sponsored links

お金を貯めること。それは非常に簡単な事でした。なんと「23日にATMに行くだけでお金が貯まる」のです。

その事を会社の同僚が話していたのです。同僚が本当に実践していたかどうかは知りませんが、私は非常に興味を持ちました。

そして、半信半疑ではありましたが、実際にやってみたのです。そしたら本当にお金が貯まりだしたのです。本当に不思議でした。

お金を貯めるというか節約できるというのは、「単純なことに効果があるのだなあ」と実感できた一例です。

sponsored links

23日にATMでお金をおろすだけ。それでお金が貯まります

20年くらい前、私は借金にあえいでいました。

当時、コマーシャルでも有名になった無人でお金が借りれる場所で、限度額いっぱいの借り入れをしていました。

利息が高くて返済しても元本が少ししか減らず、そして、返してはまた借りるの繰り返しで、全然借金が減りませんでした。

私は、さすがにやばいと感じ、自分の車やバイクを売って現金化して強制的に借金を完済したのです。

「これからは、貯金をしなければいけない」と強く思いましたが、なかなか出来ませんでした。

そんな時、会社の同僚が「雲の動き君(ペンネーム)、貯金をしたかったら23日にATMに行くようにすればええんや」と教えてくれたのです。

そうして実際にしてみると、本当に貯金が出来るようになったのです。

会社の同僚は、この「23日ATM作戦」をもう少し詳しく教えてくれました。

ATMに行くのは23日に1回だけ。それ以外は絶対に行かないようにする事。だから1か月で必要なお金は、その時に全部おろしておかなければいけない。」

「23日1回だけATMに行ってお金をおろすため、毎日の生活の中でかなり余計な出費を意識するようになる。計画的に使っていかないと、月の途中でお金が無くなってしまうから。」と言ってくれました。

「23日ATM作戦」を実行し始めて、25日や26日にATMの前を通りかかると、お金をおろそうとして行列を作っている人たちを見て、ちょっとした優越感が湧いていた事を思い出します。

22日じゃなくて24日でもない。お金は23日におろすのが良い

そうして1年が経ち、なんと100万円が貯まったのです。今まで借金に苦しんでいたのに信じられない事でした。

なぜ23日なの?24日の方がいいんじゃないの?22日ではダメなの?と思われたかもしれません。しかし、会社の同僚曰く、ちゃんと23日には理由があるのです。

「22日は早すぎる。24日は、実はATMに来る人が多い。最後の最後の日に、ちょっとでもお金が残っていないか?残高照会に来る人がおるんや。」

23日は人がいない。そんな時に行くからこそ意味があるんや。」

私は、23日にATMに行く事の理屈は納得できましたが、たった、それだけで100万円も貯金できたかどうかは分かりません。

私の心の中では、借金の怖さを知り、お金に関する価値観の変化が起っていたのかもしれません。ただ私は「23日ATM作戦」を教えてくれた同僚に、今も感謝しています。

sponsored links

今はクレジットカード時代。しっかり管理しないとお金が無くなります

「23日ATM作戦」を実践していたのは20年ほど前の事です。私は、今はクレジットカードを多用し、ネットでの買い物も割合も多くなりました。昔ほど、月に一度だけお金をおろすという事に意味が無くなってきているかもしれません。

今度は、クレジットカードの管理が重要になってきました。クレジットカードで怖いのは、買い物などをして1~2か月遅れて引き落としがある事です。本当に管理が大変です。毎月請求額を見てびっくりしなければいけません。

しかし、そんなことで赤字になるわけにはいきません。私は、次のような工夫をしています。

私の家庭は、旅行やスマホを買うなどの特別な出費を除いて、1か月に135,000円で生活しています。

その中の73,000円は、妻に食費・電気代・妻の小遣いとして現金を渡します。そして、通信費を除く49,900円は、私の財布に入れておくのです。

そうして、もしクレジットカードを使った場合は、その分の現金を財布から貯金箱に移動します。現金で支払う場合は、そのまま現金が無くなっていきます。

妻も同じです。クレジットカードを利用したら、その分の現金を貯金箱に入れます。例えば、クレジットカードで1,980円使用したら1,980円を貯金箱に入れるのです。

10円や100円という細かいお金も必要ですので、貯金箱にはお釣り用の小銭がたくさん入っています。

そうして、財布からお金が無くなれば、その月はそれ以上使えないという事になります。今どれくらいお金が残っているのか?が目で見て分かるようにしています。

ちょっと面倒くさいですが、慣れの問題もありますし、毎日しなくてもいいのでやってみてください。

クレジットカードは本当に便利ですが、覚えていない請求をされた時は気分が悪いものです。でも、覚えていないだけで実際には使っているんですけどね。

家計簿もしっかりと付けて自分のお金を守りましょう

もちろん、家計簿もしっかりと付けています。

クレジットカードを使用すると必ず領収証(レシート)がもらえますので、しっかりととっておき、普通のお金を使った時と同じように家計簿につけます。

クレジットカードの引き落としは1~2ヶ月後になりますが、クレジットカードで使ったお金は、その月で使ったものとして家計簿につけるのです。

どんどん便利になる時代ですが、だからと言ってお金が増えたわけではありませんしっかりと管理しておかないと、どんどん使ってしまいます。

「お金を財布に入れておいて、クレジットカード分も貯金箱に移動するのだから、家計簿必要ないんじゃないの?」思われるかもしれません。

しかし私の経験では、これくらい厳しく管理するくらいで丁度なのです。ついついお金は使ってしまいます。いつも目に見える形で、お金の流れを管理する事が重要です。

sponsored links