出かける時に家から持っていくと、無駄なお金を使わずに、節約につながるものランキングトップ18を発表します。

この18個のアイテムは、出かける時に一緒に持って行けば、かなりのお金が節約できると思います。

本当は、たくさん考えてトップ20にしたかったのですが、どうしても18個以上ありませんでした。

この18個は小さいものばかりです。出かけるときに特別にカバンの中に入れるのではなく、常にカバンの中に入れておいてください。

そうすれば、いざというときに役に立ち、あって良かったと思えるものばかりです。

sponsored links

お出かけのお供1位~5位で3,400円節約

第1位:飲み物類は家族全員分で1,000円節約

コーヒー・お茶・水を、使用済みのペットボトルか、水筒に入れて持っていけば節約になります。

外でジュースを買うと、1本150~ 160円しますので、家族全員分で1回で500円とか、夏場には1,000円くらいのお金がかかりますが、それが丸ごと節約できます。私の場合、夏場はクーラーボックスに5~6本入れていきます。

第2位:朝食をコンビニで買わないことで1,000円節約

朝早く出かけることもあると思いますが、そういう時は、朝起きるのも大変なので、朝食はコンビニのおにぎりで済まそうと考えるのではないでしょうか?

家族分コンビニで買えば、700~1,000円位は必要だと思います。それを節約するために、家で作った朝食を持っていくと、大きな節約が出来ます。

出来れば、ご飯ものがいいと思いますが、食パンに砂糖やバターを塗ったものと、果物を持っていくことで、充実した朝食にすることが可能です。

第3位:髪をくくる紐は女の子供さん用で200円節約

女の子のお子さんをお持ちの方なら、良くあることだと思いますが、家から出発して間もなくすると、子供の髪を括る紐がないことに気づきます。

子供も「ほしい、ほしい!」と連呼していますし、近くのコンビニで買う事になるのですが、安くて200円とか、300円も必要になってきます。忘れずにカバンの中に入れておきたいものです。

第4位:絆創膏 子供が転んで焦りました200円節約

お子さんが走り回って、転んでしまうという事もあると思います。そういう時に絆創膏がないと大変です。

私は、周りにお店がない場所で子供が転んでしまい、車で30分も探し回り、やっと買えても何百円もしたことがありました。いつもカバンの中に入れておきたいものです。

私の子供は、絆創膏にもこだわりがあり、キャラクタのついたものでないと嫌がるときもありました。

第5位:携帯電話の予備バッテリー 電池式を用意で1,000円

特に充電方式のものではなくて、電池を入れ替える方式のものを用意してください。充電方式のバッテリーは、充電を忘れていて、結局役に立たないことがあります。

電池を入れ替える方式だと、外で電池を購入すれば直ぐに使えて便利です。

お出かけのお供6位~10位で2,500円節約

第6位:小型の折り畳み傘 買うと高いんですよ1,000円

大型の折り畳み傘だと、少し重くてかさばるので、小さいものが便利です。雨が降ると、仕方なく傘を買うことがよくあると思います。

近くに100円ショップがあれば良いですが、遊園地の中で傘を買ったりすると、1,000円以上もするので、財布どころか心臓も痛くなります。

注意点は、小型という点です。軽くて小さいので、普段からカバンの中に入れておいてください。

第7位:リップクリーム 毎回毎回忘れて300円

私の場合は冬限定ではありますが、外出先で唇がカサカサになって、切れて血が出てくる事が私にはあります。そういう時に毎回毎回買ってしまうと、300円もしますので大変な無駄使いです。

そうして家に帰ると、3個も4個もリップクリームが転がっているのです。そうして次の週には、5個になっていたりします。忘れずにカバンの中に入れておきたい一品です。

sponsored links

第8位:ティッシュ あって良かった超必需品で100円

いろいろな使い道がありますが、1番困るのはトイレ、2番目に困るのは子供が鼻が出たと言って騒ぐ事です。私はアウトドアでよく不便な思いをしたことがあります。

節約より、無かったら大問題の時があります。 忘れずにカバンの中に入れておきたいものです。

第9位:小さいナイロン袋 使用方法は無限大です100円

小さいナイロン袋は、いろいろな使い道があります。濡れたものを入れる、食べ物のかすを入れる、アウトドアで採取した植物を入れるなど、ちょっとしたものにいろいろ使えますので非常に便利です。

