sponsored links

世の中は景気が良いのに、自分には何の恩恵もない、給料が増えていないと言う人も多くいます。

そんな人が陥っている罠についてお話ししたいと思います。

好景気なのに自分は不景気な理由

神は細部に宿る」とは、アップルの創業者であるスティーブジョブズの有名な言葉です。

重要なのは、具体的な事や各論なのです。

だから、世の中の景気が良ければ自分も良くなるは間違い。

自分はどう動くべきか?どう考えるべきか?を、自分自身で考える必要があります。

・給料が上がらないのなら転職する
・転職できないのなら副業を始める
・副業が難しいなら本を買って勉強してみる
・何をしていいのか分からないのなら友人に聞いてみる

要は、好景気のビッグウェーブに乗るには、自分の行動力で乗らなければいけないのです。

誰かが自動的に、あなたを儲けさせてくれるわけではありません。

義理や人情で立ち止まっていては好機を逃します

義理とか人情とか言ってて、好機を逃すことも多くあります。

今の会社にはお世話になっているからとか、先輩や後輩に申し訳ないからと言う理由で会社を辞めない。

しかし、それで給料が増えない・貧乏なままだとすれば、それで先輩や後輩が面倒見てくれるでしょうか?

結局、お金や豊かな生活は自分で切り開いていくしかないのです。

逆の見方をすれば、あなたは、恵まれないアフリカの子供や路上生活をしている人たちにいくら寄付をしましたか?

チャンスを見つけてステップアップするのは当たり前です。お世話になった人たちへの恩返しは、別の形ででも出来ます。

35歳以上には厳しい世の中だがチャンスはあります

残念ながら、転職のチャンスは無くなっている人もいます。

35歳を過ぎた人は転職は難しく、出来たとしても労働条件は悪くなる可能性が高いです。

だからと言って、全部のチャンスが無くなっているかと言えば違います。

副業や投資、独立というチャンスは残されています。

しかし、副業や投資をするには勉強が必要です。何もしないで転がり込んでは絶対に来ません。

若くない分、自分自身で一層の努力を求められます。

本当に成功する人は1%です。残りの99%の人は今のままの収入に甘んじるのです。

なぜ、1%しか成功しないのでしょう?

原因は色々あると思いますが、やっぱり努力が足りないという事でしょう。

ちょっと調べれば情報はザックザク出てきます

どのような年代であれ、好景気などの時代の波に乗るのには、自分自身での努力は必須です。

sponsored links

流れに乗ったり成功するために、具体的に何をすればいいのでしょうか?

実は簡単です。

今の時代は、超~情報社会です。情報はあふれかえっています。

ちょっと調べてみれば、自分に必要な情報なんてザックザク出てきます。

もし、少しだけ好奇心があり、自分が調べたいと思えば、本質的な情報はいくらでもあります。

しかも、無料で有用な情報がいっぱいです。

好奇心が無いうちは、それが見えないだけなのです。他の人には見えています。

見えないうちは、悲しいですがドンドン置いていかれています。

しかし、遅いという時期はありません。自分が気付いた時から始めても完璧に間に合います。

その情報を繋ぎ合わせると、自分自身の進むべき道が見えてくるのです。

好景気なのに、自分には恩恵が無いと思っているならば、次の行動を起こしてください。

少しの好奇心を持って調べてみる

です。

私のヤル気スイッチが再度ONになったきっかけ

では、具体的にどのように調べていけばいいか?を書きます。

私のやる気スイッチが再度ONになったやり方をご紹介します。

私の問題:
1.ブログを書いているが、仕事との両立が出来ず記事数が少ない
2.ブログネタが思いつかない
3.ブログでの利益が出ない

です。ブログを始めて2年くらい経過しましたが、始めて6か月ほどで息切れしてました。

仕事との両立が出来ないのです。毎日仕事で12時間ほど拘束され、残業なら帰って寝るだけの日も多い。

土日は家族とお出かけもあり、いったい、いつブログを書けばいいのか??

私の解決:

1.ブログを書くのが嫌になったので、暇つぶしに、有名なブロガーの記事を読んでみた
2.今まで気づかなかったが、彼らはブログのノウハウを多く公開していた
3.ノウハウの一部は、精神的な強さを保つ方法もあった
4.もちろん、具体的なブログの書き方も多く公開していた
5.自分なりに心が整理され、書く事への抵抗が無くなった
6.もっと正直に言えば、私の未来がぼんやり見え始めた

最後の6番が大きいですね。自分の心の支えになっています。

どういう事かと言えば、ブログって100記事や200記事くらいではほとんど利益にならないんですね。

それは最初に分かっていたんですが、納得出来来ませんでした。

でも、先人たちも同じ苦労をしていました。誰でも最初の2~3年は大変な時期があると分かったのです。

そして、その先には明るい未来の可能性があると、ぼんやり見えたのです。

 こんな事に気づけたのは、私のちょっとした好奇心でした。

ブログを書くのが嫌になっていましたが、それでも諦めきれず、

「どうせ書かないなら、何か暇つぶしに見てみよう・調べてみよう」

と思ったのです。たったそれだけです。

成功するとかとは次元が違いますが、また書き始めることが出来たのは大きい変化だったと思います。

sponsored links