sponsored links

結婚・仕事・人付き合いは、人生を悩ませる大問題なのでしょうか?

sponsored links

結婚してない、サラリーマンやれない、近所付き合いが出来ないなんて人は、「あの人、病気なんじゃないの??」

と言われた時代もあったでしょう。確かに、昔は問題だったかもしれません。

でも、今の時代はサラリーマンである必要もないし、一つの会社で一生を終える時代でもありません。

あなたが悩まされているのは、昔の亡霊だと思います。

「結婚・仕事・人付き合い」が出来ないなんて、何の人生の失敗でもありませんよ。

結婚できないのは人生の失敗ではない

結婚できない=老後が不安、寂しいと感じているかもしれません。

「結婚=老後の安定」は多分ウソです。

  • 自分が面倒を見る立場になるかもです。十年以上も。
  • 性格の不一致で離婚して結局一人になるかも。

じゃあ、誰に面倒見てもらうの?と思いますが、昔と今では違うんですよね。

  • バスは老人割引で、病院への往復負担が軽減
  • 生活保護レベルでは医療費が無料
  • 携帯電話や室内モニターで、遠方から連絡が取れ、状態も把握してもらえる
  • 市町村のコミュニティーは結構充実していて、仲間を探すことが出来る
  • 元気ならば、シルバーセンターに登録して働きましょう
  • 家にいても、SNSやライブ配信などの双方向コミュニティーはたくさんある

一人でも十分生きていけます。もちろん肌のぬくもりとか言うと難しいですが、未来は分かりませんよ!

じゃあ、結婚の良さって何なの?ですが、私の場合は次の感じです

  • 子供はかわいいです。生きがいです
  • 何だかんだで生活費が安く済みます
  • 肌のぬくもりとか、直接話せるとかの人間味が24時間あります

最後の24時間人間味があるというのが、最大の利点でしょうね。

逆に人間臭さが24時間あると言っても良いですが・・・。

だから半分一人暮らし、半分気の合う人と会うというのも全然アリですね。

仕事で評価されないのは人生の失敗ではない

仕事で評価されなかったり給料が上がらなかったりで、俺(私)はダメな人間だ・・・。

なんて、全然違いますよ。今の日本の会社は昔と違います。

  • 20年働けば誰もが管理職、なんて大昔のはなし。90%以上が平社員の時代
  • 20年前と比べて、日本人の給料は下がっている。下がり続けている
  • 貧富の差は拡大中。今のアメリカを見れば5年後の日本が見える

会社で評価されないなんて普通なんですね。評価されなくて当たり前。

だって、会社のポスト(管理職)は減り、給料は下がり、サラリーマンは貧困化が進んでいる。

評価を上げようにも上げられない時代なんですね。

 

ただし、派遣問題や日雇い問題は深刻な問題だと思います。

転職が出来るのも若いうちだけ(35歳まで)ですしね。

ただ、正社員は無理だとしても、ブラック企業やアルバイトレベルの薄給からは逃げ出すべきです。

客観的に見た場合、もっと良い環境で働ける場所はたくさんあるんです。

でも、多くの人の場合、その場所から移動するというか、他を探すことをしないんですね。

「いやいや、もう40代にもなると雇ってくれる会社なんてないから。」

でもですね、私は田舎に住んでいますが、いろいろ仕事があるんです。

逆に都会の方が無いんですよね。

私の知人は大阪に住んでいますが、無いですね。アルバイトか不定期の派遣しか(40代後半の話)。

自分のふるさと、学生時代住んでいた場所、友人の近くなど、身近に感じられる土地は2つや3つ必ずあるでしょう。

そうやって、「無理やり動くこと」はとても大切です。

今いる土地、今いる会社が、あなたのベストな環境では絶対にありません。

動き出すのは大変ですが、100件は応募しましょう!

仕事探しの絶望感を捨てましょう

仕事探しは100件は応募しましょう!と書きました。

これは当たり前ですよ。なんなら100社面接しましょう。環境を変えるためには苦労は必要です。

もし10社くらいの面接を落ちて、面接すら受けてくれない会社も20社なんて思っていたら、まだ30%くらいですね。

もし面接に行って嫌な印象を受けたら、こちらから断ればいいんですから。

タイトルにイージー人生とは書きましたが、会社を見つけるのは難しいです。

難しいというか、数をこなさなければいけません。これは何でも一緒です。

世界の全ての事は、数をこなさなければ良い事は起きないのですが、なぜか転職活動は数が足りない事が多いです。

  • レンタルビデオで、良い作品を見つけるために全部の棚を見る
  • ゲームソフトを、端から端までチェックする
  • 旅行先のお土産屋で、とりあえず店内を一周してみる
  • テレビ番組は、BSを含めて全部チェックする

何をするにしても、良いものを見つけるために、全部見るとか一周してみる事はどこでもやっています。

「仕事とゲームソフトを一緒にするな!」と、今聞こえてきました(笑)。

転職目的で一社訪問するのには、段取りが多くて時間はかかります。

でも、数をこなさなければ良い結果は無いんです。

「俺は100社以上応募したよ!」と思われた方。違う土地でチャレンジしてみてはどうでしょう?

自分のふるさと、学生時代に住んでいた場所、友人の近くなど、まだまだ可能性はたくさんありますよ。

人付き合いが悪いのは人生の失敗ではない

自分は、話すのも不得意だし、気持ち悪いと言われた事もある。喧嘩になったこともしばしば・・・。

なんて、世間一般的には「オタク」なんかのあだ名がつきそうな感じですか?

「友達も少なく、会社でも相手してくれる人も少なく評判が悪い。」

と!、そこまで悪く考えなくても良いですよ。

1、良くなりたい、普通になりたいと思っているなら

私、経験があります。全然女性にモテなかったのです。でも今から考えれば当たり前です。

一言もしゃべれない・そもそもしゃべり方が変・勝手・髪の毛はフケだらけ・爪の垢がたまっている。

という感じでしたね。私の若いころは。

それを、普通というか、私が今の私になるまでには、多分色々合わせて500万円くらい使ったかな?

「え~~!金の話?」と嫌がらないでください。ついでに時間は6年ほど。

要するに、気持ち悪い男だったのが、今の妻に出会いプロポーズしてOK貰うまでに6年かかったという事です。

で、お金の話ですが、500万円の使い道は、外見の維持・服・無数の合コンに参加・男女友達と頻繁に遊ぶ。

だから、捨てたお金じゃないですよ。楽しかったですし。

ただ、持ってないものを得ようとすると、何でもお金と時間が必要です。それは恋愛に関しても同じでしょう。

昔の私は、ゲームやパチンコばかりしていたんですから。

2、今のままで良いと思っている人へ

オタクと呼ばれようが、キモイと言われようが、それで構わないと思っているなら、それもOKです。

友達が少ないのは問題になりません。これだけインターネットが発達しているんです。

  • 分からない事はGoogleに聞けば教えてくれます
  • SNSで仲間とコミニケーション取れます
  • 友達がいないと言っても1人や2人は親友がいるでしょう

それで十分じゃないですか?

会社での評判?喋りや人柄で仕事しているのならば別ですが、気にしない気にしない。

上司には、ちょっとだけ陽気に喋れば万事OKです(笑)。

ただ、下手でも構わないので、最低限のコミニケーションは取った方が良いと思います。

  • 仕事の引継ぎ、報連相
  • 忘年会や新年会の参加
  • 上司や同僚とのちょっとした会話

最低限で良いんです。好きでもない人との人付き合いなんて。

sponsored links