パレートの法則をご存知ですか?いわゆる80:20の法則です。

sponsored links

富みの80%は20%の人に集中するとか、会社の利益の80%は20%の従業員が稼いでいるとかです。

もちろん、あなたも20%の方に入りたいですよね。

ではなぜ、20%に集中するのでしょうか?その真意がわかったような気がします。

組織は20%の人しか生かせない環境を作っている

会社にパレートの法則を当てはめると、以下のようなことが言われています。

  • 会社の利益の80%は20%の従業員が生む
  • 業務の80%は20%の時間から生み出される
  • 働き者は20%、怠け者が80%

などです。

私は、ある時ふと思いました。「私は、昔いた場所では活躍していたと思う。でも今の部署ではそうでもない・・・。」

「こうじゃないとお前の存在を認めない。」

組織には独特な考え方があるため(社風ともいう)、その組織で生き生きと出来るのは20%の人くらいなものなのでしょう。

ある会社の組織は、5人一組の小グループで働き、業績を著しくアップさせていると聞きましたが、

多分、5人の小グループで、可能な限り個性を認めるという事だと思います。

日本の会社では、逆に一致団結みたいな風潮があるため、80%の従業員はその一致団結に馴染めないのだと思います。

馴染めない会社で馴染むためには?

とは言え、馴染めない=給料が上がらないでは悲しいですよね。評価もされないわけで出世も出来ません。

どうやったら、20%の中に入れるのか?妙案があった方が良いですよね。

あります!

それは、パレートの法則をしっかりと理解するのです。80%:20%でしたよね。

これは、どんな事にも当てはまると聞いたことがあります。

ならば、こんな事も当てはまるでしょう。

  • 自分が好きな仕事は、会社全体の20%しかない
  • 自分が好きな人は、会社全体の20%しかいない
  • 自分が馴染む規則や制度は、全体の20%だけだ
  • 自分が好きな上司は、全体の20%に過ぎない

です。とにかく、自分中心に会社の色んな事を評価してみましょう!

sponsored links

自分の好きな基準で仕事を選んでいいんです!

さて、会社の評価は終わりましたか?

とは言え、評価するときに気を付けてくださいね。楽して金儲けをしたいなどはダメですよ。

自分が生き生きと仕事が出来そうな基準で考えてください。

そうやって、好きな仕事、好きな人、好きな制度、好きな上司!

答えは出ましたね。そこに部署移動してください!

ワクワクしてきませんか?自分が活躍できる場所が、まだこんな会社にもあったのです!

とは言え、 

  • 何でもかんでも自分に合うように都合良くいかない
  • 部署移動なんて認められない

確かにそうです。しかし、これこそが会社でのパレートの法則、80:20の法則だと思うのです。

優秀な20%に入るのには、嫌な仕事、嫌な上司、嫌な同僚に囲まれて出来るはずが無いんです。

「世の中そんなもんだよ。」

違います!言い方を変えると、評価されている人間は自分勝手なんです!

もう一回言いますけど、自分が活躍したいというのが前提です。楽をしたいというのとは違います。

そうやって、自分の活躍の場所を確保する事が、会社で20%の人になれる秘策だと思います。

会社の20%の人は自分勝手な人たち

自分の活躍できる場所がどうやったら確保できるのか?

やっぱり、職場のヒエラルキー(階級)もあるし、先輩や上司を出し抜くと目を付けられそうだし。

まあ、確かに悩みは尽きませんが、先ほど言ったように、出来る人は自分勝手なんです。

会社のありとあらゆる活躍できそうな制度を利用しましょう。

  • 新規プロジェクトを立ち上げる。または、参加する
  • 好きな上司の部署に配置転換をお願いする
  • 好きな同僚がいる場所に配置転換をお願いする

そんな勝手が許されるの??

どうせ、嫌になっている会社でしょ?別に良いんじゃないですか?どうせ評価もされないわけですし。

会社というのは、何年も何十年も存続していれば、立派なシステムや立派な人は必ずいます。

その立派に相乗りできれば、あなたも20%の仲間入りです。

sponsored links