もし、あなたが年収600万円なら、どんな生活を送れば良いのか?

何だかんだ言っても、結局「生活=お金」ですので、どのように、お金を使っていったらいいのかを考えてみました。

しかも、一生涯お金に困らないための、お金の使い方です。

今は良くても、将来にお金が無くなる。最近、老後破産なんて言うのも良く聞くワードですが、まさか自分がそんな事になるとは思ってないですよね。

一度、「生涯家計簿600万円」を見てもらって、自分の計画に問題ないか?比較してみてください。

sponsored links

年収600万円の生活の一生涯のプランは次のようなものです

まずは、「生涯家計簿600万円」をご覧ください。

この表は、年収が600万円の40歳~85歳までの間の全収入と全支出を書き出した一生涯の計画表です。

計画表の一番右端がマイナスにならないようにするために、どうお金を使う必要があるでしょうか?

収入の部

  1. 年収600万円なら、実際の手取りは470万円
  2. 60歳からは雇用延長で半額の235万円の収入
  3. 年金受給は70歳からで、夫婦で84万円、月7万円、一人になると3.5万円
  4. 子供が一人いるとして、子供手当、扶養控除の収入や減税

支出の部

  1. 生活費は年間156万円、月間13万円
  2. レジャー費は年間36万円
  3. 家のローンが135万円、月間112,500円
  4. 車の経費が年間15万円くらい
  5. 子供の教育費は、年間小学校12万、中学校24万、高校48万、大学200万、その他150万円
  6. 生命保険は年間24万円
  7. 車の購入は10年ごとに300万円

という計画になりました。

これくらいの生活を続けていけば、生涯でお金が無くなる心配はいらないという事になると思います。

生涯家計簿については、私の投稿「人生設計のシュミレーションのやり方を教えます。必須です」をご覧ください。

なお、年収600万円というのは家族年収です。

一人で600万円の収入という家族もあれば、旦那さんが500万円、奥さんが100万円という収入でも同じように参考にしてください。

 

年収600万円の生活の詳しい支出の内訳

年収が600万円の生活の詳細は、どんな感じになるのか?考えてみました。ご覧ください。

①年間156万円の生活費:

この156万円の生活費を1ヶ月にすると13万円になります。

生活費の中身は、普段の生活で必要な、ほとんどのお金を含めて考えました。

  1. 水道光熱費:15,000円
  2. 通信費:15,000円
  3. 小遣い:20,000円、2人で40,000円
  4. 食費:55,000円
  5. その他雑費:5,000円

合計で13万円になります

②年間36万円のレジャー費:

これは、旅行や、その他いわゆる贅沢として使うお金が28万円ということです。

その中には、お年玉、プレゼント、高額な商品の購入なども当てはまります。

例えばこんな感じです。

  1. お年玉:10,000円
  2. 旅行:150,000円
  3. 誕生日・クリスマス:20,000円
  4. 毎月のお出かけ:180,000円、毎月15,000円

合計で36万円になります。

③年間135万円の家のローン:

40歳から60歳までの間の21年間の返済期間ということで、2,835万円の返済としています。

ただし通常家を建てるときの返済額というのは3,500~4,000万円と言う数字が普通です。30代に家を建て返済を開始している環境ならば、60歳までに返済可能になります。

sponsored links

④153,000円の車の経費

2000cc ぐらいの普通乗用車を1台所有しての1年間で必要な経費が153,000円です。

  1. 自動車税:39,500円
  2. 任意保険料:24,000円
  3. 車検:2年に1度ですので半額の60,000円
  4. その他の諸費用:10,000円
  5. タイヤ:4年毎交換で1年分の20,000円

⑤子供の教育費はトータルで1,238万円:

現時点で子供が小学校1年生と想定しています。

教育費は、行く学校やクラブ活動等の違いで相当変わってくきますが、年収から考えての金額を書きました。

  1. 小学校では年間12万円
  2. 中学校では年間24万円
  3. 高校では年間48万円
  4. 大学では年間200万円
  5. 最後に社会人として巣立つ時に 150万円を計画

子供の教育費は、小学1年~社会人の門出までで1,238万円になります。

⑥生命保険は傷害保険を含めて年間24万円:

保険料は、積立型の保険を想定しています。そうすることで積立が終了した60歳の時に、ある一定額の保険料が受け取れます。

ほぼ掛け捨てのような生命保険を選ぶのではなく、積立貯金として利用できる保険が良いでしょう。

⑦10年に一度の車購入費300万円:

車は一台所有で、10年に一度300万円としています。

前の車の下取り料金は考えていませんので、上乗せの利益が発生する可能性はあります。

さて、このような生活をしていけば、年収600万円として手取り470万円、60歳からの雇用延長の手取り235万円、そして厳しい年金額であったとしても 、生涯でお金がゼロになるということは無い生活をしていけます。

 

年収600万円で生活をする時に注意すべきこと

①家の購入金額の2,835万円という金額:

正直に言いまして、家族年収が600万円、実際の手取りが470万円の家庭ならば、あまり大きく高額な家を買うのは家計的に非常に苦しいでしょう。

40歳からの返済額を2,835万円と計画していますが、早く家を買っている人ならば3,500万円ほどの返済金額も可能でしょう。

 

しかし、人によっては65歳や70歳までローンの返済を計画されて、4,000~4,500万円の家を購入される人も多いのが現状です。

私は、それについてはやめておいたほうがいいと思います。

60歳を超えて65歳までは雇用延長で働き続けられる、その後は年金が年間で200万円以上貰えると信じていませんか?

