sponsored links

土日になったらどこかに遊びに行きたい!私は休日になると、家でゆっくりするのが嫌で、うずうずしてきて絶対にどこかに出かけたいと思います。

しかも、私は田舎生活のためなのか、近代的な建物というか人工物に憧れ、都会に出かけたいと思うのです。特に遊園地・テーマパークは大好きです。

そんな遊園地・テーマパークは実は大変お得な遊び場であるという事を紹介したいと思います。

sponsored links

遊園地やテーマパークの年間パスのご紹介!

若いときに彼女も出来ず、男一人で遊園地には当然行けず、でも結婚出来て子供も出来て、昔からの欲求が爆発しているようにも思います。子供が「もう、あきた!」と言うほど何回も行っています。

でも遊園地で遊ぶと、やっぱりかなりのお金が必要ですね。普通、家族3人(大人2人、子供1人)で遊園地に出かけたらいくらかかるでしょうか?

USJでは、1日パスが大人で7,600円、子供で5,100円です(2017年5月現在)ので、親子3人分で20,300円になります。

また、大阪の枚方市に「ひらかたパーク」という遊園地がありますが、大人で4,400円、子供で3,800円(2017年5月現在)ですので、この場合、全部で12,600円必要です。

しかし!

大体どこの遊園地・テーマパークでも、一日パス(入場料+フリーパス)の他に、年間パスポートという1年間有効な入場券(+フリーパス)を発売しています

主な場所の一日入場券と年間パスとの比較を書きましたので参考にしてください。値段は大人1人分の値段です。

一日入場券(円) 年間パス(円) 元取り回数*1
仙台八木山ベニーランド 3,700 15,000 5回で得
富士急ハイランド 5,700 50,000 9回で得
 サンリオピューロランド 3,800 10,000 3回で得
八景島シーパラダイス  5,050 10,100 2回でチャラ
 ナガシマスパーランド  5,000 19,500 4回で得
 姫路セントラルパーク 6,400 16,500  3回で得
USJ 7,600 22,800 3回でチャラ
 ひらかたパーク 4,400 17,000 4回で得
 ハウステンボス 6,900 22,000 4回で得

年間パスポートだと、1年間に何回でも、その遊園地・テーマパークに入場して遊ぶことが出来ます。大体どこの場所でも1年間に3~4回以上行けば、1日入場券を買って遊ぶよりも割安になります

例えば姫路セントラルパークですが、一日パスは大人6,400円ですが、年間パスは16,250円ですので、3回目からは年間パスポートの方が割安になります。

しかも姫路セントラルパークは、サファリパーク、遊園地、夏はプール、冬はスケートと各種イベントも込みの値段ですので、1年間で3回なんて軽く行きますね。

特に夏は、毎週のようにプールに出かけていました。プールに入って、その後遊園地で遊んで、そうして最後に花火を見て帰るなんて感じの休日の過ごし方でした。

何気ない休日でも1万円は使ってしまう。それなら遊園地にでも行こうかな?

どうしてこれが節約になるのか?と思われるかもしれませんが、ある休日の過ごし方を例に出します。

  1. 休日なので、どこかに出かけようと思い、家族でイオンに行きました。
  2. 昼食をレストランで済ませ、店内をぶらぶら。途中で少しの買い物
  3. ゲームセンターで、コインゲームやクレーンゲームをしました。
  4. 夕食は「くら寿司」で食べました。帰りにちょっと100円ショップで買い物をしました。

なんていう休日を過ごすといくらになるでしょうか?10,000円くらいは必要になりますよね。昼食を家で済ませ、午後から出かけても10,000円位になるかもしれません。

そんな休日の過ごし方も嫌いではありませんが、同じ10,000円を使うのなら、年間パスポートを買って遊園地で一日過ごすのも有りだなと考えたのです。

私は地方に住んでいますので、有名な遊園地に行くのには大変な時間がかかります。ガソリン代もかかりますし、駐車場代もかかりますが、全部でいくらかかるのか書いてみます。

・大人2人子供1人で年間10回姫路セントラルパークに行ったとします。

家族3人の金額 1回当たりの金額
入場料(年間パス) 4,425円
朝食代 1,000円
昼食代 2,500円
夕食代(帰りに軽食) 1,000円
ガソリン・駐車代 3,000円
合計 11,925円

・大人2人子供1人で年間10回USJに行ったとします。

家族3人の金額 1回当たりの金額
入場料(年間パス) 6,140円
朝食代 1,000円
昼食代(パーク外で食事) 2,500円
夕食代 4,500円
ガソリン・駐車代 4,000円
合計 18,140円

10,000円を超えていますが、別の週末は、お金のかからない過ごし方をして節約します。

私達の場合、毎月40,000円くらいの娯楽費を設定していますので、月に2回ほど遊園地にお出かけしても赤字にはなりません

sponsored links

年間パスポートを買って何度も行く。そう、節約のために(笑)

そして私は、年間パスポートを買うと、集中的にその遊園地ばかり行きます。節約のためにです(笑)。

そんな何回も同じところばかり行って面白くないでしょ?と思われるかもしれませんが、まあはっきり言って興奮は少なくなってきます。

例えばUSJに遊びに行って、何もアトラクションに乗らないで一日過ごすことなんてザラにあります。子供は、エルモのエリアでズーッと遊んでいます。私たち大人はそれを見ながらスマホをいじっているのです。散歩気分で楽しんでいます

他の遊園地に行ったときも、色んなアトラクションで遊びますが、同じくテンションが上がるわけではありません。

過去には、1年間で20回くらいUSJに出かけた時がありました。そうなると一回当たりの入場料は、一人たった700円(当時は年間パスが12,800円)ほどでした。

家族全員でも入場にかかるお金は2,000円くらいで済みますので、一日中遊べる場所としては大変お得だったと思います。

20回は多すぎだと思われると思いますが、1年間で見てみると2~3週間に1回のペースになりますので、そんなに多いわけではありません。

お出かけの多い家庭では節約につながると思います

人によっては、遊園地は1年に1回行けばいいと思ってる人もいると思います。でも、どこの家庭でも誰でも、お出かけはしますよね?

色んなお出かけ候補がある中で、行楽地に行くこともあると思います。そこでも入場料や駐車場代、食事もすると思います。その時にはかなりのお金を使ってしまう事もありますよね?

それならば、遊園地に行って楽しむことをすれば、結果として非常に節約できる可能性が高いのです。

いろんな行楽地に出かけるよりも、1カ所に集中してたくさん遊んだほうが、実は安上がりになると私は思ってます。

ただ1年間ずっと同じ場所になりますが、次の年は別の遊園地の年間パスポートを買えばいいのです。私はそうしています。毎年浮気していけばいいのです。

長く考えれば、私は是非お勧めします。

最初に結構な値段がかかりますが、お出かけが多い人は、節約に貢献出来ますので紹介さしていただきました。

ただ、このやり方のポイントは、一旦どこかの年間パスポートを買ったら、そこを中心に1年間行き続けるっていうことが大切なんです。

sponsored links