健康であることが、節約にとっても大変大切なことです。もちろん健康は、人として一番大切な事だと思いますが、年を取ると色んな痛みや症状が必然的に出てきてしまいます。

私も今は中年ですが、60~70代の人生の先輩に「若い時(と言っても40代)に、これだけはやっておいた方がよかった」と聞いた、アドバイスを紹介したいと思います。

sponsored links

40代から運動を始めましょう。60代になってからでは手遅れです

健康であることは、節約と密接な関係にあります。この繋がりは分かりやすいですよね。健康であれば医者いらず。一回医者に掛かって薬を貰ってくれば、5,000円くらいは必要ではないでしょうか?

MRIや血液検査などすれば簡単に10,000円は飛んでいきます。何より、病気が悪化すれば仕事に励めない。そうすれば、会社での自分の立場も悪くなり定期収入も危ぶまれます。

そうなってしまえば、節約どころの話ではありません。生きていくのも不安になります。私は多くの初老の人から、健康維持のために為に必要なことを聞かせてもらいました。

まず何より運動ですが、どんな運動をするかより、とにかく最低でも40代から体を動かすことを始めておけばよかったと言われます。

60代、70代になってから運動を始めても遅いらしいです。もちろん50代になっていても遅くありません。とにかく出来るだけ若いうちに、体を動かすことを始めるのが大切だそうです。

ある人が言っていたのは、特に心臓や肺の機能が低下して、老人になってから運動を始めても、すぐに辞めてしまったり続かなかったりするそうです。

精神的なことではなくて、年を取ると心臓や肺がダメで、ろくに運動ができない。何かをしようとしても頑張ることができないという、悔しさを訴えておられたのが印象的です。

やろうと思っても体が言うことを聞かない。そうならないように、40代という早い時期から運動を開始することが大切だと思います。

歩くことが健康には大切です。しかも1日14,000歩がベスト

歩くことは健康に良いといわれます。1日1万歩を目標にしましょう!などと言われますが、詳しい人に聞きますと1万歩では不足だそうです。

その人も1日1万歩を、会社の通勤を利用したり、昼休みの時間を利用したりして実践したらしいのですが、健康診断も含めて何ら改善の結果が無かったそうです。

それで、歩く距離を増やしていくと、どうも14,000歩くらいで体に劇的な変化が出たらしいのです。ダイエット効果があり、血液検査も良い結果が出たそうです。そもそも体の調子が良いと実感出来るようになったそうです。

sponsored links

ですから皆さん、1日14,000歩です。覚えておいてください。ただし1日14,000歩も歩こうと思えば、非常に大変なことです。どうやったら1日14,000歩も達成できるかと言えば、通勤の往復を利用したり、昼休み会社の周りを歩いたりと、思いつけば歩くように意識したそうです。

最初は、毎日長い距離を歩くことに苦痛を感じた事もあったそうです。しかし、健康診断で非常に良い結果が出た後は、歩くのが楽しくて楽しく仕方がなくなったそうです。

ある人は、1日11キロ以上歩かないと本当に健康な体は作れない、と言っておられました。私はその人に、「11キロも歩いておられるんですか?」と聞くと、「いや歩けない」とも言っていました。なので真相はわかりません。

sponsored links

「ミッドエイジクライシス」は中年に訪れる危機的な心の疾患

健康と言うと、体だけではなく心の健康も必要です。「ミッドエイジ・クライシス」という言葉をご存知でしょうか?50代になって目標を失い、自堕落な人生になってしまう事を言うらしいのです。中年になると、人生の目標の再設定が必要だそうです。

話を聞いた人の友人は、50代後半でスナックの女性に熱を上げ、多額のお金を使ってしまったそうです。最後には会社のお金に手を付け懲戒解雇され、そして一家離散という憂き目に会ったそうです。

しかしその人は、会社の理事まで勤めていた超優秀な方だったそうで、そんな人が懲戒解雇と一家離散になってしまいました。会社の頂点に昇りつめ、子供も成人して巣立っていくと、自分の人生にぽっかり穴が開くらしいのです

そうして道を外していくらしいのですが、そうならないためには、50台前後で人生の新たな目標が必要だそうです。

話を聞かせてもらった人は、仕事だけでなく、地元のボランティア活動、特に障害者支援という活動を自分の第二の人生として生きがいを見出しているとの事です。

その他にも河川の美化活動、町に花を植える活動など、社会人として現役でありながら、休日はボランティア活動に精を出されています。

心身の健康維持に難しい事をする必要はない。若いうちから始める事です

どうだったでしょうか?そんなに難しい事はなかったと思います。実際に効果を上げておられる方は、複雑なトレーニングを取り入れたり、お金のかかるようなことで心身を鍛えたりされていませんでした。

皆さんも心身ともに健康であり続け、リタイヤをする時期を遅らせましょう。医療費や介護などのお金は莫大です。自分自身の健康は本当に大きな節約をもたらします。

そして節約だけではなくて、いろんな楽しい事にチャレンジできる体と心が手に入ります。ぜひ、若いうちから健康であることを意識してください。

ちなみに、食事に関する健康法は書いていませんが、私が話を聞いた人達は、食べ過ぎないこと以外は、特に気を付けていことは無いと言っておられました。

sponsored links