プラス100万円余分に貯金をしましょう!

私は、昔の貯金よりも更に100万円をプラスして毎年貯金が出来るようになりました。

色んな所を節約することで実現できたわけですが、節約というとなんだか貧乏くさいとか、大変というイメージがありますか?

私は全然違う心境です。昔と比べて貧乏臭くなったとは思いませんし、特に変わらない生活をしているのにドンドン貯金が増えていくのです。

どのように実現していったのか?をまとめました。ご覧ください。

sponsored links

100万円プラスの貯金の方法 生活費の改良

100万円を余分に貯金するために、普段の生活費の節約・改良は次のようにしました。

1か月の生活費 改善前 改善後
こずかい妻 15,000 10,000
こずかい私 15,000 10,000
食費・光熱費 63,000 63,000
携帯通信料 17,500 5,400
インターネット 5,200 5,200
Skype 1,500 1,500
娯楽費 60,000 40,000
合計 177,200 135,100
月間の節約額 42,100
1年間の節約額 505,200

生活費の節約は、177,200円かかっていたのを、135,100円まで節約・改良できました。

  1. 私と妻の小遣い:将来の不安解消のため節約することを合意しました。私も妻も元々小遣いは1万円で十分でした
  2. 携帯通信料格安MVNOに乗り換えました。2014年9月にSIMフリーiPhoneが発売されのたのを機に乗り換えました。ただしSIMフリースマホを買う必要がありますので、娯楽費に追加しています
  3. 娯楽費:子供は大型の施設より公園が好きで、そこからの気づきで登山や散歩が趣味になりました。

生活費の節約は毎月の積み上げになりますので、1年間では大きな金額となります。

しかし、生活費は毎日の事なので、きっちりと管理しておかないと逆に月に1万円くらいの赤字はすぐに出てしまいます

たかが1万円の赤字だと思っていても、12か月(1年)積み重なると12万円になります。

sponsored links

100万円プラスの貯金の方法 娯楽費の改良

100万円を余分に貯金するために、娯楽費の節約・改良は次のようになりました。

1年間の娯楽費 改善前 改善後
妻帰省諸費用 28,000 28,000
妻帰省航空券 40,000 0
妻帰省生活費 100,000 90,000
お年玉 16,000 16,000
海外旅行 198,000 207,100
国内旅行 160,000 100,000
年間パス1 61,400 61,400
年間パス2 43,400 0
スマホ積立て 0 85,000
合計 646,800 587,500
差額 59,300

娯楽費の節約は、実は14万円以上の節約が出来ていますが、通信費の節約のためSIMフリーiPhoneの購入積み立て(3年毎2台)をプラスしています。

  1. 妻帰省の航空券:マイレージカードでポイントを貯め、毎年無料でゲットしています
  2. 国内外旅行:少しだけ節約のように見えますが、ふるさと納税でゲットした航空券ポイント50,000円分を含んでいます
  3. 年間パス:遊園地の年間パスも1つだけにしました。その分、公園や山登りで遊んでいます
  4. スマホ積立て:SIMフリーを購入するようになったので、追加費用です

娯楽費の節約のポイントは子供の意見でした。「USJ行こうか!」と提案したら「公園がいい!」と返ってきたのです。

楽しさは、お金には比例しないのだと気づき、私たち大人の趣向も変わっていったのです。

100万円プラスの貯金の方法 車経費の改良

100万円を余分に貯金するために、車経費の節約・改良は次のようになりました。

1年間の車経費 改善前 改善後
任意保険1 40,000 23,600
任意保険2 40,000 0
車検1積立 70,000 42,500
車検2積立 75,000 0
タイヤ1+SDタイヤ(4年毎)積立 50,000 0
タイヤ2(4年毎) 25,000 25,000
駐車場代 48,000 0
オイル代 20,000 7,400
自動車税1 39,500 0
自動車税2 45,000 45,000
合計 451,500 143,500
差額 308,000

車の節約は、

  1. 車の売却:1台分の任意保険、車検代、タイヤ代、駐車場代、自動車税が節約できました
  2. 任意保険:業者の変更、インターネット割引や契約内容見直しで大幅節約できました
  3. 車検:ユーザー車検をする事で大幅な節約に成功しました。しかも、最低限の交換品を含んだ金額です。
  4. タイヤ:値段は変わっていませんが、安い業者で付け替えをして、タイヤのグレードアップをしています。

2台あった車を1台にた事で、大幅な節約が実現出来ました

また、全部自分で整備・車検しているので安く済んでいます。整備・車検の仕方を身に付けるのは結構大変でしたが、それだけの価値はありました。

sponsored links

100万円プラスの貯金の方法 その他の改良

100万円を余分に貯金するために、その他の節約・改良は次のようになりました。

1年間分 改善前 改善後
故郷納税(利益) 0 48,000
会社財形(利益) 0 48,000
教育費 変わらず 変わらず
生命保険 変わらず 変わらず
車購入費 変わらず 変わらず
合計 0 96,000
差額 96,000

その他は節約ではありません。お金が増える方法です。

  1. ふるさと納税:48,000円の利益と言うのは、寄付した市町村から届く実質50,000円のお礼の品です
  2. 教育費:削りたくないので変更なし
  3. 会社の財形:会社から奨励金が貰えるため、貯金のほとんど全てを財形貯蓄しています
  4. 生命保険:積立の要素もあり変更していません。満期で650万円ほど返ってきます。
  5. 自動車の購入費:10年毎で400万円を計画で変更なし

3,4,5番は貯金のようなものです。車購入費も400万円としていますが、計画が赤字ならもっと安い車を買います。

1年間でプラス100万円の貯金に成功しました。しかも継続します

1年間の節約額(利益含む):968,500円

昔に比べて、約100万円の節約に成功しているわけですが、それ程大変ではありません。

なぜならば、一度節約の方法を実行すると、そのほとんどが自動で節約できるからです。私は何もする必要がありません。

どういう事かと言いますと、次のような事です。

  1. 携帯代:17,500円→5,400円:申し込めば終わりで、支払いは自動です。
  2. 妻帰省航空券:40,0000円→0円:マイルを貯めていますが、自動で貯まります。
  3. 車の経費:308,000円の節約:1台売ってしまえば、必然的に節約できます。
  4. 会社の財形:毎月自動で引かれ、自動で奨励金が入ります。
  5. ふるさと納税:年に1回申し込むだけです。慣れれば10分で終わります。

更に、生活の変化が節約につながりました。お金を使わなくても楽しい事なんていっぱいあります。

私は、結局このプラス100万円の節約を足して、年間で300万円以上の貯金が出来ています。

これから子供が大きくなって教育費が必要になったり、10年に1度の車の購入などの出費はありますが、昔に比べたらすごい貯蓄高です。

sponsored links