以前の私がそうであったように、貯金ができない、お金が貯まらない人の特徴というのがあります。

しかし、お金に対する考え方や使い方というのは確実に変えることができます

私が変えてきた、今から思えばお金に対する悪い習慣や考え方や、現在も、友達や家族を見ていて、これではお金が貯まらないなあと思ってしまった特徴をご紹介します。

sponsored links

お金が貯まらない人は、お金を使うべきだという特徴がある

お金が貯まらない人の最初の特徴は、それくらいの金額だったら使うべきだという考えがあります。

自分でそう思っている場合もあるし、人から言われ断り切れない場合もありますね。

私は年収が700万円以上あります。それで私の友人は次のように言います。

「それ位の収入があるならば、車は新車を買って、家族で外食ならば一人3,000円位のバイキングに入って、ユニクロの服を毎年必要なだけ買うべきだ。」言うのです。

しかし面白い事に、私にお金を使う事を勧める友人は、私より収入が格段に低くて貯蓄もほとんどありません。

友人の考えとしては、収入に応じた生活をすれば良いというのです。一見正しい意見のように聞こえます。収入が多い人がガマンする必要はないと。

しかし、私は最近思う事があります。高い車に乗ったり、豪華な食事をしたり、毎年新しい服を買って何の意味があるのだろう?

確かに、新しい車を買えば嬉しいです。でも、多分1か月もすれば慣れてきて、後は大幅に金額の減った貯金通帳を見て逆に悲しくなるでしょう。

豪華な食事をしても、たかが3,000円位の場所では思い出にも何にも残らないでしょう。

世の中のほとんどの商品やサービスには、金額以上の価値は全然ありません。お金を使ってもほとんど意味がないのです。

ちょっと極端すぎると思われたかもしれません。ただし、次の事が加わると一気に価値が上がります

  1. 家族の誰かが熱望している
  2. 友人や家族同士での食事やお出かけ
  3. 自分が大好きな趣味や嗜好である

人とのコミニケーションツールとしてや、大好きな事なら、大丈夫な範囲でお金を使ったらよいと思いますね。

その他の、大好きでもない事や興味が湧かないものは、しっかりと財布のひもを締めてください。たとえ他人がどう言おうとも。

ただし、友人ならまだしも、もっとお金を使えと色んな洗脳をかけてくる事は、世の中に沢山あります。

テレビのコマーシャル、スーパーの広告、youtube、セールスマンなど色々です。強敵ぞろいですので気を付けてください。

お金が貯まらない人は、将来の自分の予測をしていない特徴がある

貯金が出来ない人の特徴の2番目は、将来の予想を全くしていないという事です。

将来の予想をしたことが無い場合、何をどう考えればいいのか分からないと思いますので、少し書いてみます。

①今の会社は10年後、あなたを雇用していないかも

職種や時代の流れもあるので、全てがそうなるとは言えませんが、多くの会社でリストラが行われるでしょう。理由は3つあります。

  1. IoT化による少人化
  2. 外国人労働者への置き換え
  3. 外注化による少人化

1番目は、インターネットやロボットの進化で、人のしていた仕事を機械が行うようになります。

2場目は、規制緩和で多くの外国人が日本で働きます。若くて力のある外国人と勝負しなければいけません。

3番目は、インターネットの発達もあり、経理や法務、その他の事務仕事は、外注先の大手専門会社が一括して請け負います。

どうでしょうか?この3つだけを見ても、人手なんて必要なくなるのです。

②年金なんて貰えない

年金制度は必ず破たんします。理由は次の通りです。

  1. 年金制度は、現役世代の支払いを老人に支給する制度。貯金をしているわけではない
  2. 私たちが老人になったときは、その時の現役世代が私たちの年金を支払う
  3. 現役世代は急激に減少している(少子高齢化)

簡単ですよね。年金を払う人が急激に減少しているんです。それなのに老人は増え続けるんです。

どうでしょうか?将来は明るくありません。貯金は大切なのです。

sponsored links

お金が貯まらない人は、節約は面倒くさいと考えている特徴がある

貯金が出来ない人の特徴の3つ目は、節約は面倒くさいと思っている人です。

節約に関しては、私はちょっと違う見方をしています。それは、節約は頑張らなくてはいけないと考えていませんか?

何でもそうですが、頑張らないと出来ないものは長続きしませんよね。

しかも節約となると、ガマンが大切だと思っていませんか?

