私は本格的に節約を始めて約4年ですが、それ以前にも10年以上にわたって色々節約を試して来ました。

あれこれ色んな節約をしてきましたが、その中には失敗したものもたくさんあります。

そこで、「こんな節約は失敗するをご紹介します。

そんな失敗の連続をしていくうちに、大成功をした節約も生まれました。合わせてご紹介します。

sponsored links

節約で一番成功できない方法は、何から何まで節約するということ

私が今まで試してきた節約で、一番ダメだったと思う方法が、何から何まで節約するという事です。

節約を決意した時、「よし!いまから頑張って沢山お金を貯めるぞ!」という気持ちになります。

それで、

  1. 食費を削り
  2. 電気を消して
  3. 寒いので重ね着で生活する
  4. 外に出ても、ウィンドウショッピングばかり
  5. 旅行も節約
  6. 車は使わないで出来るだけ歩く
  7. 毎月の小遣いも削減

何から何まで全部やってしまうぞ!と意気込んでいました。

なぜなら、年間100万円!10年間で1,000万円貯めるぞ!と、目標立ててがんばりは始めたからです。

しかし、ものの3日でやらなくなり、息切れしてしまいました。「節約って大変なんだなあ」と、思ったことがあります。

なんで出来なかったのかと振り返ってみると、毎日毎日がんばって苦しい思いをしてるので成果が早く見たいんですね。

もしくは、実感に浸りたいわけです。残高照会が増えているとか、生活に余裕が出てくるとかの証拠みたいなものが見たい。

でも、節約が目に見えて成果が出てきたり、残高が明らかに増えていると分かるのは、節約を始めて3年後くらいです。

それまでは、成果というものが目に見えてくることはありません。少なくとも私はそうでした。

急にたくさんの節約をしようとしてもダメでした。

細かい節約の積み重ねの方法も、出来そうで出来ませんでした

私は、細かい節約というのも、出来るようで出来ませんでした。

細かい節約というのは、例えば、こまめに電気を消す、水道の水を少なくする、冷暖房を出来るだけ付けない、おかずを一品減らすなどです。

3日も経てば、計画したことを忘れているので、途中で電気を消しに戻るとか、冷暖房の温度を低めに設定し直すなどの面倒くさい作業が頻発しました。

そんな面倒くさい作業が頻発しているのに、自分の努力がどれくらい報われたのか?が非常に分かりにくかったのです。

電気やガス料金は、普通1~2か月遅れて請求が来ますし、季節によって全然料金が違いますので、自分の努力が分かりにくかったのです。

また、家での電気というのは、自分がこまめに消している蛍光灯だけに使われているわけではありません。

冷蔵庫やIH、お風呂ににも使われています。

そして多分、私がこまめに蛍光灯を消していた努力は、100円位の努力だったのでしょう。

電気料金の請求額を見ても、全く、努力の成果が分かりませんでした。

sponsored links

毎日貯金や500円貯金という節約の方法も成果が出ませんでした

毎日節約出来た金額を貯金箱に入れるとか、毎日500円貯金をするという方法も、全く上手くいきませんでした。

両方を試しましたが、いずれも失敗しました。

私の場合は、家に現金があると、ついつい目が行き意識して、我慢できなくなって貯金箱を開けてしまうのでした。

特に500円貯金の場合なのですが、毎日貯金箱に入れていく500円が無い場合、1000円札を入れて500円1枚を抜き取るという作業が頻発したのです。

その時に、現金を比較的長い時間見てしまうので、誘惑に負けてしまうのでした。

今でも、財布や家の中には、出来るだけお金を持たないようにしています。

多分、私のような性格は、お金を見ると使いたくなる性分なのでしょう。

でも逆に、現金ではなくクレジットカードも危ないのではないかと思います。

私は使いすぎ防止のため、私はクレジットカードで使った金額を、その日か次の日に直ぐに家計簿に書いています。

数多い失敗の節約方法の中から成功した節約もあります

数多くの節約を失敗してはいましたが、色々とやっている内に、大成功した節約もありましたのでご紹介します。

今も、私の大きな節約の基盤となっています。

①自動の節約

これは効果が大きかったです。自動の節約とは以下のようなものです。

  1. クレジットカードのポイント
  2. 照明をLEDに替える
  3. 会社の財形(奨励金付き)で積み立てる
  4. 安い携帯電話会社にする(MVNO)