その見込みは非常に危ない計画です。

本当に会社があなたを雇用延長するでしょうか?本当に65歳から年金を十分に受け取ることは出来るでしょうか?

私は、根本的にそのことを疑っています。

残念ながら無理でしょう。ですから、60歳まででローンのすべてを払い終える計画にしておかないと怖いのです。

②収入に合った支出を考えていくのが基本:

年収600万円ならば実際の収入は470万円くらいですが、将来の事を考えると、積立型の保険の掛け金も含めて、110万円程は毎年必ず貯蓄に回す必要があります(子供の教育費を除く)

引き算すると、毎年使えるお金は360万円です。

子供手当などの、副次的な収入を加えたら370万円を超えます。

結構大きな金額のように見えますが、増え続ける教育費や、10年に一度の車の購入費なども含まれます。

その370万円で、生活費やレジャー費、保険代や教育費、車の購入費全てをカバーしなければいけません。

結果、月130,000円の生活費、年間で360,000円のレジャー費が逆に導き出されると言うことになります。

③やっぱり高い車の購入や維持費:

支出の中には車の維持費と購入費が含まれています。

でも、もし車を買わないということであれば、10年に一度の購入費や年間の維持費が浮きます。

なんと合計で年間45万円ほどの節約になりますが、そのお金を生活費やレジャー費に回すと、生活も少し豊かになるでしょう。

年間で45万円も節約できるのなら、月に4万円も追加で使えることになりますし、旅行などに使えば、年に2回も余分に行ける事でしょう。

車は、いかにお金のかかる道具なのかを実感できます。地方暮らしならば1台はどうしようもありません。

しかし、都会暮らしの人は、思い切って車を手放す事が出来れば、その分豊かな生活の見返りがあると思います。

sponsored links

年収600万円の生活を更に豊かにするお金儲けや節約の方法

最初に見てもらった「生涯家計簿600万円」では、あまりいろんな工夫をせずに収入と支出の金額を書いています。

ですが、まだまだ収入も支出も、いろんな工夫・改善ができます。一例をご紹介したいと思います。

①収入の工夫・改善:
収入においては、もちろん株や不動産などを含めた、投資案件というものがありますが、そのようなリスクを伴うような収入増に関しては私は考えません。

あくまでも、ノーリスクで必ず増える方法のみを実践しています。

ふるさと納税を利用する
クレジットカードのポイントを貯める
会社で財形制度があり、奨励金がある場合は必ず貯金分を財形貯蓄に回す

*いずれも私の投稿へリンクしています。参考にしてください。

この3つの方法を奨励します。いずれも、全くのリスクなしで単純に収入が増えたり、ものがもらえたりします。

私の場合、この3つだけで、年間で約136,000円の収入増です。

しかもほとんど何もせず、ほぼ自動で得られる収入が、順調にいけば60歳の定年まで続きます。10年では136万円という大きな金額となるのです。

②支出の工夫・改善:
支出に関しては、本当に多くの工夫ができます。代表的な節約方法を書きます。

もし可能ならば実家に住む。家賃・ローン0
車を買わない。買っても整備や車検は自分でする
長く電気をつける部屋は蛍光灯からLEDに交換する
リサイクルショップを有効活用する
携帯電話は格安MVNOにする

などなどいっぱいあります。私の場合で、色んな節約の工夫を組み合わせた結果、以前と比べて年間で約100万円の節約に成功しています。

*いずれも私の投稿にリンクしています。参考にしてください。

もう3年以上節約を継続していますが、本当にお金が貯まるようになりました。

年間で330万円ほど貯金が出来ている年もあります。

 

年収600万円なのに年金額が厳し過ぎるのでUPしてみて考えてみました

添付の「生涯家計簿600万円」の計画では、将来もらえる年金は、たとえ夫婦であっても月70,000円で年間840,000円、どちらか片方が死んでしまうと、その半額の420,000円しかもらえないと言う計画を立てています。

ちょっと厳しすぎるのではないかと思われるかもしれません。年金定期便を見てもらえば分かりますが、年収600万円なら、将来は年間225万円は貰えるとなっているはずです。

そうすると、将来へ向けての蓄えが多少軽減されるのを見込んで「修正版生涯家計簿」を書きました。

年間で約180,000円の余裕ができます。

これを月に直すと、約15,000円、今まで130,000円で乗り切ろうと思ってた生活が145,000円になります。

年間180,000円のゆとりを、家族旅行や子供の教育資金に蓄えていく事も考えられるでしょう。

ただし、注意があります。

結局、年金を多く貰えても、一番お金が無い時というのは現役時代です。

だから、退職金や年金を当てにして70歳まで家のローンを組めば、少しでも大きな家に住める。。。

ハウスメーカーも、この年寄りの金余り状態と言うのをよく理解していて勉強しています。

恐らくは家を勧める営業トークの中で、65歳70歳になった時に余剰資金があるということを説明するでしょう。

しかしそれは、年間225万円という年金受給があってこその話です。

さらに、60歳からの雇用延長があってこその余裕なのです。

完全に約束されていない危なっかしい資金をあてにして、70歳まで借金を抱えるのはやめたほうがいいでしょう。

何とか60歳までに借金は完済してください。

sponsored links