きました。

結局、整備工場へ持っていくなら、自分で点検せずに整備工場に任せた方が良いのではないか?と思われたかもしれません。

しかし、それは問題があったときだけです。例えば私の車は、中古で購入してから5年、車自体はすでに10年前の製造ですが、一度も整備工場のお世話になったことはありません。

私の車は、24か月点検の不具合で整備工場に持ち込んだ事はありません。

車は、そうそう壊れることはありません。問題のある時だけ整備工場にお世話になればいいのです。

やってはいけないユーザー車検のやり方

やってはいけない方法の1つ目は、中途半端なユーザー車検をしてはいけないという事です。

例えば、24か月点検を含む、事前の検査だけは自動車整備工場にお願いして、車検自体は自分ですると逆に高くなる可能性があります。

整備工場も、全部こみ込みで頼まれると割引もするでしょう。しかし、整備だけでは儲けが減るので、少々割高にするかもしれません。

また、本当は車検に関係のない部品まで「交換が必要だ。」と言ってくるでしょう。

例えば、バッテリー、ブレーキオイル、ワイパーのゴム、ブレーキパッド、場合によってはタイミングベルトも言ってくるかもしれません。

しかし、機能さえ果たせていれば、一定の能力が出ていれば、車検にとっては交換の必要は全くない物ばかりです。

2つ目の悪い点は、予備車検場を利用しないという事です。遠方にあり、不便な人もいると思いますが、利用しないと車検に合格しない可能性が高いでしょう。

なぜならば、車検の検査項目には「サイドスリップ」や「光軸」の検査があるからです。

これは素人では点検できません。整備工場の人でも予備車検場を利用して検査してもらっています。

ユーザー車検の魅力は、お金のかからない事ですが、必要なところにはお金をかけた方が増額で安くなります。

私は、事前に(1か月くらい前に)一度予備車検場に行って、大体の自分の車の状態を知っておいてから、24か月点検をして車検に臨んでいます。

必要なら、車検の直前にもう一度予備車検場に行って最後の検査をしてもらっています。

sponsored links