パレートの法則とうのは、80:20の法則と言われます。

sponsored links
sponsored links

富みの80%は20%の人に集中するというのが有名な説ですが、事実のようです。

もちろん、誰もが20%の方に入りたいですよね。

ではなぜ、20%に集中するのでしょうか?なぜ、私たちは残りの80%の方なのでしょうか?

その真意がわかったような気がします。

80%の人が貧乏なのはお金を使うからです

なぜ私たちが、その他80%の貧乏人なのか?の理由は簡単です。お金を使ってしまうからです。

「お金を使わなかったら裕福なれるのか?!」

少なくとも貧乏にはなりません。サラリーマンの生涯年収は、2億とも、2億5千万とも言われていますよね。

誰もが億万長者ですよね。

「バカな。使わないなんて、生きていけないじゃないか?!」

確かに。では、人生20歳~80歳で2億円稼げるとして、月10万円だけ使うとします。

60年間で使うお金は7,200万円です。1億2800万円の黒字です。

誰もが億万長者です。もうちょっと使っても1億円は残りますね。

普通の会社員でも億万長者になれるのですが…

「月10万円だけなんて無理だ!」と思われたかもしれません。

細かく計算すと、1億円残そうと思えば、もう少し13万8888円までなら使えます。

「それも無理!」と今聞こえてきましたが(笑)、お金を残そうと思えば、13万8888円以上は使わない事です。

私は、この発想が非常に大切だと思います。

お金は使ったら無くなります。当たり前。「でも、物が残るじゃないか!」

しかし、残った物に使ったお金以上の価値は無いですよね。

結局、お金が無くなっているんです。稼いだお金がドンドン逃げて行っているんですね。

あなたから逃げていったお金は、おなたが労働で得た大変苦労したお金です。どこに逃げたんでしょうか?

もう、そのお金は返ってきませんね。片道切符で送り出してしまったんです。

あなたから逃げていったお金は、大変な旅をします。

ブランドのお店→ブランドの会社→ブランドのオーナー→ブランドの株主→もっと大きな会社→もっと大きな会社の株主・・・・・

こんなに遠くに行ってしまうんです。絶対にあなたの元へは帰って来ません。

お金持ちになるには、やっぱり使わない事

でも、私たちはどうすればいいのか?

sponsored links

そんなお金持ちでもないので、稼いだ額の大半は生活必需品に消えていくし・・・。

やっぱり、使わない事です。

私は、ここ3~4年の節約の効果が大きく、1,600万円くらい貯金が出来ました。

そのうち800万円を投資に出しています。

なぜ出せたか?

現時点での話しですが、生活に余裕があるからです。収入と支出のバランスで、圧倒的に収入が上回っているからです。

しかも、もしその800万円が無くなったとしても、それでも生活は苦しくなりません。

しかし、私も5年くらい前は全然余裕がありませんでした。

その時は、投資にお金を回そうなどという発想はありませんでしたが、

私の頭の中を整理すると、次のように変化していったのです。

  1. 節約を頑張り貯金が増える
  2. お金が沢山になってきたので、何をしようかと思うようになる
  3. 友人が有益な仕事を始めようとしている
  4. 友人に投資する

という流れになりました。

3番の友人からの情報は、たとえお金が無くても入って来たかもしれません。

でも、お金が無ければ4番の投資は出来なかったのです。

普通の人が20%の仲間入りするのは簡単です

私の知人に、プチ投資家がいます。

余ったお金で、株をしたり、自分の会社を作ってみたりしています。

余裕の資金を使っているので、生活には困っていません。

もう十年以上も株を買い増したり、会社の運営を続けてきた結果、年間で200万円程度の副収入があるみたいです。

逆の見方をすれば、10年で200万円か。何億円も稼いでいる投資家に比べるとショボいな。

かもしれません。でも、彼は本当に0から始めたんです。

大学を卒業して、就職して15年経ちました。そして、仕事以外にプラス200万円です。

彼のサラリーマンとしての収入は600万円程度と聞いています。手取りとしては450万円くらいでしょうか?

何もしなければ450万円、株や会社をして650万円です。この差を作った人物は普通の人間です。

パレートの法則は、80:20の法則と言われています。

その20%の人間になれるかなれないかは、チョットした節約から生まれた余剰資金から始まっているのです。

sponsored links