節約を毎月毎月頑張っているのに、月末に残高を見たら全然増えてないなんて言う事はありませんか?

sponsored links

なんでお金が増えないんだろう?これは誰でも感じている疑問だと思います。

今回は、私が実践している節約をずっと継続できる、一番の方法をお教えいたします。

節約をず~~っと継続させる一番の方法

その方法は、毎月の出費の計画や金額を決めて、その通りに生活をするという事です。

大切な事は、1か月で10万円と決めたら、何があっても10万円以上使わないという事です。

当たり前じゃないか?と思われたかもしれませんが、実際やってみると、結構難しい事に気づかされれるかもしれません。

計画通りにお金を使っていく基本説明

私の場合、次のような計画を立てて生活しています。

  • 食費:40,000円
  • 電気・水道:23,000円
  • 通信費:12,100円
  • 小遣い:20,000円(2人で)
  • 娯楽費:60,000円(その他全て)

です。私の場合、家のローンや車のローンは全く発生しません。

私は家族3人(私、妻、子供)で、毎月135,100円で生活してます。

でも計画にない出費がたくさんある場合どうするか?

やむを得ない出費ってありますよね。

例えば「病気」。子供は1回500円なのでそれほど大きな出費ではありませんが、大人は数千円が普通ですよね。

更に、電気代が考えていたより高かったとか、クレジットカードの支払金額が高かったとか。

友人からの誘いも臨時出費です。もちろん楽しいですけど、ちょっと飲み行けば5~6,000円は必要ですよね。

そんな時にどうするか?

もちろん、他を削ります。私の毎月の支出計画は、

  • 食費:40,000円
  • 電気・水道:23,000円
  • 通信費:12,100円
  • 小遣い:20,000円(2人で)
  • 娯楽費:60,000円(その他全て)

となっていますので、例えば「病院の出費」があった場合。娯楽費の60,000円から出します。

当然、その分だけ遊びに使えるお金は減りますが仕方ありません

「友人からの誘い」は、小遣いから出すか、妻に懇願して家族の娯楽費を削ります。

満足のいく生活ではなく満足のいく貯蓄のため

あなたが節約をしたい・しなければいけないとすれば、何が目的・原因でしょうか?

それは、貯金がしたいか借金をしないためではないでしょうか?

  • 「私の給料では、もっと生活を切り詰めていかないと将来が不安だ・・・。」
  • 「来年こそ、海外旅行に行きたいので貯金をするぞ!」
  • 「だんだん、貯蓄が減ってきている。大丈夫だろうか?」

色んな希望・不安があると思いますが、簡単な話、お金が無ければ生活できません。

満足の行く生活ではなく、まずは貯蓄優先か、金額優先で生活をするという思考の逆転が必要です。

まずは毎月の支出計画を立てることが必要です

毎月計画通りにお金を使っていくためには、毎月の計画を立てることが必要です。

では、どの程度の計画を立てる必要があるか?ですが、最初は難しいですよね。

出費の項目は色々ありますので、下記を参考にしてみてください。

  1. 食費
  2. 水道光熱費
  3. 通信費
  4. 小遣い
  5. 貯蓄(家、教育、老後)
  6. 返済
  7. 娯楽費(その他)
  8. 教育費(子育て費用)
  9. 車関係
  10. 保険関係

で、毎月変化があったり赤字が出る可能性のある出費と言えば、

  1. 食費
  2. 水道光熱費
  3. 通信費
  4. 小遣い
  5. 娯楽費

の5つの項目だと思います。この5項目で1か月の出費額を決めてみてください

sponsored links

出費計画はどの程度の正確さが必要か?

私は、「生涯家計簿」というものを作成しています。そこから逆算して1か月の出費額を決めています。

でも、最初から大きな計画を立てるのは難しいです。

まずは、大まかな計画でスタートしてみてください

  • 食費:40,000円
  • 水道光熱費:23,000円
  • 通信費:12,100円
  • 小遣い:20,000円
  • 娯楽費(その他全て):60,000円

合計で135,100円とします。娯楽費はその他の費用という事で、基本あまり使わないお金という位置づけが良いと思います。

それで、例えば食費ならば、絶対に40,000円以上使わないと決めるのです。

もし月末になって食費がオーバーしそうなら、もやしだけで我慢して乗り切ります(笑)。それくらいの覚悟でやりましょう。

小遣いも無くなったら、飲みに行かないし、雑誌も買いません。

出費計画は、毎月・毎年精度を上げていくのです

最初は荒い出費計画でスタートして、毎月・毎年どんどん精度を上げていってください

出費を意識しだすと、どこにどれくらいのお金が必要かが分かってきます。

その為に、家計簿を書くのも良い方法です。

例えば出費に関してこんな事が分かってきます。

  • 電気ガス代は、春秋と夏冬では2~3倍支出が変わってくる
  • 食費には雑費が含まれるので注意(サランラップとか)
  • 衣服や下着の費用はどうしよう?(私は娯楽費にしている)
  • 年末年始、盆正月は小遣いが厳しい
  • 誕生日、クリスマスなどの出費は大きい

そのような細かいことが分かってきますので、それを計画に盛り込むと、計画自体が精度が上がり無理のないものになっていきます。

支出を減らしたい、貯金を増やすための支出計画

支出をもっと減らしたい、貯金をもっと増やしたいという計画を立てるためには、先ほど紹介した支出計画の精度をどんどん上げていってください

毎月10万円貯金したいから、今月から5万円だけで生活するぞ!!と意気込んでも多分無理です。

貯金を増やしたいとか節約をしたいというのは、多分何十年も続くものではないでしょうか?

無理なく生活するために、じゃあ5万円で生活できる根拠というか実績が必要です。

  • 家賃:0円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 車:2,000円(原チャリ)
  • 食費:20,000円
  • 通信費:6,000円
  • その他費用:7,500円
  • 貯金:100,000円

これで、生活費5万円、貯金10万円となります。実際にこのような生活が出来るかどうかは、人によって違います。

このような生活が出来るのか?毎月・毎年計画の修正と改善が必要です。

無理のない生活と貯金のために節約の工夫をしてください

節約というと、どうしても「ガマン」とか「ひもじい」という印象はありませんか?

それは、「ガマン」や「ひもじい」節約方法を想像したり実践しているからでしょう。

でも実は、節約にはいろんな方法があります。その中には全く苦労せずに出来る節約だってたくさんあるのです

  1. 蛍光灯をLEDに替える
  2. クレジットカーのポイント活用する
  3. ふるさと納税をする
  4. 会社の財形制度(奨励金)を利用する
  5. 報酬月額を調整して税金を安くする
  6. MVNOに乗り換える
  7. 自分で車検に出す
  8. 休日は自然の中で過ごす

などなどです。どうですか?1~6番までは、一度やってしまえば自動で節約できます。

7番は2年に一回、8番は趣味ですから苦労も要らないでしょう。

私は、この節約を中心に、その他色々組み合わせて、数年前より100万円程度の節約に成功しています。

詳しくは、私のブログを読んで頂けたらと思います。

sponsored links