sponsored links

自意識過剰ってたまに聞く言葉です。

sponsored links

私たちにとって必要なものでしょうか?不必要なものでしょうか?

その答えは不要です。

今回は、その自意識過剰について詳しく説明したいと思います。

自意識過剰は、人にとって一番不必要

自意識過剰というのは、人にとって一番不必要なものです。

現在、私は毎日、自意識過剰を捨てていくために頑張っています。

あなたも自意識過剰な部分を捨てて、素敵な人生を歩んでください。

高いもの身に着ける・買う事で大きく見せる

どんなものが自意識過剰なんでしょうか?

まず軽いところでは、高いものを身に着ける、高いお店で買い物をするです。

ほんとに欲しいものは別ですが、相手に自慢したい、相手の視線を気にしていたら自意識が過剰です。

残念なことに、身分不相応や場違いな服を着ても、その事を羨ましがってくれる人は、あなたと同じ人種だけです。

 ほとんどの人は、興味無いか、無駄使いしてもったいないと思っているだけです。

自分の時計を机の下に隠してしまう

スナックなどで自分の時計を隠す人も自意識過剰ですね。

どういう事かと言うと、ある時、スナックで時計の話になったんですね。

時計の話を始めた友人は、自分の高い時計をママさんに見せて自慢していました。

その時に、一緒に飲んでいた他の友人たち全員が、自分のしている時計を机の下に隠したのです。

なんで隠す必要があるのでしょうか?それは、恥ずかしい思いをするのが嫌だったからです。

別に安い時計をしていたって良いじゃないですか。

自分を必要以上に大きく見せたいという考え方は、まさしく自意識過剰です。

過去の栄光にすがった自慢話

昔の栄光にすがる人も自意識が過剰です。

若い時の自慢、昔の成功体験や武勇伝ばかりを話している人、いますよね?結構多くいます。

楽しく、失敗談を話すほうが面白いと思うのですが、自慢話ばっかりです。

しかも、昔の話なので本当かどうかもわからないし。

で、今はどうなのかというと、文句ばっかり言っている冴えないサラリーマンなわけです。

そんな人が言っていることなんて、誰も聞きたくないんですけどね。

泣き言や文句が多いのは上から目線

泣き言を言ったり文句を言うのも自意識が過剰な証拠です。

会社の話で、

  • 残業が多い
  • 上司がどうたらこうたら
  • 会社のやり方がどうだのああだの
  • 部下が役に立たんだの

これって上から目線なのです。じゃあ、あなたはどうなの?って話になります。

そんなに嫌だったら、会社のことなんか気にしないで、副業を頑張れば良いんじゃないでしょうか?

でもそれは出来ないんですよね。全然儲からないだの時間がないだの、それはそれで色んな言い訳が始まります。

自意識過剰だと自分の成長が止まる

自意識過剰を一言でいうと、素の自分を隠すために嘘で塗り固める事だと言えます。

  • 高い服を着て自分をカッコよく見せたい
  • 安い時計を見られては貧乏な自分が見つかってしまう
  • 昔の自慢話をして、今の自分を大きく見せたい
  • 人や会社の文句を言って、自分が可哀そうであると同情を引きたい

そうやって、等身大の自分以上の自分を見せようとする行為が、自意識過剰というのです。

自意識過剰がなぜダメなのかというと、自分が成長しないからです。

等身大以上の自分を見せていると、錯覚を起こしてしまいます。

  • 高い服を着ているから自分はカッコいい
  • 安い時計が見つからなかったので貧乏もバレていない
  • 昔の自慢を話して、今の自分もすごいと思う
  • 人や会社の文句を言って、自分には非がないと正当化する

これが続くと、結局相手にされなくなるか、嘘に嘘を積み重ねるために過剰の嘘やお金を使うことになります。

そんなことが何十年も続くと、いや、見る人が見れば一瞬で嘘はバレていますよ。

自分が成長しないばかりか、陰で笑われています。

等身大の自分で生きる事が一番大切

ただし、自意識は必要です。

服はいつまでも古いボロボロのものを着ず、清潔感のある新しいものを着るべきだし、

自分の過去の経験で、誰かにアドバイス出来そうなことはドンドン意見すべきです。

それは嘘ではなくて本当のことですから。

過剰はいけませんが、逆に自意識をしっかりと持つことで、自分の適切な身なりや役割が分かってきます。

また、結構要領よくやって出世しているやつもいる!自分を大きく見せる事は必要だ!と思っていませんか?

私の経験や聞いた話の範囲では、課長代理くらいが限界でしょう。

そんなウソやハッタリで、一つの課を任されたり、部長になる人なんて知りません。

たとえ、はったり人生だった人でも、どこかで反省して等身大の自分で生きる事に変更した・させられたはずです。

私も現在進行中ではありますが、自意識が過剰にならないよう気を付けながら生活しています。

sponsored links