sponsored links

ボーナスは全額貯金してください。または、毎月それ相当の金額分は貯金してください。

sponsored links
sponsored links

もしボーナスを当てにして普段の生活を送っていたら、とんでもない事になるかもしれませんよ。

ボーナスは全部貯金してください

私は中年サラリーマンです。40代中盤から本格的に貯金を始めました。

この先毎年、平均で200万円以上の貯金をずーっと続けるする予定です。

60歳の定年くらいに、退職金や保険の満期なども含めて5,600万円の貯金を達成するつもりです。

なぜか?老後破産が待っているからです!

私の家庭構成の場合ですが、5,000万円以下で老後に突入すると確実に破産すると思っています!

私の作った生涯家計簿をご覧ください。

妻が若いため、私よりずっと長生きするでしょうから、退職後の人生と言うのが35年ほどもあるのです。

しかし、老後の頼みである年金は月7万円ほどに見積もっています。

低く見積もりすぎかもしれませんね。逆の言い方をすると、7万円しか貰えなくても大丈夫だとも言えます。

あなたはボーナスをいくらもらっていますか?一年間で100万円くらいですか?60万円くらいですか?

それくらいのお金は貯金しましょう。20年とか30年間。

そうして、貯金2,000~3,000万円と退職金や保険の払い戻しを入れて、安心な老後を迎えてください。

全額貯金のために節約に励んでください

毎月の生活が苦しくて、ボーナス全額の貯金なんて無理だ!と思われるかもしれません。

もちろん、私も最初から何百万円も貯金できていたわけではありません。

何年もかけて意識改革と実生活の改良を行ってきた積み重ねです。

 

その方法は節約です。

 

お金がギリギリで貯金なんて無理!と思われているかもしれません。

でも私から見ると、他の人って本当に無駄使いが多いんですよね。

いくらでも節約が出来そうです。

 

正月のアウトレットなどで、両手いっぱいに福袋や買い物袋を持っている人を見ると「バカだなあ」と思います。

私たち家族なんて手ぶらですよ。それこそ、「あの家族手ぶらで何しに来たの?バカだなあ」と思われているでしょうね。

年金を当てにしていると痛い目にあう

年金を当てにしていると痛い目に遭う可能性が高いです。

年金の基本的な制度知ってます?

今払っている国民年金や厚生年金料は、あなたが将来貰うために積み立てているわけではないですよ。

あなたが支払っているお金は、今の老人のために使われています。 

???じゃあ、私達の分は?

将来の若者が支払ってくれるはずです。と言う制度なんですね。

私が65歳以上になる付近の2035年は、労働人口(20~64歳)は5,900万人、65歳以上人口は3,740万人です。

1.5人の若者で1人の老人の年金を支えられる?訳ないですよね。

だから、毎年送られてくる年金定期便に記載されている額は貰えるはずはないでしょう。

全く貰えないという事は無いでしょうが、老夫婦で月7万円くらいじゃないでしょうか?

70歳現役説のウソ

仕方ない、老後も働くか。70歳現役説も出てきているし。

政府も70歳まで元気で働いてくださいみたいな事言っていますが、これも甘いですよ。

今は60歳の定年後も、自分が希望すれば65歳までの雇用延長が出来ます。それが70歳まで延長されるのでしょうか?

それも景気が良ければです。

もし運よく雇用延長されても、景気が悪くなれば一発でリストラですよ。

リストラ後の再就職は絶望的でしょう。

しかも元気に働けたらの話です。腰が痛い・力が無いとかで適正な給料は貰えないでしょう。

政府はもう金がない!と言っています

70歳まで働けとか、副業うんぬんと政府が言っている真実には「もう払える金がない!」のです。

会社も保証しません。副業も老後を安定させる金額を稼ぐのは至難です。

 

でも最後は国が保証してくれる、会社がダメでもどこかに働き口はあるだろうと思っていませんか?

 

保証も働き口もあるかもしれませんが恐らく超少額ですよ。

 

その超小額に合わせて生活するんですよ。どんな生活になるんですかね?

現役時代に比べれば確実に貧相になるでしょうね。

しかも老後って65歳から20年かそれ以上もあるんです。貧相な生活が20年以上も続く。嫌になりませんか?

 

政府に金がない、企業も給料出さない、何にも出ない。

「ボーナスを全額貯金せよに隠された真実」。それは、明るくないであろう未来への覚悟の証なのです。

sponsored links