残業を増やしましょうとか、資格を取って手当を貰いましょうではないです。

sponsored links

そういう努力は不要です。

ほんとに、現状のままで年収がプラス100,000円増える方法があるんです。

人によって、ちょっと届かない人もいると思いますが、それでも数万円は確実にアップします。

今回は、その方法についてお伝えします。

年収が簡単に10万円ポンっとアップする

年収をほんとに簡単に、10万円ポンっとアップさせる方法があります。

会社員なら、どなたでも一緒の方法です。もちろん公務員の方でも出来ます。

その方法とは、「報酬月額を下げる」と、「ふるさと納税をする」という2つの組み合わせです。

報酬月額を下げる事で11万円年収アップ

報酬月額を下げる:

聞きなれない言葉かもしれませんが、会社員や公務員であるならば、給料から「厚生年金料」と「健康保険料」が引かれていますよね。

この金額は何を基準に決められているのか?と言いますと、「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」で決められているのです。

健康保険・厚生年金保険の保険料額表をご覧ください。

この表の金額と、あなたの4・5・6月の給料の総支給額の3か月平均金額を比べてください。

それが、あなたの支払う健康保険・厚生年金保険の金額になっているはずです。

重要なポイントは、毎月支払っている健康保険・厚生年金保険の金額は、原則4・5・6月の給料で決まるという点です。

という事は、4・5・6月の給料を何とかして低く抑えることが出来れば、年間の保険料金の支払いが少なくて済むという事です。

例えば私の場合、残業も含めて月平均は450,000円位です。それを、4・5・6月だけは395,000円未満に抑えるのです。

そうすれば、本当ならば支払っている

  • 健康保険料:25,828円→22,306円
  • 厚生年金料:40,260円→34,770円

になります。これは1か月の支払いでの差です。たった1か月で9,012円も違いが出てきます。

1年間だと、なんと108,144円も違ってくるのです。

ちょっと、複雑ですか?

簡単にまとめると、

  • 4・5・6月の給料は低く抑える
  • 7月~は普通に残業とかして普通に戻す

です。

これで、私の場合、年収としての手取りが約11万円アップしてます。

sponsored links

参考に私のブログ「同じように仕事しても会社の給料が年間で5~6万円変わってくる」もご覧ください。

定番のふるさと納税は最強の節税

ふるさと納税:

あなたも、ふるさと納税はご存知だと思います。

ふるさと納税を簡単に言うと次のようになります

  • 前払いで、あなたの好きな市町村に寄付をします。10万円とかを、例えばクレカ払いで。
  • 翌年の6月から、12カ月払いで寄付した金額相当分の地方税が減額されます。
  • でも、お礼の品はゲットできています。

という事です。

例えば、10万円好きな市町村に寄付しますよね。

で、本当に寄付だけで、何も見返りは不要と言う選択も出来るんですよ。

保健所に送られた犬猫を助ける為に、私の寄付を使ってくださいという選択も出来る。

でも、申しわけない。私もそうですが、そうでは無くてお礼の品が欲しい。

別にそれでいいと思いますが、それが自分の利益になる。

これが、ふるさと納税です。湧いた話のようですが、私は今年、12万円寄付して、6万円相当のお礼の品を頂きました。

詳しくは、私のブログ「ふるさと納税のやり方が分からない人へ。初歩の初歩をお伝えします」「ふるさと納税の方法を詳しく教えます。全国から宝物を見つける楽しさ!」をご覧ください。

楽して金儲けの何が悪い?合法ですけど?

私は、今回紹介した2つの事、「報酬月額を下げる」と「ふるさと納税をする」を、会社で話をする人のほとんどに紹介しています。

でも不思議な事に、あまり積極的ではないんですよね。年間で18万円ほど得をするのに。

確かに、私も数年前までは積極的ではありませんでした。

日本人って奥ゆかしいんですよね。楽して金儲けは人の道に反するというか、清いお金を好むというか。

って言うか、今回紹介した2つの方法は、どっちも合法ですから!

年間で10万円以上も得をするんですよ。誰にも迷惑をかけいていない。

国に迷惑をかけている??・・・バカな!!!

あなたが新たに得るであろう10万円は、貯金すれば銀行が喜び、使えばお店が喜びます。

ましてや、自分が一番喜びを感じられるはずです。その喜びや満足で、更に頑張って仕事に励む。

そうして翌年には、更に多くの税金を納税する。というストーリーもあると思います。

国も、そっちの方が嬉しいでしょう。

楽して10万円!是非実践してみてください。

sponsored links