そんな事は全くありません。一回何かをすれば、後は自動でできる節約もたくさんあります。そうでなくても、年に1回だけ何かをすれば大きな節約になる事もあります。

  1. クレジットカードのポイントでお買い物
  2. LED蛍光灯に交換して電気代節約
  3. スマホの通信会社をMVNOにする
  4. 利率の高い定期預金をする

です。これらは、最初に申し込みや手続きは必要ですが、その後は全自動で節約が出来ます。

また、年に一回だけ何かをすれば大きな節約につながることがあります。

  1. ふるさと納税
  2. ユーザー車検
  3. 医療控除の確定申告

などです。

毎日電気をこまめに消したり、食事代を節約することも大切ですが、それが不得意で出来なくても、節約の方法はたくさんあります。

自分の気に入った、得意な節約から始めてください。

お金が貯まらない人は、ローン・離婚・転職の3点セットを抱えている

貯金が出来ない人は、離婚と転職、家のローンが重なっている人です。

もし、この3点で当てはまりそうな事があるなら、絶対に回避してください

  1. 離婚
  2. 転職
  3. 家のローン

は、3つそろえば最悪ですが2つでも危ない。1つならば、まだ大丈夫です。

ただし、リストラはどうしようもないですね。自分は働きたくても会社が辞めろというのだから。

ならば、最初から多額の家のローンはせず、結婚したら絶対に別れない事が重要なのです。お金の面を考えると。

sponsored links

お金が貯まらない人は、リサイクルショップやLCCをディスる特徴がある

先日、母と妻と子供と4人でリサイクルショップに行きました。

私たちの家では毎年恒例の行事で、1年に1回はリサイクルショップに行って服を買いあさります。

本当に100円から服が買えて、高くても1,000円は超えません。しかも私達が行く時期は、半額セールをしている時期なのです。

車のトランクに入りきらない衣服を買っても1万円を超えません。私は本を買ったり、子供はおもちゃを買ったりで至福の時間を過ごしました。

そんな時、母がぽつりと言いました。「リサイクルショップに来ているお客さんは、ちょっとパッとしない人ばかりやな。

私は、そんな目でリサイクルショップを見たことは一度もありませんでした。

いや、正直言って、昔はそんな目で見ていたかもしれません。

話しは変わって、友人と話をしている時です。私は沖縄に家族旅行をしてきた事を話していました。

私:「いや~、やっぱりLCCは安くて最高や。おかげで本当に安く沖縄旅行が出来た。」

友人:「俺は、JALしか乗らない。LCCなんて恥ずかしい。

*LCC:格安航空会社

今の話で出てきた母と友人。お金持ちではないのに、安い事を、パッとしないとか恥ずかしいと思うのです

これではお金は貯まらないと思いました。

リサイクルショップの服が汚れていたりヨレヨレだとか、LCCが危険だというのなら、敬遠するのは分かります。

しかし、全くそんなことはありません。安く買った服の中には新品も多く含まれていますし、飛行機も新しい機材を使用していて不安はありません。

お金が貯まらない人の特徴をまとめてみると、自分の将来と他人の目という事になります

今まで紹介した、お金が貯まらない人の特徴は次のような人でした

  1. 収入が多いから、これくらいは使うべきだ
  2. 将来に必要な、お金の額を予想していない
  3. 節約を面倒くさいと考える
  4. ローン・離婚・転職の3点セットを抱えている
  5. 格安であることを恥ずかしいと思う

これを、まとめていうと2つに集約されます。

  • 将来の自分を考えていない
  • 他人の目を気にしている

お金は大切です。一生涯ちゃんと生活できるように、途中でお金が無くならないようにしなければいけません。

その為には、先ほどの1~5の特徴を次のように変えなければいけません。

  1. 収入が多くても、身の丈の支出に抑える
  2. 将来に必要な、お金の額を全て予想しておく
  3. 節約は、頑張らなくても出来るものが沢山ある
  4. 一度築いた家庭や仕事を、大切にする
  5. 格安が粗悪という、間違った認識を改める

是非、お金に関する考え方を変えて、貯金体質になってください

私も、数年前まではお金が貯まらない考え方をしていました。しかし今は、最後に書いた1~5番の全ての考え方が身についています。

人は、数年経てばずいぶんと変われるものです。

sponsored links