無くて非常に不便な思いをしたことがあります。山登りをしているときに、沢ガニを見つけたのですが、入れる袋がなくてイライラした事がありました。

sponsored links

第10位:女性の帽子 紫外線が気になるとお金の問題ではありません1,000円

カバンの中に入れておきますので、緊急用として使う、薄くて軽い物を1つ買っておくと便利だと思います。

妻が、日差しを気にして時々買うことがありましたが、帽子は安くありません。毎回忘れないように気を付けています。

お出かけのお供11位~15位で3,800円節約

第11位:子供の靴 無くて子供に大泣きされました1,600円

これはカバンではなくて、車のトランクに入れておくと便利だと思います。

朝早く出かける時があって、その時子供は寝ていたので、そのまま車に寝かせて目的地に着いたら、子供の靴を忘れていたという思い出はないでしょうか?

私たちは2~3度そのようなことがあって、結構なお金を使ったり、結局靴を買えなくて、ビニール袋を履かせていた思い出があります。

第12位:キャラクター商品 周りは沢山持っている1,500円

遊園地に出かけるときに、その場所で過去に買った人形とか、ポップコーン入れとか、帽子、時計などを持っていきます。そうすることで、余分な買い物が増えませんし、キャラクターがたくさんあると盛り上がります。

ちなみに私は、今もポップコーン入れを頻繁に忘れるため、レギュラーサイズばかり注文し、いつも子供からクレームが来ます。「もっと大きなポップコーンが食べた~い!」

第13位:スマホの充電ケーブル バッテリーしか無くて100円

100円ショップに売ってあるスマホのケーブルです。100円ですので、カバンの中に専用で入れておきます。充電ケーブルを忘れると結構悲しいものがあります。

バッテリーは持ってきているのにケーブルだけ忘れるなんて、100円ショップが無ければ1,000円以上して二重に悲しくなります。

第14位、ホッカイロ 外での行列に耐えれなくなって100円

冬限定ですが、1つ持っておくと非常に暖かくて重宝します。外で寒い中ずっと並んでいたり、何か催し物を見たりする時、背中に貼っておくと温かさが全然違います。

欲しいなと思っても意外と見つからないので、ぜひカバンの中に入れておいてください。

第15位、レジャーシート 意外と使用する機会が多くて500円

行楽地に行って、お弁当を食べる時や座って何かを見る時、場所取りをする時など、結構頻繁に使用する機会があります。

ただ、レジャーシートは結構かさばりますので、カバンの中に入れておくのは大変だと思います。車のトランクに入れておけばいいと思います。

お出かけのお供16位~18位で1,400円節約

第16位、イヤホン ゲームも音があったほうが良くて500円

ちょっとした暇つぶしや行列に並んでいる時に、YouTubeやゲームも音量があった方が楽しいですね。

買うと高いですし、ほしいと思っても売ってない場所も多いです。忘れずにカバンに忍ばせおくと、非常に便利です。

第17位、手袋 マフラーはあるのに手が寒い500円

冬限定ですが、例えば子供が寝てしまっておんぶする時、手袋がなかったら非常に寒いです。

これも、その時に欲しいと思っても、なかなか手に入るものではありませんし、手に入ったとしても高い時が多いです。

第18位、携帯用トイレ 渋滞してたら我慢の限界で400円

小型の携帯トイレです。数百円で購入できます。私も持ってはいますが、まだ一度も使用したことはありませんが。車のトランクの中にいつも入れています。

お守りみたいなものかもしれませんが、かさばるものでもありませんし、緊急時には便利だと思います。

塵も積もれば山となります。出かけるときは忘れずに

以上、1位から18位まで、普段出かけるときに、カバンの中に入れている便利なものをいろいろ書いてみました。

ここに書いたものは細かいものではありますが、出かけたときに無いと、大変不便な思いをするものばかりです。そのため、何回も買ってしまい無駄使いをしてしまったものです。塵も積もれば結構な値段になってしまいます。

今回ランキング発表したものは、かさばらない非常に小さいものばかりです。普段からカバンの中に入れておいてください。そうすれば、いざという時に役に立ち便利だと思います。

また、19位と20位が出来たら書き足します。多分マスクなどが必需品だと思いますが、あまり思い出がなく、春になったら検証してみます。

sponsored links