sponsored links

何はともあれ自動車の経費の節約が、節約の中で1番効果があります。地方に住んでいる私にとって、車は一家に1台ではなく、1人1台の所有は普通です。

車2台を所有するために私が1年間に支払う経費は以下の通りでした。

  • 自動車税: 39,500円と45,000円
  • 任意保険料:40,000円と43,000円
  • 駐車場代:48,000円(家が小さいため2台目は駐車場を借りていました)
  • タイヤ代:74,000円(2台の夏タイヤと冬タイヤで4セット分で370,000円になりますが、5年で割って1年分が74,000円です。)
  • エンジンオイル交換:20,000円
  • タイヤ付け替え:8,000円(冬タイヤ交換2台分)
  • 車検料:150,000円(車検は2年毎ですが、私は2台所有しており、1年分が150,000円となります。)

これで以上となりますが、1年間の合計で、467,500円の経費がかかっていました。

sponsored links

自動車経費の節約方法

さて、どうやって節約していったか方法を書きます。

車に関する節約は2段階で実施しました。まず第1段階目を書きます。

  • 自動車税:税金のため節約は出来ません。毎年の支払いは、39,500円と45,000円で合計84,500円と変わらずです
  • 任意保険:A社の保険に加入していましたが、インターネットで激安任意保険などと調べて、安いところにしました。43,000円と40,000円が20,000円と19,500円くらいになりました。契約内容は変わりません。

ただ保険会社を替えただけです。ポイントは、契約をインターネットで行い証券も発行しないを選択する事です。そうすれば更に割引きが効きます。

でも安い保険会社は、事故の時に心配だという方もおられると思います。その場合には馴染みの保険会社を替えないほうがいいかもしれません。

私の場合は、最近物損事故を起こしてしまった事がありましたが、迅速に対応してもらい何の問題もありませんでした

安かろう悪かろうの時代は終わったような気がします。

  • 駐車場代:この金額も変わらずです。近くの駐車場を数件当たりましたが、どこも月4,000円、年間48,000円でした。
  • タイヤ代:車が2台だと、夏タイヤと冬タイヤで合計で4セット16本のタイヤが必要になります。タイヤは5年間持つ計算で、5年間で370,000円必要でした。そこで節約のために私は2つの方法を取りました。

自動車保険・節約

自動車経費節約のために冬用タイヤはあえて買わない

1つ目の方法は、1台は冬用タイヤを買わないという方法でした。当然冬場は運転できない事になりますが、私の家庭の場合、妻は雪が降るとほとんど運転していませんでした。

必要がなかった事がわかり、妻と話しをして雪が降ったら乗らない事にしました。といっても冬場でも雪がない時は乗れますし、結構雪がない時期が多い事も幸いしています。

タイヤをネットで購入して自動車経費を節約する

2つ目の方法は、タイヤの購入は当然のように地元の車屋さんで行っていましたが、インターネット少しを調べてみると、通販でとんでもなく安いタイヤを売っている業者がありました。

しかも店舗を持っていて、タイヤ交換もしてくれる業者を見つけることができました(京阪神には結構多いです)。2回ほど利用しましたが、私の地元に比べて3割ほど安い値段でした。

そこまで行くガソリン代などの経費がかかりますが、私は大阪の業者を使っていますが、USJに行くついでなどにタイヤ交換を行いますので、余分なお金はほとんどかかりません

この2つの方法で、5年間で370,000円必要だったタイヤ代が、195,000円くらいになりました。1年間では約39,000円の節約になります。

タイヤ交換・自動車経費節約

エンジンオイルの交換費用は節約できる

エンジンオイル交換:車屋さんに頼むと1回の交換で7,000くらい必要でしたが、今は自分で交換しています。そうなると1回の交換は4,000で済みます。

2回に1回はフィルターの交換も必要ですが、その代金も3割ほど安い金額になります。

オイルはインターネットで購入し、廃オイルは馴染みのガソリンスタンドを作っておいて引き取ってもらっています。無料です。快く引き取ってもらっています。

自分でオイル交換となると多少の知識や工具が必要になりますが、最近は、車の上からオイルを抜ける工具が発売されています。それだと非常に簡単です。

慣れてくると30分で終わる作業です。自分でする事により、8,000円ほどの節約になりました。

初期投資としてある程度の工具が必要になりますが、長い目で見れば元は十分に取れます。

タイヤ交換で経費の節約

タイヤ交換:冬になるとスタッドレスタイヤに履き替えるため、1台2,000円のタイヤ交換代を払って車屋に頼んでいました。

春先になると、今度は夏タイヤに履き替えるために同じ金額がかかります。2台分必要で8,000円必要でした。

これを、工具を揃えて全て自分で行うようにしました。ですのでタイヤ交換代は0円になりました。

車検料は自動車経費節約の大きな鍵

車検料:車の経費節約の肝になりますが、車検費用はものすごく節約できます

ただし、今までの話しの中で一番難易度が高いです。が、いざ車検場に行ってみると、本当に多くの一般の人がいます。

つまり私たちのような人が、検査場に来て自分の車を実際に車検に通しているのです。そして合格しています。

最初は本当に難しいです。私は今まで3回自分で車検場に行きましたが、2回は不合格になり再検査をしてやっと合格しています。

失敗覚悟でいけば良いと思います。車検場の人も失敗を許容してくれます

車検場でのメインイベントは、実際に自分の車を自分で運転して、検査場の中に突入していって、場内の指示に従い実際に自分で検査をしていくという事です。

いきなり行って出来るものではありません

本を買って勉強して、youtubeを何回も見て工程ややり方をイメージして、そして実際に行って、失敗して赤っ恥をかいて、最初は不合格になるというストーリーが一般的だと思います。

ただし費用効果は絶大で、私の場合、地元の車屋さんに車検を頼んでいた時は平均で150,000円くらいかかっていたのに、80,000円くらいで済むようになりました。

ただし、車検の前に修理が必要な場合には別途料金がかかります。

2台所有の場合、1年間で約70,000円の節約になります。(車検は2年毎のため)

ユーザー車検で自動車経費節約

車検前の整備方法

1、24か月点検

まず、車検を受ける前に一通り車の整備をする必要があります。

灯火類、クラクション、ワイパーとウォッシャー液、排気経路の穴あき、ブッシュ・ブーツ類の油漏れや穴あき、地上最低高の確保、タイヤの溝、ホイールがJW規格のものか(純正なら問題ありません)、フロントガラスと前席ガラスにスモークが貼ってないか、ブレーキやサイドブレーキは正常に効くかをしっかりと見ておきます。ダメな場合修理します。

2、車検センターの利用

車検場での検査項目には、サイドスリップと光軸検査、排気ガス検査がありますが、自分で検査・調整するのは難しい項目です。

これは車検センターを利用します。民間の検査場で、上記も含めて、車検に合格できるか一通り点検してくれます

車検センターは、検査で不具合があると簡単な修理もやってくれます(私の馴染みの所は)。費用は素通しで4,000円程度です。

さて、これまでの方法でいくら節約できたかと言いますと、当初年間で467,500円の経費がかかっていましたが、303,000円になり、164,500円の節約になりました。

467,500円⇨303,000円 164,500円の節約

第2段階目の車経費の節約の方法や、オイル交換や自分で車検を通すやり方は、別の投稿で詳しく説明する機会を作りたいと思っています。

sponsored links