sponsored links

節約を成功、または継続させるために最も重要なこと

節約を成功、または継続させるために最も重要なことは、厳しいことを言いますが、

sponsored links
sponsored links

「ある程度の収入がある事」です。

節約は収入があっての節約です。

多くの収入がある人は、一旦節約をすると何百万円も節約が可能です。

逆に、収入が少ない人は、数十万円の節約しかできません。

しかし、収入が少なく節約できる金額が少ない人のほうが、より過酷な節約をしなければいけません。

例えば、

  • 電気をこまめに消すなどの日常生活で多くの節約
  • 旅行は当然中止
  • 外食も制限
  • 小遣いも50%削減

などです。

それで年間50万円の節約が出来たとします。10年間継続すると500万円です。

で?という厳しい現実が待っています。頑張って10年、そして500万円が貯まった。

でも、それが何の役に立つの?という事です。

私の場合5,500万円の貯金が目標です

例えば私の場合、節約を頑張って最終的なゴールは、「60歳までに5,500万円以上の貯金を達成する」です。

そして、

  • 60歳になったら雇用延長せずに退職する。その後は働かない
  • 妻と二人で、物価の安い国に移住して生活する

という計画を立てています。子供は独立していると思いますので、60歳以降は自由度が高くなります。

これくらいの金額と老後のゴールがあれば、モチベーションも上がります。

そのために出来ている1年間の貯金額は320万円以上です。プラス退職金、相続金、積立保険の返金もあります。

さらに、もっと生活を絞れば370万円くらいまでの貯金はできるくらいの生活の余裕を持っています。

年間50万円以下の貯金なら節約の意味はない

正直言って、年間で50万円以上どうしても貯金できないというならば、節約を頑張る意味があまりないでしょう。

それならば、収入を増やすことを考えたほうが良いというか、自分への投資にお金を使ってください。

なぜならば、ゴールが見えないからです。年間50万円貯金して、10年間で500万円、20年で1,000万円ですよね。

で?です。もちろん、この金額にゴールが見えているのならば節約の価値はあります。

でも、1,000万円なのですが、何が出来ますかね?老後の資金?ちょっと足りないんじゃないでしょうか?

せめて倍の2,000万円ならば、価値はありそうですが。

そうですね。年間100万円以上の貯金ができるまでは、節約よりも自己投資や転職・副業に力を注いでください。

借金返済のために節約を頑張りたいという人のために

最後に、借金返済のために節約を頑張りたいという人のために。

答えは同じで、年間50万円くらいしか借金の返済が出来ないのであれば、節約よりも自己投資・転職・副業にお金を使ってください。

いくらの借金を背負っているかによりますが、10年以上も返済が続くならば、未来が見えません。

借金を返すために人生があるわけではなく、より幸福に自由に生きるために人生があります。

借金を早々に終わらせて、再スタートする時期を早めましょう!

どうして収入を増やせばいいのかは、このページの趣旨ではありませんので書きませんが、

10年以上も返済期間が終わらないのであれば、自分の身の丈を超えて借金している事は確かです(家のローンを除く)。

自分の身の丈を(収入を)増やすしか改善策はありません。

あと、借金をしてしまう心理なのですが、詳しくは私の投稿「【重要】借金をしてしまう心理から抜け出そう!私の借金~貯金生活への10年間」をご覧ください。

sponsored links