sponsored links

借金をしてしまう心理は物欲!でも忘れていませんか?

借金をしてしまう心理は、私の借金経験と、そして今は全く借金をしない生活になった側から言いますと、

sponsored links

「物欲!」

です。車が欲しい!服が欲しい!自分へのお褒美が欲しい!!

でも、今月はお金がない、、、。そうだ!借金しよう!リボ払いにしよう!

となりますね。でも、ローンを組んだり、リボ払いにするって当たり前の事で、今更色々言われてもと思うかもです。

しかしですね、結局借りたお金は返さなくてはいけないわけじゃないですか?そしてほとんどの人が返済しています。

金利付きで!!

この金利っていうのを「マヒ」しているのが借金をする人の心理というか、今の私にしてみれば異常な心理です。

なぜ異常なのかと言いますと、例えばクレカのリボ払いにしますよね。金利は年利で15%ほど付きます。

10万円を5回払いにすると10万3400円くらいの返済になります。まあ、これくらいならばと思うかもしれません。

でも、どんどんリボ払いが増えてきて、限度額の50万円借りて毎月3万円ずつ返したら、

返済総額は55万4000円くらいになります。返済回数は17回にも及びます。期間も2年半続きます。

そして、2年半の間には、新たにほしいものも出てくるでしょうし、またリボ払いも増えていくでしょう。

何年にもわたって年間数万円の手数料という名前ですが、要するに金利を払い続けるわけです。

金利が付くのは当たり前という心理は異常ですよ

「お金を借りれば金利が付くのは当たり前」という心理は異常ですよ。今の私の心理からしてみれば。

今必要だから、借金して金利がついても仕方がない!と聞こえてきた気がしますが、

本当に今必要なものなんて、多分世の中には存在しません。

あるとすれば、急病にかかって入院した時くらいでしょうか?

それでも、本当にお金がなければ、行政や病院が立て替えてくれます。借金しなくても大丈夫です。

繰り返しになりますが、絶対に必要なものではなく、単に物欲なんです。

私も強烈に物欲がありました。車は2年に1回のペースで替えていましたし、ブランドの服や靴もいくつも買いました。

sponsored links

それなりに楽しかったですし、満たされていました。でも、ある事に気づいたのです。

それは、物には価値が無いという事です。

物には価値が無いのに、借金すれば2重の損

物には価値がありません。100円ショップで買った物は110円払わなければ買えません。

でも、110円で買ったものをすぐに売ってみてください。いくらで売れるでしょうか?

多分、あなたの手元には1円の収入もないでしょう。

では1万円で買った服は?と言いますと、多分5,000~7,000円くらいで売れる可能性はあるかも知れません。

でも、マイナスですよね?マイナス3,000~5,000円です。

物には、払った金額と同等以上の価値はありません。絶対に払い過ぎています。

という言い方は言い過ぎですが、売り手の利益が値段に乗っていますので、1万円の物に1万円の価値があるわけがないのです。

そ・れ・に・ですよ!もともと、払った金額の価値のないもに、さらに借金して金利まで払うんですか??

私は、物に値段以上の価値が無いと納得した時点で、2重の損になる借金は異常だと気付きました。

あなたが買った物には価値はありません

物に値段以上の価値が無いと気付くのに、生まれてから45年!節約らしきものを始めてからも10年かかりました。

だから、これを読んでくださっているあなたに重要なことを伝えたいのです。

「あなたが買った物に価値はありません」

そして、

「借金するという事は、価値のない物を、さらに高い値段で買っている」

という事です。

せめて、価値が無い10万円の物ならば、10万円で買ったほうが良いのではないでしょうか?

10万3,400円で買わなくてもいいような気がします(金利を含めた返済額)。

積もり積もって、50万円も借金して、毎年数万円も余分に払い続ける必要はないように思います(金利を含めた返済額)。

我慢の時期は必要ですが、1~2年我慢して貯金額を増やし、全てのものを無借金で買えるようにしてください。

ちなみに私は、金目の物をお金に換えて、借金を全部返済して再スタートを切りました。

sponsored links