前回の投稿で、「これが出来れば節約は完璧で貯金もたまりますトップ5」をご紹介しましたが、その続きで第6位~10位をご紹介します。

節約と言うと「何から何まで我慢しなければいけない」と思うかもしれませんが、ここに挙げた事が出来たら、節約に大きな効果があります。

ただし、実践するには難しい事もあるし、その全てを行うことはできないと思います。

誰もが「節約しても楽にならない」「お金がたまらない」と感じているのは、ここに書いた事が出来ていないのに、他で何とか頑張ろうとしているからです。

大変ですけれど、もし成功すれば、その他の節約はそんなに気にしなくても、かなり家計が楽になります。

それでは「これができれば節約は完璧で、貯金もたくさん貯まります 6~10位」をご紹介します。

sponsored links

大きな節約が実現する6~10位の発表 第6位:友達付き合いを考える

友人というのは大切なものです。ただし、はっきり言って自分にとって害のある人もいます。無理して付き合っている、または、昔からの仲間なので断りにくい関係もあると思います。

しかし、中学生や高校生ではなく、社会人として大人になったのですから、友達関係も大人の付き合いをする必要がると思います。

私の場合、深く交友のある人は2人しかいません。多いとか少ないは問題ではなく、必要な人間とだけ交流を持ちたいと考えています。別の言い方をすれば、遊びだけの友達は要りません。

仕事で疲れて一杯飲みに行きたいとき、気心の知れた友人と一緒に行くことは重要だと思います。

ただし、「発散しただけのお酒なら意味はない」と思います。多分次回も発散しただけのお酒になります。

更に、人によっては面倒な友人を抱えていることがあります。以下に挙げる関係の友人はいないでしょうか?

  1. 外出するとき、あなたにばかり車を出させて、ガソリン代も払わない人。
  2. あなたの誘いは断るのに、自分の誘いばかり優先してくる人
  3. 3~4人集まれば、あなたを笑いものにして楽しむ人たち
  4. あなたの話は否定ばかりして、自分の話を否定したら怒る人。それが常態化している関係
  5. 他の友達にはしない嫌がらせや嘘を、あなたにだけしてくる。

どうでしょう?この全てではないにしても、いくつか当てはまる関係の人はいましたか?

もし1つでも当てはまれば、ダメというわけではありませんが、それは対等な関係ではありません。あなたは使われているとも言いますし、利用されているのです。

もちろん、その逆もあると思いますので、十分に自分の言動・行動には注意してください。

大きな節約の実現 第7位:外食は計画的に行いましょう。出来たら何気ない外食はやめましょう

私が家計簿を付けていて、ものすごい金額だなとびっくりしたのが、外でする食事代です。例えば、家族3人で外食すると3,000円位は必要ですよね。

月に1回ならまだしも、週に1回外食すると月に12,000円必要になります。それに、ある休日に1日遊園地に出かけることもあると思います。例えば、USJに出かけたとしましょう。

せっかくUSJに出かけるのですから、当然、朝早くから閉園までいたいと思います。朝から夜まで遊んで、家族3人で飲食代にかかった金額はどれくらいになるのでしょうか?

  • コンビニで買った朝ごはん:1,200円
  • 園内で食べた昼食:    4,600円
  • 園内で買ったジュース・ビール:2,000円
  • 園内で食べた夕食:    5,600円
  • 園内で食べたお菓子類:  1,000円
  • 帰りに買った夜食:    1,000円
  •      合計:    15,400円

1日遊んで大満足ですが、飲食にかかるお金というのは大変な金額です。出来れば、普段はあまり外食しないほうがいいと思います。

大きな節約の実現  第8位:面子という名の高級志向。旅行に行くのにJALは必要か?