以上の4つは、最初だけ、申込みとか切替で面倒くさいですが、その後は全く何もしなくても節約が出来ます。

私の場合は、以上の4つの節約だけで、1年で16万円以上も節約できています。

②年に1回だけして節約

毎日の努力ではなくて、年に1回程度何かをすれば節約できる方法です。

  1. ふるさと納税の申し込み
  2. 車の整備、タイヤ交換
  3. ユーザー車検(2年毎)

いずれの方法も、最初は難しく感じるかもしれませんが慣れの問題です。

例えば、ふるさと納税の申し込みは慣れれば10分で完了しますし、車の整備やユーザ車検も一度経験すれば、後は繰り返すだけで難しくありません。

それで、1年間で何万円も得や節約出来るわけですから、やってよかったと思っています。

私はこの3つの方法だけで 1年間に9万円ぐらいは節約できています

③他人の意見に従ってみる

私は、元来の遊園地好きで、家族が出来てからは頻繁に遊園地や都会の施設にお出かけをしていました。

田舎暮らしもあってか、近代的な新しい施設が好きだったのです。

ある日も子供に「今日もUSJに行こう!」と言うと、子供は「近くの公園で遊びたい!」と言うではありませんか。

私は、渋々子供の意見に従い近くの公園に行きました。

私にとっては楽しくない時間だと思われましたが、ほぼ、お金は必要ありません。

しかも、公園でのんびりと景色を眺めているうちに山に興味を持ち、山登りという趣味が増えたのです。

その結果、足腰を鍛えたいという願望が生まれ、片道1時間はかかる会社に歩いて行くようになりました。

その結果、2台あった車の1台を売却するという大きな節約にもつながったのです。

sponsored links

節約の基本は楽な節約方法や好きな節約方法を探すこと

節約というと、どうしても我慢とか貧乏などのイメージは無いですか?

我慢が必要な節約は続きません。でも、楽しく節約しましょうというとウソになります。少なくとも最初は、楽しいという感情はないでしょう。

じゃあ、どうすれば節約が成功すかと言えば、先ほど紹介しました、自動で節約や年に1回だけする節約をすればいいのです。

毎日の工夫や努力ではなくて、

  1. LED蛍光灯に交換さえすれば、後はLEDが勝手に電気を節約する
  2. クレジットカードに申込みさえすれば、後は勝手にポイントが貯まる
  3. 年に一回だけ、ふるさと納税の申込みをすれば、お礼の品が届く
  4. 2年に一回だけ自分で車検を通せば、6~7万節約できる

というように、自分の苦労は最小限で、後は勝手に節約できるか、年に1回だけ手間がかかるという節約方法を探していけばいいのです。

私は、4年くらい前と比べて、100万円くらい節約が出来ていますが、そんなにたくさんの節約を実践していません。

私の節約内容を見てみてください

  1. クレジットカードでマイル貯め、無料航空券をゲット
  2. 車を売って、経費の節約
  3. 車の整備と車検を自分で行う
  4. ふるさと納税でお礼の品をもらう
  5. 蛍光灯をLEDにする
  6. スマホをMVNOにする
  7. 会社の財形(奨励金あり)で貯金
  8. 子供の意見で公園で遊ぶ

くらいでしょうか?これで100万円です。100万円を節約している今の生活が苦しいかというと、逆に楽しく健康になりました。

健康というのは、歩く時間が増えたので、健康診断の結果が少し良いのです。

しかも、この100万円の節約で、私が日々努力している内容は全くありません。勝手に節約できています。

「電気や水道の節約はしてないの?」

答えは「していません。」していないと言うとウソです。意識しています。逆に、意識できるようになりました。

普段、頑張って節約していないので、電気や水道の節約が楽しく出来るのです。

節約は楽しく、好きな順番でやってみてください。

sponsored links