sponsored links

世の中には色んな節約の方法がありますが、その中には、結局お金が残らない・貯金が増えない方法があります。

sponsored links

今回は、私がいろいろ実際に試みて、成功したり継続している良い節約方法と、ダメだった節約の代表をご紹介します。

クレジットカードは目的に合わせて複数枚使う

これは駄目です。

ただし、ただのポイントカードやプリペイドカードはたくさん持っていても問題ありません。

ただし、クレジットカードは何枚も所有すると節約出来なくなります。

なぜか?理由は2つあります。

1つは、複数のクレジットカードだと、いくら使っているのか管理できなくなるからです。

それぞれのクレジットカードでは、今いくら使っているのかの情報は直ぐに見ることが出来ます。

しかし、何枚ものクレジットカードを使っていると、それをまとめて集計するのは結局自分です。

これが、面倒くさくて出来ないんですよね。

複数のクレジットカードの請求が来て初めて、「あっ!今月は使いすぎた。」という事になってしまいます。

2つ目は、各クレジットカードの特典を使いづらくなります

どういう事かと言いますと、私の場合、ANAマイレージカードを持っていますが、その最大の特典は無料航空券がゲットできる事です。

しかし、無料航空券をゲットするためには、多額の利用が必要です。最低でも100万円以上使わないと特典は受けれません。

複数のカードを利用すると金額が分散してしまい、何年経っても特典が受けれないのです。

無料航空券をゲットすると何万円分の節約にもなるのですが、それが何年経っても節約できない事にもなるのです。

銀行や郵貯の口座は一つにまとめる

一つにまとめる意味は、お金がいくらあるのか管理しやすいという事なのですが、これは駄目です。

節約をする最大の目的に貯金がありますね。

貯金は銀行や郵便局に預けますが、同じ口座だと貯金したいお金も全部使ってしまいます

ついつい甘えが生じてしまうのは人間だから当たり前です。

今月は苦しいからとか、臨時の出費が多かったから仕方ないとか、人生には色々ありますから。

私の場合、貯金は会社の財形を利用していて、給料やボーナスから自動で天引きされます。

自分の普段使っている口座に振り込まれたときには、天引き後の残りだけです。

その残りだけで生活します。もちろん、ものすごく苦しい月もあります。

クレジットカードの利用明細とにらめっこしながら、「やっぱり掃除機を買うのはやめよう」となったときもありました。

貯金用の口座と、普段使う口座の2つ持ちが最適でしょう。用途の合わせて3つ4つもありだと思います。

ただし、その全ては給料からの自動天引きであったり、銀行や証券会社が自動で引き落としてくれるようにしましょう。

自分自身でお金を移動させるのは良くないです。ちょくちょく忘れますし、今月は苦しいからと甘えが生じます。

sponsored links

私なんか、わざわざ定期預金の解約手続きをしてまでお金を使ったことがありました。

今は、定期預金の証書がどこにあるのか分からなくなっています。でも探しません。それで良いのです。

1駅2駅前から降りて歩いて通勤の交通費節約

これは非常に良いです。

間接的に色んな節約にもつながります。

  • わざわざフィットネスクラブに行かなくてもいい
  • 健康診断の数値が少し改善されていて、将来の治療費減に効くと思う
  • 交通費や車の維持費の削減になる
  • 自然を感じることが出来る

私の場合、会社まで片道1時間を歩いて通勤しています。昔は車で通勤していたのですが、徒歩通勤にして車を1台売ることが出来ました。

車の維持費が無くなり、それだけで年間14万円程度の大きな節約に繋がったのです。

何よりも、健康診断での数値が改善されているのは嬉しい事です。

歩き始める前は、常に中性脂肪が高くて、いつも会社の健康診断で引っかかっていました。

中性脂肪の数値を下げる薬を貰うための通院も必要でした。

でも今は、多少高めではありますが通院しなくても大丈夫になりました

水道光熱費の節約

これは駄目です。

電気・ガス・水道は実感として、そんなに節約できないんじゃないかと思っています。

どうでしょう?一生懸命こまめに消して、ちょろちょろ流して1,000円?2,000円も節約出来ればすごい感じだと思います。

「いやー、1,000円でも節約出来れば上等じゃないですか!」

確かに。でも、それに比べてガマンの要素が大きいですね。

それに普段から、付けたら消す、出したら止めるというのは結構習慣化してますよね。

そこに更に節約となると大変です。頑張っても、努力の割に効果が薄いのがツライいところです。

更に、家にいると電気代がかかるからと言って、ガソリン代を使って近くのモールに出かけたり、暑いのでスポーツドリンクをたくさん飲んだり。

電気代は安いけど、他の出費がかさんだりしたら本末転倒ですので注意してください。

節約の目的はお金を残すことです

節約で大切なのは、お金が節約できているか?貯金が増えているか?という事です。

節約をする事が目的になってしまって、暑いのを我慢する、出かけるのをガマンするという事で満足していてはいけません。

ガマンの連続で、どこかで小さな心の爆発が起きて、無駄使いをしたり、別の出費が多くなってしまっていたら大変です。

また、目の前にお金があると、使いたい・何か買いたいと思うのは普通の感覚です。

それに耐えるのではなく、目の前からお金を消しまう事が大切です。

節約は長~く続けることになると思います。なので、ガマンはいけません。

知らないうちにお金が増えている状態を作ってください。努力をしなくてよい状態を作るのが節約のとって一番大切です。

sponsored links