私は旅行が大好きです。必ず年に一回は行きたいと思っています。

以前は旅行するお金を貯めるのが大変でしたが、最近は節約が色々成功しているのと、旅行そのものもかなり節約できているので、毎年行くことが出来ます。

そんな旅行の話を、知人にした時の事を書きます。

sponsored links

私は、沖縄に行ったことがありました。ハイシーズンを避けて行ったこともあり安く済みました。

何よりLCCであるピーチ航空を利用した事が、旅行を安くできた最大の要因です。

私は「LCCは安くてよいよ。2時間くらいのフライトなら、席が狭いなんて気にならないね」と言うと、知人は「ピーチなんて恥ずかしい。俺はJALしか乗らない」と言ったのです。

「恥ずかしい」と言った知人の気持ちは、私も理解はできます。ブランド志向というやつです。

JALに限らず、様々なシーンでブランド志向はあります。しかし、このブランド志向は、節約をしていく上では本当に邪魔な存在です。

自分の中にある面子というものが、いかに無駄使いをさせているのか肝に銘じる必要があります。

JALが悪いと言っているわけではありません。実は私もJALに乗りたいです。しかし乗りません。なぜならば「身の丈に応じたお金の使い方」をすると心に誓っているからです。

*ツアーに申し込んだり、行先や時期によって、必ずしもJALが高いとは限りません。

sponsored links

ブランド志向は、一言でいうと「人に良く思われたい」という気持ちの表れだと思います。

しかし大半の人は、お金持ちではありません。それなのに何十万円もする服を着たり、高い航空会社を選ぶのは、他人に対する面子でしょう。

「ピーチ航空なんて恥ずかしい」と思うのは、別の見方をすれば、その事を言ってくる人が、あなたの周りにいるからではないでしょうか?

第6位の「友達付き合いを考える」で書きましたが、あなたの節約の邪魔をする強敵が友人です。もし、あなたの節約を否定してくるなら、あなたに多くのお金を使わせる人たちです。

普段は気が合う仲の良い人でも、お金の話になると価値観が全然違う事が多いです。

第6位では悪い友人だけを例にとって書きましたが、ここでは良い友人も含めて、お金の話をあまりしないほうが自分の節約には役に立つでしょう。

大きな節約の実現  第9位:時間がない。特に休日に時間が無いとはどういうことなのか?

私は節約のため、遊びに行くときに高速道路をほとんど利用しません。地方暮らしのため、高速道路を利用して往復すると5,000円は必要だからです。

そのかわり1時間で行ける場所も2時間半かかったりします。しかし休日ですし、朝早く起きればいいだけのことですし、夜も帰ってすぐ寝れば明日に響くことはありません。

しかし、多くの人は「時間がもったいない」と言います。2時間半も運転が疲れるというのは分かります。しかし、時間がもったいないとか、時間が無いというのは理解できません。

休日なのになぜ時間を気にするのか?  理由は2つだと思います。

  1. 世間の常識で判断している
  2. 自分は忙しい人間であると勘違いしている

節約で大切なのは、この2つの事を捨てることです。周りが何と言おうが関係ありません。常識だと言っている人は、十分な生活力がある人ですか?高速道路を使用するのは当たり前だと言っている人は、節約の名人でしょうか?

また、あなたが忙しい休日を送っている事こそ問題があります。多分、忙しいと勘違いしているだけです。

大きな節約の実現  第10位:他人に親切にしない事を心がける。八方美人は貧乏へまっしぐら

大切な友人や尊敬する人に対しては、全力で親切な対応を心掛けましょう。しかし、普通の付き合いの人にまで親切にする必要はありません。

例えば、遊びに行く時にいつも自分の車を出したり、送ってあげたりする必要はありません。飲み会の時に、少し多めに出すのもやめたほうがいいです。私の経験では、八方美人は100%利用されています。

節約で大切なのは人との付き合い方。他人の事より自分を大切にしてください

別の投稿で書いた「これができれば節約は完璧で 貯金もたくさん貯まります トップ5」に比べて、人との関わりが多く出てきた6~10位でしたが、私は節約を試行錯誤してきて分かったのが、いかに、他人が自分の節約の邪魔をしているのかです。

彼らは嫌がらせで言っているのではありません。彼らは世間の常識でものを言い、「もっと使いなさい、それは必要です」と言っています。そして彼らは、お金に困っているのです。

節約の道は、世間の常識とは違うことをする事です。それは、他人の言うことを聞かない、別の行動をするということになります。

最初は、疎外感のようなものがあるかもしれません。

しかし、私の別の投稿で書いた「生涯にわたる家計簿」では、多くの人は、自分の人生の途中でお金が無くなります。いかに世間の「常識とは非常識なものだ」と分かれば、節約は楽しいものです。

sponsored links