時間泥棒への対処法は隙間時間と早めの連絡

時間泥棒。あなたの貴重な時間を無駄に使わせてしまう人って必ずいますよね。

その対処法は、

「スキマ時間を有効に使う」「早め早めの連絡」の2点です。

どんな人が時間泥棒なのか?私の身近にいる時間泥棒2人を紹介します。

時間泥棒A:

A:(LINEで連絡あり)「今日の午前中に伺います!」

私:「わかりました!待ってます」

・・・、結局Aが私の家に来たのは夕方の6時になっていました。

時間泥棒B:

Bは、待ち合わせの時間に必ず遅れてくる。20~30分は当たり前。

一番ひどい時には、待ち合わせ時間の10時から30分も遅れて連絡してきて、「午後からで良いか?」だって。・・・。

私の貴重な休日を返せ!!って感じです。

時間泥棒と会う約束をするときは話を詰めておく

時間泥棒AやBのように、待ち合わせの時間を守らない・遅れてくる人は、必ずあなたの周りにもいますよね。

決して、人間的に悪い人ではないんです。付き合いが継続しているわけですから。

ただ、時間にルーズなんです。

以前の私は、ただただイライラして待つしかなかったのですが、最近はそんなに腹が立ちません。

どうしているのかというと、次の2点です。

1、時間泥棒と会う約束をするときは、必ず話を詳しく詰めます。

  • 何時に集合?(もしくは何時に行く・来る?)
  • 何処に集合?
  • 今回会う約束の目的をはっきりさせる(BBQとか魚釣りとか)

書き方が悪いかもしれませんが、強い口調で言うわけではありません。楽しく会話します。悪い人ではありませんので。

  • 何か曖昧さを感じたら、当日の朝に「今日よろしく!朝○○時集合ね!」と送っておきます。

そうすると、「あっ!今日ゴメン。いい加減な約束して。今日は都合が悪く、またの機会で良いかな?」

と返事が返ってきます。私の時間が泥棒されずに済むのです。

時間泥棒と会うときは隙間時間に何かをする

2点目は次のような対策です。

sponsored links

2、集合時間に遅れてくる人がいるなら、自分の隙間時間として何かをする。

  • 私は、ブログネタや調べておきたかった事、ゲームのログインボーナスを取りに行きます。
  • それでも時間が余れば、ブログを書き始めます。

調べ物などの他に、ツイッターやメールの確認・見たいYoutubeなど、実はやる事って多くありますよね。

一日のなかで必ずいつかはする事です。だったら、集合待ち時間という最高のスキマ時間を利用したらいいのです。

この待ち時間というのは、色んな場面で出くわします。

  • 電車・バスの待ち時間
  • 遊園地やチケット売り場の待ち時間
  • 出かけるときの待ち時間(妻の化粧待ち)
  • 見たい番組が始まるまでの待ち時間
  • 会社の会議が始まる前の待ち時間

などです。人の問題だけではなく、一日のうちには多くの待ち時間が発生しています。

集合時間に遅れてくる人はイライラしますが、あなた自身のやりたいことをやれる時間でもあります。

私は、スマホやインターネットの発達で、本当に時間が有効に使えるようになったなと実感しています。

時間泥棒こそ自分の時間を有効に使っている!

私は、時間を守らない・遅れてくる非常に親しい人に、遠回しにではありますが

「何で時間を守らないの?」

と聞いてみた事があります。その答えは、

「まあ、大丈夫かな?と思うし、集合時間までにやらなければいけない事があるし」

でした。要するに、自分の都合というか自分の優先順位で行動しているのです。

その証拠に、旅行で飛行機に乗るときは、3時間前に空港に到着していますし、仕事では必ず15分前行動をしているそうです。

なにか、逆に腹立たしさを感じましたが(だって、私との約束は優先順位が低いのか!)性格なので仕方ありません。

時間に遅れる・守らない人は、実は、自身の時間は非常に有効に使っているのです。

時間に厳格なあなた!決して振り回されないように気を付けてくださいね!

sponsored links